掲載:2017年02月26日
20170226-01_s.jpg20170226-02_s.jpg 昨今の昼間気温は少し高く成ったのだが、日が落ちると何故か非常に寒く感じる。風が南風から北風に変わると是がまた寒い。

 その様な時に直ぐに体を温めるのが生姜湯!、是がまた有り難い。寒い時の「生姜湯」は一杯で半日効く!。そんな生姜、この冬は写真の様な土生姜を10パック程度は御世話になったが、この1パックで大凡1週間分の生姜湯に成る。

 生姜、擂れば本当にいい香り、漬物にかけたりもいいが擂ったそのままでは体の温まり方は少ない。何故なら身体を温めるのはショウガオール、是は加熱処理すれば生姜に含まれるジンゲロールという成分がショウガオールに変化し体を温めるには生姜湯や味噌汁にするのがいい。

 自分は味噌汁にもするが、多くは生姜湯、今年も未だこの生姜のお世話に成りそうです。生姜湯、直ぐに効き、効果は絶大、寒い外に出る場合には手軽なポットで持ち歩き(爆)。

 ----------

■ショウガ(/しょうが)の主な有効成分と効用
 http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/syouga3.htm

●香り成分はシネオール

 シネオールには食欲増進の働きを持つが含まれており、疲労回復・夏バテ解消に役立ち、健胃・解毒・消炎作用もあると言われています

●生姜の辛み成分はジンゲロール・ショウガオール

 これにはには強い殺菌作用があります。鮨に欠かせないガリはこの殺菌作用を活かしたものでしょう。また、ガン細胞の増殖を抑制する作用や発ガン物質が引き起こす遺伝子の突然変異を抑制する作用などもあると言われ、ガンの予防に大きな効果がありそうです。そのほかにも、

●身体を温め、新陳代謝を活発にするショウガオール

 生姜に含まれるショウガオールには血行を促進する作用や、体を温める働きがあるほか、新陳代謝を活発にし、発汗作用を高める働きがあります。また生のまま摂取するよりも乾燥させたものか、加熱調理することでより身体を温める効果が大きくなるとされています。これは生姜に含まれるジンゲロールという成分が加熱する事でショウガオールに変化するからなんです。なので、温め効果を求めるのであれば生姜湯や味噌汁など加熱する料理などに使うと良いでしょう。

●料理においては、臭い消しや、脂の酸化防止効果などもあります。

 ----------

※ 寒い時の「生姜湯」は一杯で半日効く!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/446789195.html
※ ショウガ(生姜/しょうが)の栄養価と効能:
 http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/syouga3.htm
※ しょうが - カロリー計算/栄養成分 | カロリーSlism:
 http://calorie.slism.jp/106103/
※ 生姜の効果・食べ合わせ:
 http://www.slow-beauty.net/post-721/

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事