掲載:2017年07月08日
20170708-01_s.jpg 素麺の季節に成った。其処で今年一番最初に食べた素麺の汁は今年も「酢味噌」、お若い方に聞けば、知らない・食べた事も無いとの返答も多い素麺出汁。

 自分達の子供の時代、「酢味噌付け出汁の素麺」は田舎では定番の素麺の食べ方だった。

 お袋も田舎人、家にも同様な「酢味噌付け出汁の素麺」が子供の時から有った。しかし、本当に小さな時にはやはり皆さんの子供時代と同様に酸っぱい物は嫌い、是を本当に好きに成ったのは多分大人と同じ物を食べる様に成った中学生からだった様に思う。

 この時代、あの酸っぱい「夏みかん」も好んで食べた。そして、当時良く食べた酢の物、「鱧の皮」を昨年から探しているが一向に見つからない。「鱧の皮」の酢の物、今でも料理屋に有る事から何処かで販売が有るのだろうが、魚屋さんの無いスーパー時代、一般人には入手しずらい。

 この様に昔から小さい子供には嫌われた”酸っぱい”酢の物だが、大人に成れば懐かしく美味しく、素直に清涼感のある食べ物。

 自分のこの酢味噌には水分を入れず、味噌(1)・砂糖(1)・酢(1.5〜2)、其れに出汁としての昆布茶が入っている。しかも米酢では無く、余計に酸っぱいとされる穀物酢!(爆)。

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事