掲載:2018年12月14日
★ この記事は、閉鎖ブログ「星空がすき・・・」の掲載:2010年08月20日の記事を移設したものです。
 ----------

 上高地・小梨平キャンプ場(日本アルプス観光)案内

20100820-01_s.jpg 昔の上高地、本当に一部の人間しか行かない本当の山の中。最近はバスで単純に行ける様になったのはいいが、物騒にもなった。小生の初上高地は小学生の頃、槍と穂高を縦走したことから始まる。今は持病の腰痛から登山は引退、しかし山が忘れられずに上高地や山の中の田舎町が好きだ。

20100820-02_s.jpg 今は上高地は自家用車では入山出来なく成ったが、阪神大震災少し後まで上高地も乗鞍も自家用車で入山、泊まることも出来た。今は、岐阜県側だと、あかんだな駐車場に車を置き、其処からバスかタクシーで入山、其処から10数分で別天地、小梨平キャンプ場に到着する。

20100820-03_s.jpg 昔山男の勝手知ったる人間は、あかんだな駐車場からタクシーで多量の資材を持ち込み、豪勢に昼間から酒盛りを決め込む。これが昔の山男、今は出来ない無念さである。そう、山男、自分の潮時を知っている。

20100820-04_s.jpg そんな人間の別天地が小梨平キャンプ場とコテージやケビンである。

20100820-05_s.jpg 小生の上高地の旅は、15年ほど前までは小梨平キャンプ場でのキャンプが定番であった。本当にいいキャンプ場なのだが、昨今の情勢のためこのキャンプ場も御他聞に漏れずちと物騒に成った。そう、泥棒。

20100820-06_s.jpg キャンプ場で、貴重品を持ち歩くのは当然の事であるが、それ以外の夜キャンプ道具を取られたと言う場面にも遭遇・・・。警官が来ていた。こうなればキヤンプの楽しさも台無し。現在の昼、此処は何処の国か解らなく成る。今は夜間上高地から出られなくても是である。

20100820-07_s.jpg 15年以上前までは、小生はそんな事に遭遇した事は一度も無い。確かに、上高地に入る人間も今の半分以下、キャンプ場にテントを張り、デイバック1つ持って付近を散策と言うのが常、テント内には多くの荷物を残しての散策で有った。でも、昨今はそうは行かない。この点を注意すれば、上高地のキャンプは最高!。

20100820-08_s.jpg このキャンプ場には、キャンプ場以外にバンガローやケビンが有る。上高地開山中の避暑の場所として、キャンプはどうもと言う人に取っては絶好の宿泊場所と言える。そう、管理された別荘、そんな気分を味わえる。

20100820-09_s.jpg 小生はこの上高地は若い頃幾度と無く入っているが、その後の訪問は、15年程前迄のキャンプ。そして、近年の訪問は、2007年10月秋から再訪。2008年5月・8月・10月・2009年10月にこの上高地を訪れている。

20100820-10_s.jpg 2009年10月はこの上高地には泊まらなかったが、それ以前の上高地の宿泊場所は小梨平キャンプ場のケビンB型。管理費の掛からない自分の別荘、そんな気分が味わえる(爆)。

20100820-11_s.jpg 2009年8月の連休には友人が初上高地。このケビンB型に母親と共に宿泊、2泊3日の旅で2日間は雨と散々の上高地で有ったが、水と空気が美味しく絶景、食べ物で一番美味しかったのは持参した素麺、また行きたいとの言葉を残している。

20100820-12_s.jpg そう、水と空気が美味しい場所では、乾麺・素麺が美味しい。皆さんも是非にどうぞ!。あの上高地の土産物店で販売している蕎麦でも、街の手打ち蕎麦に負けない位に美味しい。水と空気と空気感、本当に上高地は最高である。

20100820-13_s.jpg★ ページ内目次 ★

 @ 小梨平キャンプ場案内:
 A 小梨平キャンプ場概要:
 B 小梨平キャンプ場訪問レポート:

20100820-14_s.jpg C 小梨平キャンプ場設備:
 D 小梨平キャンプ場位置地図:
 E その他:
 F 関連リンク:

20100820-15_s.jpg■ 小梨平キャンプ場案内 ■

場所名    : 日本アルプス観光・小梨平キャンプ場
住 所    : 〒390-1516 長野県松本市安曇上高地

20100820-16_s.jpg電話連絡先(小梨平キャンプ場 管理事務所):

夏季連絡先(4月〜11月) : 0263-95-2321
冬期連絡先(11月〜4月) : 0263-94-2536

20100820-17_s.jpg営業期間  : 上高地開山期間中(4月末〜11月中)

※ 小梨平キャンプ場HP  :
 http://www.nihonalpskankou.co.jp/
※ 問い合わせメールフォーム:
 http://www.nihonalpskankou.co.jp/contact/

上高地近隣の観光地 : 奥飛騨温泉郷・信州松本・信州安曇野・乗鞍ドライブウェイ・新穂高ロープウェイ

20100820-18_s.jpg■ 小梨平キャンプ場(ケビンB型)概要 ■

 6畳間、寝具毛布各4組、キッチン付、食器什器定員分付、炊飯器は電気釜、 トイレは外の共同施設を使用。

 ただ、山の生活やキャンプに馴れない方は、夜の一人のトイレが怖いとの女性の言葉も有る。それなら、トイレが室内に附いたAやDの方が良いのかも知れない。土日・連休は満杯ということが多いが、平日は結構空いてる穴場である。

20100820-19_s.jpg このケビンを利用すれば、上高地に着替えのみ持参、河童橋付近の食堂で食事の泊や、土産物の蕎麦、若しくは管理塔横の食堂での食事で泊も可能。決して贅沢な宿では無いが、気分だけは誰にでも平等、此処は気分が最高。

20100820-21_s.jpg■ 小梨平キャンプ場訪問レポート ■

※ 上高地・奥飛騨の旅(絶景の中に空とぶドラえもんを飛ばす!!)2007年10月:
 http://m-jun.seesaa.net/article/115816596.html
※ 奥飛騨温泉・上高地の旅(2008年・5月7日(水)):
 http://m-jun.seesaa.net/article/115817014.html
※ 奥飛騨温泉・上高地の旅(2008年・5月8日(木)):
 http://m-jun.seesaa.net/article/115817015.html
※ 奥飛騨温泉・上高地の旅(2008年・5月9日(金)):
 http://m-jun.seesaa.net/article/115817016.html
※ 奥飛騨温泉・上高地の旅(2008年・春)の感想:
 http://m-jun.seesaa.net/article/115817034.html
※ 上高地への旅と過ごし方(一人旅も・・・):
 http://m-jun.seesaa.net/article/115817026.html
※ 旅・「日常の中の非日常」と「非日常の中の日常」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/115548700.html
※ そうだ! 旅に出よう!!!(上高地・ケビンB型1/2:2008年・秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/115548550.html
※ そうだ! 旅に出よう!!!(上高地・ケビンB型2/2:2008年・秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/115548551.html

20100820-22_s.jpg■ 小梨平キャンプ場設備 ■

 キャンプ場の設備はと聞かれても・・・(爆)。炊事場・洗い場・ベンチ・トイレ・管理塔に風呂、横に食堂と売店、外にジュース・ビールの自販機。但し、上高地、何れも山の店、朝は早く夜も早い。午後五時にはバスが無くなるため、店も食堂も閉まる。朝は確か土産物店でも7時には開いている。

 キャンプ場、夜に食べもの残りをテント外に置いて置くと、サルが其れを狙いやってくる。11月にはクマも出たらしい。何れも残飯あさり、この整理には注意が必要である。

■ 小梨平キャンプ場位置地図 ■

20100820-23_s.jpg■ その他 ■

・ 上高地開山中は、診療所・派出所がある。
・ 上高地開山中は、河童橋近辺のみ携帯電話が使用出来る。
・ ケビンには、電気・水道・ガスが有る。暖房は別料金。
・ ケビンB型の場合、石油1本で一日持つ。5月・10月には必要。
・ ケビンにはTVが有り、一応綺麗に写る。ま、見ないでしょうが・・・。
・ 上高地の標高は1500メートルあり、既に山岳地です。日帰り観光でも服装には注意が必要です。

20100820-24_s.jpg■ 関連リンク ■

※ 上高地公式Website - ようこそ信州上高地へ:
 http://www.kamikochi.or.jp/
※ 上高地公式Website - 上高地情報 - 上高地ライブカメラ画像;
 http://www.kamikochi.or.jp/modules/info_camera/index.php?content_id=1
※ 上高地ライブカメラ|上高地五千尺ホテル・五千尺ロッヂ:
 http://www.gosenjaku.co.jp/kamikochi/livecamera.html
※ 信州オンライン 上高地ライブカメラ[穂高連峰]:
 http://shinshu-online.ne.jp/livecam/kamikochi/
※ 信州オンライン 上高地ライブカメラ[河童橋]:
 http://shinshu-online.ne.jp/livecam/kamikochi/index2.html
※ 上高地ビジターセンター:
 http://www.kamikochi-vc.or.jp/
※ 上高地ビジターセンター・ライブカメラ 今の上高地:
 http://www.kamikochi-vc.or.jp/contents/d/dmenu.html
※ さわやか信州号:
 http://www.sunshinetour.co.jp/alps/
※ 露天風呂・秘湯は奥飛騨温泉郷:
 http://www.okuhida.or.jp/
※ 新穂高ロープウェイ:
 http://www.okuhi.jp/
※ 乗鞍スカイライン:
 http://www.hida.jp/norikura/

   (*^‥^*)」 イヨッ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事