掲載:2015年12月31日
20151231-01_s.jpg 今年も美味しい物を色々食べましたが、いままでと少しも変化は有りません(爆)。小牧のお友達の様に、スイーツが余り好きでも無いし、行動範囲も時間も狭まって来たし・・・。

 でも、家で食べる物が一番美味しいとは幸せな事で、有り難い事です。

 そんな何時もの年の今年、ライブも余り行けなかったし、旅も急ぎ走りだった。

★ 今年旅した場所:

※ 飛騨小坂/手打ち蕎麦・郷土料理「平氏ヶ原」への旅行記目次(2015年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/category/6238682-1.html
※ 四日市グルメとお茶と温泉の旅(2015年・初夏):
 http://m-jun.seesaa.net/category/6238719-2.html

★ 未だまだ飽きない外食:

・ 飛騨小坂「平氏ヶ原」の手打ち蕎麦
 http://cococore.seesaa.net/category/6245593-1.html
・ 四日市市富双・大遠会館「まぐろレストラン」
 http://m-jun.seesaa.net/article/421034559.html

★ 今年飽きたと思った外食:

・ 多くの弁当屋の弁当
・ 煮込みうどん(一宮)

★ 自分の腰痛に本当に効くと思う温泉:

・ 源泉かけ流しの長島温泉と近隣温泉

★ 今年も自分の目に効いたと思う食べ物

・ ブルーベリーの大量摂取

★ 今年普通に美味しいと思った物:

・ 家の白ご飯(単一農家米;三田米こしひかり)
・ 新糯米で作った手作り杵つき餅
・ 新糯米と新小豆で作る赤飯
・ 露地野菜(自分は三田市小野)
・ 能勢・堂本豆腐店の田舎豆腐
・ 天然鯛
・ 手作り烏賊の塩から
・ たばね庵の田舎シリーズおかき
・ 手作り味噌

★ 今年やはり良く出来ている美味しいと思った物:

・ ココ一番屋のカレー
・ 大塚のボンカレー
・ 明宝ハム
・ 昔から有る即席麺

★ 今年やはりまずいと思った物:

・ 弁当屋の弁当(小市民価格帯)
・ 新しく出来る大手チエーン?の回転寿司
・ 次々と新しく出て来る即席麺

★ 大阪北摂で美味しいと思う弁当屋さん(小市民価格帯):

・ 農家のおにぎり屋・川西店
・ かまどのうた・伊丹店

★ 買って・食べて当たり外れの大きい物:

・ 焼肉弁当
・ ラーメン屋のラーメン
・ スーパーや惣菜屋のポテトサラダ
・ 和菓子屋の赤飯(和菓子屋として最低)
・ 100%自分好みで無い物は惣菜屋の「卯の花」

★ 買って当たり外れの大きい物・場所:

・ 道の駅
・ ネット通販
・ スーパー惣菜
・ 鶏のから揚げ

★ 道の駅で買って殆ど間違いの無い物:

・ 余計な物が入らない麹の生きた手作り味噌
・ 産地道の駅の肉・ハム
・ 地元農家品の乾燥ぜんまい・わらび・ずいき

★ 今年下手打った買い物:

・ 胡麻醤油
・ 道の駅の生椎茸
・ 餅(旧米で作った餅は市販品の色(多少黄色いか黒い))

★ 市販価格より大きく高いと思う物:

・ ネット通販の飲食物(当然全てでは無い)
・ ネット通販でも商店より製造所の方が安い場合と高い場合が有る

★ 長年食べたいと思っていて今年初めて食べた物:

・ まるや八丁味噌(「カクキュー」は販売店が多い)

★ 販売が無く成って残念なもの:

・ 「まるたか」”本格「わさび漬」(超純逸品・極上・生わさび芋造り)”
・ 寿がきや「名古屋流カレーうどん」

★ 今年改めて思ったこと:

・ 女性グルメ記事の不確かさ
 (女性ブロガーの記事に再訪記事など殆ど無い)
・ グルメ?女性は常に新しい所を求め、人の噂に左右される
・ グルメ常連に女性は殆どいない(ファミレスは除く)

★ 今年残念だったこと:

・ 中々JAZZライブに行けなかった
・ 2泊3日の旅が出来なかった
・ 明宝に行けなかった

★ 今年の教訓:

・ 何れの物も、人の噂やTV報道に動かされれば下手を見る
・ 殆どの人に自分の味覚は無い(TV等報道に動かされている)
・ 栗は早い季節に買えば虫はいないか少ない

    (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2015年12月30日
20151230-01_s.jpg 最近、何処も見ても正月と言う景色が少なく成った様に思う。そして、家庭の料理にも。そう、家庭でおせちを一式作るというのも少なく成ったと言う。

 昔は、12月31日の晩に食べる年越し蕎麦から正月が始まった様に思う。そして、開けて正月は朝の雑煮から。そんな雑煮も最近はご飯嫌い、餅嫌いから作らない家も少なく無いと言う。

 そんな正月元旦の雑煮、昔の御袋さんの様に作って見ませんか?。31日の家で出汁を取った年越し蕎麦、そして家で出汁を取った1日の朝の雑煮、この2日間ぐらい家で出汁の元を使うのでは無く、何も贅沢をする訳でも無く、鰹・昆布で取った出汁での蕎麦、昆布出汁で作った雑煮、今年こそ作ってみませんか?。

 蕎麦は、市販のスーパーに有る昔からの蒸し蕎麦、若しくは乾麺、何も薄揚げを甘辛く炊いてたぬきにする必要も無い。蒸し蕎麦に、薬味は細ネギ、入れる物は正月おせち用に買ったかまぼこで充分。

 今年こそ、お正月だけでも子供のために御袋の味、挑戦してみませんか?。何も正月、贅沢は必要は有りません。

 そうそう、出汁の取り方の簡単なのは、昆布や鰹を水に漬けるだけの水出し、其れに味醂(砂糖)・塩・醤油(薄口)・酒・などを好みで入れるだけ。雑煮の出汁は昆布のみ。

※ 土井善晴先生のレシピ:
・ うどんだし:
 http://www.nhk.or.jp/kurashi/ryouri/recipe/20255.html
 http://www.kyounoryouri.jp/recipe/20255_%E3%81%86%E3%81%A9%E3%82%93%E3%81%A0%E3%81%97.html
※ 大阪府の郷土料理|(選定料理)白みそ雑煮:
 http://www.rdpc.or.jp/kyoudoryouri100/recipe/recipe/270017
※ 大阪・日替わり「雑煮」の例(七日までの日替わり・お知りの方は是非お教え下さい)!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/384365932.html
※ かわいいフリー素材集いらすと屋:
 http://www.irasutoya.com/

    (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2015年12月29日
20151229-10_s.jpg 先程来年の正月の営業予定をお聞きした。未だ完全に決まっては居ないが、今の予定での営業開始は例年と変わり少し遅く1月10日以降を予定とのこと。詳細を必要な方は、10日以降に電話でお確かめの上、訪問下さい。

・店 名    : 平氏ヶ原(へいじがはら)
・住 所    : 〒509-3111 岐阜県下呂市小坂町落合2563
・電 話    : (0576)62-3948
・営業時間   : 午前11時〜午後4時頃
・定休日    : 毎週金曜日(行楽シーズンは営業・要問い合わせ)
・お店のHP  : 残念ながら有りません。
・近隣の観光地 : 御嶽山・濁河温泉・湯屋温泉・下島温泉・巌立峡・下呂温泉・飛騨高山

※ 飛騨小坂/手打ち蕎麦・郷土料理「平氏ヶ原」案内(2015年11月:修正):
 http://cococore.seesaa.net/category/6245593-1.html
※ 飛騨小坂/手打ち蕎麦・郷土料理「平氏ヶ原」(2015年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/429098813.html

    (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2015年12月29日
20151229-01_s.jpg 先日、ブログ記入欄のお知らせに以下の物が有った。自分は、一度ブログを改装すれば後は余り触らない事にしているが、今回は自分が確認するためにも一応表示しておこうと追加した。

 其れが何かと言えば、上に書いた「このブログの人気記事 (直近24時間)」、是はコンテンツえを自分の入れたい場所に追加すれば其処に表示される。自分は、最新記事一覧の上にコンテンツを追加した。

 【Seesaaブログ】からのお知らせは以下。

 ----------
★ 【Seesaaブログ】人気記事コンテンツをリリースしました

ブログ内で人気のある(PV数の多い)記事をランキング形式でブログ上に表示できる、人気記事コンテンツをリリースしました。

これにより、よく見られている記事のタイトルとリンクをブログ上に自動的に表示することができ、ブログ訪問者を人気のある記事へと誘導しやすくなります。なお、ブログに設置後、コンテンツ内に人気のある記事が表示されるまで多少時間がかかります。はじめてご利用の際は、設置後しばらく時間をおいてからブログをご確認ください。

また本機能はマイブログ内のアクセス解析機能と連動するものではありません。本機能で利用するための先月分データがまだ存在していないため、後述します設定項目において期間を「先月」に指定しても2015年8月中は有効な情報が表示されません。期間として「先月」を指定したい場合には、2015年9月になってからの設定変更をおすすめいたします。

■利用方法
通常のコンテンツと同様に、マイブログ>デザイン>(PCまたはスマートフォンの)コンテンツで、人気記事コンテンツを任意の場所に追加し、「保存」をクリックすることで利用できます。ブログに追加するだけで機能しますが、以下項目を設定することも可能です。

【タイトル】
コンテンツのタイトルとしてブログ上に表示する文言を指定できます。デフォルトは「人気記事」です。

【期間】
集計の対象とする期間を「昨日」「24時間」「先週(月曜日〜日曜日)」「先月」から指定できます。デフォルトは「24時間」です。

【表示件数】
表示する件数を指定できます。最大50です。デフォルトは「5」です。

【ページビューを表示】
サンプル(43)というように、記事タイトルの右にページビュー数を表示することができます。デフォルトは「しない」です。

【順位を表示】
1.サンプル(43)というように、記事タイトルの左にブログ内での順位を表示することができます。デフォルトは「しない」です。

【人気記事が無いとき】
人気記事として表示できるものがない場合はこのコンテンツを表示しないようにできます。「なにもしない」を指定すると、人気記事の有無にかかわらず本コンテンツが表示されます。デフォルトは「なにもしない」です。

 -----------

※ 【Seesaaブログ】人気記事コンテンツをリリースしました:
 http://info.seesaa.net/article/424371442.html

    (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2015年12月28日
20151228-10_s.jpg20151228-11_s.jpg 2015年12月26日(土):宮川純子(Vo)・清水武志(P)・中島教秀(B)さん:JKcafe:PM7〜9時を聞いて来ました。

 この日、高槻に夜に用が有り、お友達の所から高槻に向かった。この日、7時からこの御三方のライブが有る事は以前からチエック。この日は充分にPM7時に間に合う筈だったのだが、附いて見ると予想を反しPM8時15分過ぎ。

 流石の年末、途中で事故が幾つも。此の道程では富田近辺で事故検証渋滞に掛かった。そして、少しは聞けるとJKcafeに入ると、ほぼ満席、マスター中野さんも忙しくしておられた。

 当然、何時もの指定席は無く、ミュージシャンの真ん前に空き席が一つ、其処に座った。月初めにJKcafeのライブをチエックした時に、宮川純子(Vo)さんのライブに最近中々お会い出来ないGON(中山卓士)さんのお名前を見つけた。そう、此処数年御合い出来ていない。

 そして、バックバンドの清水武志(P)・中島教秀(B)さん、多分この関西のジャズファンでは知らない人はいないと思うお二人、そんな演奏を聞いた。

 席に座り、演奏を聞いて数秒、先ずはこの枯れたベース音に惚れた。ベース演奏者が上手く無ければ出ない音は当然なのだが、その前にベース本体の音、本当に独特の枯れたいい音がするベースを持たれ中島教秀さんが演奏されていた。

 ベース音の好きな自分、この音と演奏者に釘附けに成った。暫くの間はこのベース音しか聞こえなかった。数曲してからの皆さんの演奏をじっくりお聞きした。ピアノは知れた清水武志さん、その演奏に乗せ、宮川純子さんが軽快に歌われた。

 自分の中はこのベースモード、後で考えればちと勿体ない聞き方に成っていた。

 演奏後に少し中島教秀さんとベースのお話し、その中で、今迄に自分が良いベース音が出ると思ったベーシスト柴田奨さんのベース、内部にアメリカの高校のマークが有ると言う物の話を出した。

 其のベースに中島教秀さん覚えが有ると、自分が譲った相手は柴田奨さんでは無いが、ベース内部に高校のシールが有るベースなら、其れは自分の手元に有ったベースかも知れ無いとのこと。う〜ん、世の中案外狭いのかも。

 アメリカのミュージシャンから入手した時は鳴らないベースだったらしいが、鳴る所まで修理したとか。自分を引きつけたベース2本が同じ出里(同じ人の持ち物だった)とは、これまた意外。

 因みに、この御三方の次回JKcafeでの演奏は、来年3月10日。

 演奏終了後、何時もの一発屋のラーメン・替え玉、用を済ませ、友人の所に届け物をして帰宅。帰りも中央環状線で事故大渋滞、この年末、新年、皆さんも事故には充分に御注意下さい!。

★ 写真は京セラスマホ、暗い所では全く写りません。イメージですみません。

※ 清水武志さんHP:
 http://followfukano.com/
※ 中島教秀さんHP:
 http://www.jttk.zaq.ne.jp/baduy307/zhong_dao_jiao_xiu/Welcome.html
※ 柴田奨さんブログ:
 http://ameblo.jp/cocodrie13/

    (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2015年12月28日
20151228-01_s.jpg 最近ママ友ストーカーに悩む人が多いが、以下の様な事をしている貴女はママ友ストーカーか予備軍です。程度が判らない貴女、そんな貴女は既にママ友ストーカーです。

 ママ友ストーカーに成る人間は家庭内の会話が無く、家庭内孤独な人間が多いらしい。

★ 1. ママ友ストーカーの典型的行動:

@ 隣人・ママ友に毎日の様にお茶しない?と誘う。
A 人が出かけるのを窓から見る。出かけているのを、何処に言ったのと興味本位に聞く。
B 荷物を持つママ友に、何買って来たのと聞く。スーパーで何を買うのか買ったのか聞く。
C 人の行動を他人に話す。話題にする。
D 深夜にラインや電話し、返信が無いと家の電気が点いているのを見に行く。
E 他人の悪口・陰口を言う。
F 人を仲間外れにする。
G 他人を無視する。
H 土足で他人の家に上り込む。
I 他人の真似をする。子供にさせる。子供同士の持ち物を直ぐにママ友に相談して決める。
J 他人に恥をかかせる。
K 閉鎖的コミニティを作る。
L 人の行動に興味を持つ。
M ラインや電話に返事が無いと文句を言う。
N 他人や他人の家庭に興味を持つ。

★ 2. ママ友ストーカーに成らないために:

@ 鈍感力を持つこと。
A 自己の家庭内、御主人や子供達との会話を保つ。
B ママ友ストーカーが居れば、情報を家庭内共有する。当然、子供にも。
C 一人で悩まない。
D 自分もママ友ストーカーに成らない様に注意する。
E 直ぐのライン・電話などに普段から依存しない。
F 寂しい・暇な時、ママ友に直ぐの相談や電話をしない。
G 家庭内会話に留められる事は、ママ友に話さない。
H 何事に対しても、他人に比べ優越感を持たない。
I 他人に話した事は直ぐに拡散するは確実と思って行動する。
J 以下のURLには、何か言われたら…「これが我が家のルールだから」と有る。その他の例も参考に。

 ---------
※ いじめに走るママ友たちの共通点
 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151219-00993626-sspa-soci
 週刊SPA! 12月19日(土)9時21分配信

【記事引用】

ママ友たちの間では、信じられないような序列がつくられ、実はドロドロの人間関係が渦巻いている。作家で大人の女性のラブメディア『JESSIE』編集長の中山美里氏にお話を伺った。

◆ステキと思われたい……いじめに走るママたちに見られる共通した行動原理

 私は22歳でシングルマザーになって、いろんな仕事をしながら子育てしてきましたから、ママ友カーストの中ではかなり下層。その位置からボスママや取り巻きのいじめを見ていると、彼女たちの行動原理がよくわかります。

 彼女たちが激しく支持している『VERY』という女性誌のキャッチコピーを見ると、「あのパパ素敵、の奥さんはやっぱりオシャレ」「テラスで絵になるファミリースタイル」なんて書いてあります。つまり、「他人からどう見られるか」が彼女たちの最大の関心事。自分が好きだからコレ!という基準では行動できず、周囲のママたちから浮かないもの、ステキと思われるものを選ぶ。当然、考え方や趣向が違う異分子の存在は、気になってたまりません。

 ママ友同士は、「〇〇さんの奥さん」「〇〇ちゃんのママ」と呼び合って生きています。この呼び方も象徴的で、彼女たちの中では、自分自身の存在を実感できていません。だから、夫や子供ですらアクセサリー化して、夫の職業や年収、子供の出来不出来が自分の価値だと思い込んでしまう。そんなママたちが集まれば、互いのアクセサリーを見比べてウジウジしたり、嫉妬したりして、やがていじめに発展するわけです。

 私が育児雑誌に関わった’99年頃には、公園で子供を遊ばせるママたちの輪に入れず、あちこちの公園をさまよう孤独なママをすでに記事にしていました。時代は変わり今はフェイスブックなどのSNSやLINEやブログが登場したことで、よりママ友たちの人間関係は複雑化しています。

 誰かから「いいね」をもらうために必死になるよりも、自分が「いいね」と思えるような子育てを目指したいものですね。

【中山美里】

 ---------
※ 最近問題になってるママ友ストーカーが恐ろしい…:
 http://matome.naver.jp/odai/2144584493621742401
※ ママ友ストーカーの実態!迷惑?為は26.1%:
 http://mama.bibeaute.com/article/21937/
※ かわいいフリー素材集・いらすとや:ママ友のイラスト:
 http://www.irasutoya.com/

    (*ー‥ー*)」 イヨッ
掲載:2015年12月27日
20151227-11_s.jpg20151227-12_s.jpg20151227-13_s.jpg

 2015年12月26日(土)、三田に行った。この日は予定には無かったのだが、来年の路地野菜販売所の初売りは1月9日(土)、見ればお米が其れまで持たない。お米だけなら何時でも農家の方の所に直接行けば譲って貰えるのだが、欲しい野菜も有ったので、この土曜日も三田に行く事にした。

 出発時の大阪の気温は7℃、先週の土曜日は6℃、三田は0℃、多分同様の気温と想定された。雨が無いのが何より。でも、注意しないと何処に凍結が有るか判らない。

 出発は何時もより20分ほど遅く出た。到着もその通り。気温も予想の通り0℃、ちとカイロを忘れた。

 到着後、10分程して何時もの常連さん、そして農家の方も次々と野菜の搬入に来られた。この日の野菜の種類は先週に変わらないが、欲しかった小芋は無く、先週2束買って既に食べてしまった太ネギ2・サラダ水菜2にキヤベツ1・菊菜1・細ネギ1・子蕪・大蕪・白菜漬け物4・餅1パックを買った。

20151227-14_s.jpg20151227-15_s.jpg20151227-16_s.jpg

 餅はお友達に杵搗き餅を搗いて貰うのだが、買った1パックは此処のストーブで焼いて朝食に食べた(爆)。但し、醤油も何も無し。味は糯米の味のみ、是も毎年の事だが糯米の味が有れば自分は食べられる。

 8時過ぎ、農家の方の所に行き、こしひかり玄米30Kgを譲って貰い、半分を精米した。今回の精米、8歩搗きにしようと思ったのだが、何時もの癖で白米を押してしまった。この機械、一度スイッチを押せば変更が効かない!。仕方なく今回も白米で持ち帰り。

 一回分なら家の家庭用精米機で精米して食べられるが、其れは既に新米で試食済み。

 精米後、またストーブ番をして、何時もの顔なじみのお客さんと冗談を言い歓談。

20151227-17_s.jpg20151227-18_s.jpg20151227-19_s.jpg

 この日、先週有った蝋梅と紅白の南天が多量に出ていたが、殆ど売れていた。そうそう、昨日檻に掛かった鹿が居るとか・・・、業者が来るのを待って持って帰るか?と言われたが、とんでも無い。野生の鹿・猪などを皮つきのまま車に積もう物なら、蚤・ダニの集団の餌食。

 野生の鹿・猪、水に放り込めば、水面が一面黒く成る位、蚤・ダニが浮く。動物の蚤・ダニは人間に附かないと何方かは言うが、其れは全くの嘘。山の中でヌタバの木が木の皮が剥がれて綺麗と座ろう物なら、人間は痒くて死にそうに成る。その服装のまま家に入ろう物なら、蚤・ダニが家に入り込む。これ、努々疑う事なかれ。

 そして、鹿肉は猪肉と違い、美味くは無い。

 そうそう、この路地野菜販売所の本年の営業は、12月27日(月)と29日(火)で終了、黒豆も未だ有りました。

★ 今回の写真、気温を除き、バッテリー切れのため京セラ製スマホ。

    (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2015年12月27日
20151227-01_s.jpg 自分は三田市小野の農家直販のお店で買うので、先ずは新鮮。道の駅など大きく成れば、新鮮で無いスーパーと同じ様に冷蔵展示販売機が設置され、其れに商品が並べられている場所が有る。

 この様な道の駅、商品も多く並べられるが、当然売れ残りも多く出る。小さな販売所では商品も少ない代わりにこれ等、冷蔵展示販売機が無い。売れ残りが出れば家で消費するか漬物にするしかない。其れが今までの野菜直販所。

 其れが、大きく成れば、展示販売機が設置され、残った野菜はまだしおれもしないので、多分持ち帰り冷蔵庫、次の日の商品と成るのだろう。

 スーパーで商品を買い、家に持ち帰り商品をまた冷蔵庫に入れても殆どの場合日持ちもしないし余り美味しくも無い。其れは、生産者が冷蔵庫に入れ出荷まで保管と言う事も有るし、集積場で商品が集まるまで冷蔵と言う事も、輸送のトラックが冷蔵、スーパーで販売までまた冷蔵と言う物。

 殆どの商品が、冷蔵と室温を出たり入ったりする。是では痛みも早いし美味しくも無い。野菜本来の美味しさが失われるのも当然と言えば当然。

 前日書いた「カヤ(榧)の実」が好きと言われた御仁ともそんな話をした。

 そんな道の駅で買う場合に一番注意しなければ成らない物は、透明袋に密閉されて入った品物、透明袋には息抜き穴の開いた物も有るが、其れが無い密閉袋も有る。その様な透明袋に入った商品と、スーパーの様に透明シートで密閉パックされた商品。

 其れが、冷蔵陳列されていなくても、冷蔵庫に一度入ったと思われる商品は先ず買っては日持ちしない。其れは買って密閉包装を開け放し保管しても持ちは同じ。

 自分が其れを知って良く見て買っても失敗するのが、生椎茸や茸類、其れに先日失敗した写真の柚子。一度冷蔵庫保管された物は痛むのを知っていて、冷蔵庫に入れられた物がどんな物か分かっていても、買う時に霜の水粒も無く乾燥状態だと騙されてしまう。

 当然、冷蔵庫に入れなくても野菜は息をするので密閉すれば霜(水滴)も附く。やはり水滴が附いた物は密閉されてからの時間が経過した物と理解できる。

 生椎茸など傘の裏の白い部分が茶色の斑点が有ればちと危険領域、傷も茶色に成るのでこの辺りの見分けが難しい。この辺り、実際生って居る物を何度もみた自分でも下手を打つ場合が有る。ま、生椎茸はスーパーの様なパックで傘の裏が見えない物、密閉袋の物は買わない方が無難と言う事かも知れ無い。

 因みに柚子の写真は、買って袋を開放して置いて置いても1週間も経たない内にカビが来た柚子。この柚子、冷暗所保管だが、新聞紙に包んで置いたら良かったが、同様保管で1ヶ月以上の先般の飛騨小坂えの旅で買った柚子は未だそのまま有ったのでちと手ぬかり。

 ただ、柚子は買ったら砂糖漬けが一番。是は柚子湯のためそのまま保管していたもの。

※ カビは害がある?ない?様々なカビの種類を一挙に紹介:
・ (ま、読んでも素人に分別はつきません・爆)
 http://www.mh-happy.com/kb_intro_dif/

    (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2015年12月26日
20151226-01_s.jpg20151226-02_s.jpg 自分は本当に餅が好き、其れも炊いた餅が好きである。赤飯やおこわも好きな事から、餅(糯)米のあの香りが好きなのかも知れない。そう、糯米は言えば香り米、自分の友人に最近知ったのだが、この糯米の嫌いな人間が居る。

 三田の方から糯米や小豆を譲って貰ってから、自分はスーパーや販売店から糯米や小豆を買った事が無い。買うなら出所が結構はっきりしたこのJA兵庫六甲の糯米、其れも三田の農家の方に一緒に買って貰った。

 三田米生産者の所に三田市農協から旧米は来ないとの考え(爆)。ま、他の場所で買っても、色々有った三田農協、旧米は現在先ず無い。

 餅は正月のみだが、赤飯は年中食べる。以前は他の場所で糯米も買った物だが、旧米や旧の小豆が多く、殆ど匂う。其れが、新米の糯米や小豆を一度食べてしまうと、その美味しさで、その物の味がしないコンビニ赤飯おにぎりも、餅粉で作った餅も買えない。

 市販品の杵つき餅、この餅粉を捏ねて、最後に少し杵で搗いて有るが、糯米から作った杵つき餅は全くの別物。今年も糯米10Kgを買い、この内6Kgを杵つき餅にして貰う様にお友達に頼んだ。6Kgと言えば4升、杵つき1回2升と思うので、2蒸篭、2回搗いて熱い内に丸めないといけない結構な手間掛かる杵搗き餅、何時もお友達と家族に迷惑を掛けている。

 一般家庭の餅つきは餅つき機、昨今は田舎の杵・臼が有る農家でも餅つき機、便利でいいが、本物杵つき餅はやはりちと違う。他人に迷惑を掛けて頂く、自分の最高の正月の贅沢。

 正月の美味しい食べ物の何物にも代えがたい。

※ やはり本物の杵つき餅は美味しい!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/315537984.html
※ 家庭用真空パックだけでは内部の餅にカビが生えた!(餅カビ防止方法?):
 http://m-jun.seesaa.net/article/385240233.html
※ 家庭用の真空パック機での餅のパックには注意を要する!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/384439013.html
※ 家庭用真空パック器でカイロを入れ保存(70日)した餅を食べてみた!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/390962233.html
※ 杵つき餅を雑煮の後は真空パックした(餅カビ防止)!と各地の雑煮(作り方)!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/411685356.html
※ 年末・この正月への一番の贅沢!:(杵搗き餅):
 http://m-jun.seesaa.net/article/383960264.html
※  餅カビの繁殖防止について:(PDF):
 http://school.gifu-net.ed.jp/ena-hs/ssh/H22ssh/sc2/21048.pdf
※ 正月の餅三昧は危険なので早々に真空パックした!(餅の保存方法):
 http://m-jun.seesaa.net/article/384180794.html

    (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2015年12月25日
20151225-01_s.jpg 毎年早い所では同年度産が売られる黒豆、業者では前年度産が売られる場合も有る。前年度産の豆は炊けば判るが固いので茹で時間が異なる。

 自分が買うのは農家直販の物、何時もの三田市小野の直売所での購入、なので何時も同年度産で農家の方とも四半世紀以上の顔見知り、騙される事も無いし其れを考えた事も無い。

 そんな黒豆、今年はやはり栗と同様に出来が悪い。つまりA品は少なくB品が多い。当然B品は安価。B品とは粒が小さく、一般的な販売店ではB品とか加工用とか書かれて販売されている。

 ただ、B品が安価と言っても半値と言う事は先ず無い。多くの販売価格はA品の60%〜80%の価格、余程の変形品なら別なのだが、多くは粒の大きさと揃い具合に寄る。

 そんな黒豆のA品とB品の比較写真が上、A品は10mm以上の玉、B品はそれ以下の様だ。農家の方に聞けば、考えても判るが選別は大変、通しに通し次に目視で不良品を弾いていく、結構な手間が掛かる。

 そう考えれば、黒豆の枝豆で売れる方が手間無くて良いようだが、以前も書いた様にあの黒豆の葉を取る作業に時間が掛かり、是も手間、手間は何れも然程変わらないと言う。

20151225-02_s.jpg20151225-03_s.jpg20151225-04_s.jpg

 この上の写真3枚はお友達が買ったA品の2袋、農家の方が違うが、何れも三田産、何れも10mm以上玉。

※ 土井勝(土井善晴)先生の「失敗しない黒豆の炊き方」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/115548394.html
※ 丹波篠山の黒豆はまん丸(黒豆の枝豆から煮豆までの状態):
 http://m-jun.seesaa.net/article/174007634.html
※ 電子レンジでチン:黒豆の漬け置き水煮不要で「直ぐに作れる黒豆ご飯」!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/395569850.html
※ 黒豆の味以外の栄養価を大豆と比べて見たら・・・!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/418511646.html

    (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事