掲載:2016年08月21日
20160821-01.jpg20160821-02.jpg 先日やって来たSONY Xperia(TM)Z3、何時もする様に壁紙の変更のためビッタリ壁紙の寸法を確認する事にした。

 情報は取り扱い説明書から解像度(ドット数)フルHD:1920×1080と判明している。つまり16:9の比率壁紙なら多分OKなんだろうが一応の確認のため、以前Z1用に作った壁紙を入れて見た。

 それを画面キャプチャーした画像が2番目の画像。なーるほどZ1用の壁紙はやはり使えない。キャプチャー画像とアプリがこの様相なら、1920×1080の壁紙でびったりとやって見ればその通り。

 SONY Xperia(TM)Z3の壁紙の大きさは、16:9の比率の壁紙でもOKだが、実寸の1920×1080で画像セットすれば、トリミングも無く上手くセット出来る。

 そして、各社スマホで何時も思うことが有る。ファイルを準備すれば聞くのはステレオで聞けるのに、何故録音機能はステレオ録音出来ないの?。これが今まで不思議で成らなかった。

20160821-03.jpg20160821-04.jpg そして、今回このSONY Xperia(TM)Z3入手に当たり取り扱い説明書をダウンロードして読んで見ても、その他のネット情報を読んでみても、この音声録音の事がはっきりしない。

 ただ、Xperia(TM)Z3にステレオマイクロホンSTM10、若しくはデジタルノイズキャンセリングヘッドセットをつなげば、ステレオ録音が出来ると有った。

 ステレオマイクを準備すればステレオ録音が出来る。そのステレオマイクを知らべれば特殊な五極ジャック、こんなの一般市販はされていない。しかも、ステレオマイクロホンSTM10は既に販売中止。少しステレオ録音を諦めかけた。

 ステレオ録音は諦めたが、モノラル録音なら普通に出来るだろうとXperia(TM)Z3の「音声レコーダー」のアプリを立ち上げた。非常に簡単なアプリで、設定を開けでもマイクテストと開始モード切替しかない。ファイル保存先も変更出来ない。

 音質は4つのモード切替のこれしか無い。ステレオマイクも挿さずにマイクテストをすると、何か左右のレベル表示が違う風に見えた。

20160821-05.jpg20160821-06.jpg 其処で、音楽演奏をテスト録音し、それをVUレベルメーターで見てみた。やはり本体のみでステレオ録音が出来ている。

 このレベルメーターと音声録音による確認で、多分だが、左右スピーカーと同位置にマイクが内臓されてる様にも思える。其処も、結構綺麗に録音は出来ている様に聞こえる。

 此れなら、ステレオマイクなど買って持ち歩か無くても、少しの録音ならこのXperia(TM)Z3本体のみで充分可能と言う事である。因みにファイル名も自動的に付けられ、「音声録音 2016-08-16 18-32-03.aac」の様に成り、この拡張子に有る様に、録音ファイル形式はAACである。

 因みに、この音声録音アプリはZ2以降の機種に使える事から、自分の確認はできていないが、多分Z2以降の機種は同様に本体のみでステレオ録音できる可能性が高い。

※ AACという形式:
 http://sound.hokkai.jp/5.html
※ 所謂白ロム・今回はSONY Xperia(TM) Z3 が来た!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/440846775.html
※ FastStone Image Viewerを使いXperia Z1(Android version 4.4.2)・縦型一画面のぴったり壁紙を作る!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/420202077.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事