掲載:2013年01月05日
20120105-01_s.jpg 小さい子供は親の真似をする。親が食べない物は食べない。従って、親に好き嫌いが多いと是も子供が真似をする。親に偏食が無ければ殆んどの子供も好き嫌いは無い。

 そんな子供だが、子供には食べられない物がある。その1つが激辛食品。

 友人は九州出身だと思うが、結構激辛のからし高菜が好きで、からし高菜ご飯を良くすると言う。しかし、小さな子供も真似をすると言うが殆んど食べられない。そこで親の美味しく食べる顔を見ていると言う。

 今の季節は丁度高菜の季節、三田や篠山の路地野菜販売所では美味しい高菜漬けを売っている。是に白胡麻・唐辛子を入れ、胡麻油等で炒めた物が「からし高菜」、なので此処から唐辛子を抜き、パプリカに換え炒めれば子供用の「からし高菜」が出来る。

 是で、親と一緒の物が子供も食べられる。小さな子供も納得。

 そうそう、高菜漬けで巻いた握り飯「めはりずし」は和歌山では定番、おにぎりの中には高菜の軸の部分を細かく刻んだもの、外は葉っぱ1枚で巻いてある。

 高菜漬け、何時も青い物と古漬けの両方を売っているが、新しい高菜漬けを密閉、完全冷凍にして保存してある。通販でも冷凍で送られて来る。でも、小生は漬け物は古い方が好き。

※ タカナ - Wikipedia:
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A
※ めはりずし - Wikipedia:
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%81%E3%81%AF%E3%82%8A%E3%81%9A%E3%81%97

   (*^‥^*)」 イヨッ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事