掲載:2016年07月27日
20160727-01_s.jpg Windows7の時まで、システムモニターにXp時代から「Akabei Monitor」を便利に使わせて貰っていた。しかしWindows7時代にこの作者の更新が停止、今回Windows10にバージョンアップすれば使用出来なくなった。

 自分が特に必要としてモニターしている項目は、CPU稼働率・ネット通信状況である。何故かと言えば、CPU稼働率100%に近い状態でWindowsUpdate・他のソフトのUpdateなど行うと自動更新に失敗する可能性大なるため。また、ネット通信状況をモニターしているのは、大きなファイル送信の終了確認と何も自分が操作していないのに大きな通信が有ればそれは何かと確認するためである。

 要は、失敗をしないための防御策。よく、自分のネットは光で早いと私にメールを大きな添付ファイルを付けて送信、直ぐにPCを切る人が居られるが、光でも何でも、ダウンは早いが、ファイルをアップするのは予想以上に遅い!。これを知られない方が結構居られると思う。

 その様な事で、今回数種のフリーのシステムモニターをダウンロード、立ち上げて確認、「thilmera 7」を使用させて貰う事にした。好みの問題もあるが、色々と設定出来、バーやグラフ、壁紙の色など色々自分の見やすい様にモデイファイ出来、不要な物は表示させない様に出来る所が自分のお気に入り。

※ thilmera 7・CPU使用率やHDD温度など豊富なシステム情報をコンパクトに表示:
 http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/thilmera/
※ thilmera 7公式サイト:
 http://www.thilmera.com/

   (*^‥^*)」 イヨッ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事