掲載:2017年06月07日
20170607-01_s.jpg 夏のご飯、特にお弁当は傷みやすい。ただ、本当にお米だけなら緩くなったご飯でも食べてお腹が痛く成るとかの食中毒は絶対に無く、ご飯は絶対に当たらない不思議な食べ物である。

 自分が子供の頃は、ご飯が夏の暑さで緩く成れば、「はったいこ(麦こがし)」や「きなこ」を混ぜ食べさされた物である。

 そんな夏のご飯、田舎のおばーちゃんも、お袋も弁当に持たせる時には梅干しを1個入れてご飯を炊いた。昔から有る”おばーちゃんの知恵袋”である。入れて炊いても梅干しの味はしない。

 美味しい梅干し、何処で買っていたの?と先日友人に聞かれたが、教えると其れは遠いなーと。自分は昔一度この家の方に宅急便で送れないか聞いて見た事が有るが、一度送ったら大きな梅干しが何個もつぶれて文句を言われたので通販はもうしないとのこと。

 本漬け梅干し、いい塩梅との言葉が有る様に、美味しい物は中々無い。

 ただ、このご飯に入れる梅干しは今の様な減塩梅干しや味付け梅干しでは駄目、これ等の梅干しは本漬けされた梅干しを水に晒して有るので効果は無い。

★ 写真は自分が以前買っていた紀州南高梅の本漬け梅干し、今では遠くて買いにいけない。

※ はったい粉 - Wikipedia:
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AF%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%84%E7%B2%89

   (*^‥^*)」 イヨッ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450542560
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事