掲載:2017年06月18日
20170529-01_s.jpg androidからiPhoneに持ち替えた時の困りごと「ホームボタン操作とAssistiveTouch」!

 そう自分は左手片手でiPhoneを持ってHOMEボタン操作をしていてiPhoneを床に落としました。。。それからネックストラップを付けました。。。

 そうなんです。右利き人間なら左手でiPhoneを持ち、右手で操作、でもHOME釦は押し込まないといけないので、ついつい左手親指HOME釦を押してしまう。

 画面をONしての指紋認証時もそう。その様な時、iPhoneの保持バランスが崩れ、手が滑り、iPhoneを落としてしまうのです。皆さんは如何ですか?、落とした時の状況は如何でしたか?。

 今時の若者なら、スマホは右手一本の片腕操作なんでしょうが、さりとて状況は同じ・・・(爆)。

 其処で自分が付けた物が、紐付きで慣れるまで少し使いずらくは成るがネックストラップ(ハンドストラップ)、そして、探した物が是「AssistiveTouch」・・・。

 ----------

【AssistiveTouch】

 android端末でスマホ操作をしてきた人間、しかもandroid端末のHOMEボタン操作はスワップやタップ、iPhoneを触りHOMEボタンが可動式ボタンで有る事に驚いた。しかも押さないと作動せず、使いずらく、iPhoneを落としもした。

 是って画面タッチで何とか成らないの?、そんなアプリは無いの?、検索を掛けて見るとiPhoneに既に内臓したアプリ「AssistiveTouch」が有る事が判明、早速自分は是を設定した。

★  この「AssistiveTouch」を画面上に出してタップすれば、使用出来る機能は以下。

@ 通知センターの表示
A コントロールセンターの表示
B 画面のロック
C 画面の回転
D 音量のアップダウン
E ミュートや解除
F スクリーンショット撮影
G シェイク
H マルチタスクの表示
I Siriの立ち上げ

・ また、操作メニューをカスタマイズすることも可能。

★ AssistiveTouchを画面に表示させる方法は以下。

@ 「設定」アプリから「一般」をタップする。
A 「アクセシビリティ」をタップする。
B 「AssistiveTouch」をタップする。
C 「AssistiveTouch」をオンにする。

 是でiPhoneの画面上に「AssistiveTouch」の丸形アイコンが表示されます。使用時は、このアイコンをタップします。また「AssistiveTouch」の丸形アイコンは指で自由に移動出来、操作の無い時は薄く半透明に切り替わります。

 使用法等は以下のサイトをご覧下さい。HOME釦だけにするカスタマイズも有り(下記URL参照)、大変に便利と思うアプリ、iPhoneをお使いの皆さはもうお知りでしたか?、如何ですか?。

 また、HOMEボタン関連では無いが、自分は設定でSiriの動作を停止、アプリ更新をWiFi接続時のみに設定、他のモバイル通信も不要と思われる物は停止し、ギガと電池の消耗を少しでも低減させる設定とした。

※ ホームボタン操作などを画面タッチで行う(AssistiveTouch):
 https://www.softbank.jp/mobile/support/iphone/accessibility/assistivetouch/
※ iPhoneのホームボタンや音量などを画面上で操作。「AssistiveTouch」機能を使いこなす:iPhone Tips:
 http://japanese.engadget.com/2016/04/07/iphone-assistivetouch-iphone-tips/
※ iPhoneのホームボタンを押さずに済む方法
 http://www.appbank.net/2016/04/23/iphone-application/1195524.php
※ iPhoneの画面上に仮想ホームボタンを表示して1タップでホームに戻る
 http://www.ipodwave.com/iphone/howto/assistive_touch_home_button.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事