掲載:2015年01月31日
20150131-01_s.jpg20150131-02_s.jpg 以前、「レンジでチンするから揚げ粉」をお友達から貰い、紙を敷かずに普通に皿に材料を置きレンジでチンした。さすれば、見事にから揚げの下は鶏肉から出た油でべとべとに成った(爆)。

 そんな「レンジでチンするから揚げ粉」が未だ残っているのを思い出し、肉の週末安売り?(爆)も有って、再び鶏肉ももを買った。

 そして、今回はキッチンペーパーを敷いてレンジでチンした。でも、やはり予想した通り紙の上には油が溜まり、以前の紙を敷かない物と何ら変化は無かった。単に皿に油が落ちないだけ。鶏肉に附く油の変化は感じない。

 確かに、先日書いた「名古屋コーチン」の様な油の出ない高級鶏肉なら上手く行くかも知れないが、普通に市販のブロイラーでは何ら紙を敷いても変化が無い様に思えた。

20150131-03_s.jpg20150131-04_s.jpg この様な状況なら、この「レンジでチンするから揚げ粉」には「油切り皿」が有れば上手く行く様に思えた。

 この鶏肉を買った時に、豚肉赤身も一緒に買ったので次の日にも「レンジでチンするから揚げ粉」を使って見たが、流石の赤身、油も殆ど出ずに敷いた紙も汚れなかった。

※ 紙やキッチンペーパー無しで「レンジでチンするから揚げ粉」を使ってみた!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/407501178.html
※ 日本三大地鶏の名古屋コーチンを焼いて食べて見た!:
 http://m-jun.seesaa.net/archives/20150122-1.html

    (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2015年01月30日
20150130-01_s.jpg20150130-02_s.jpg 千枚漬けを作るのに少しだけ使う赤唐辛子、露地野菜販売所で買えば何処でも1袋で結構入っている。漬物を家で漬ける場合にも1本使うが、漬け物容器には以前の唐辛子も入っており、そんなに使わない。

 そんな赤唐辛子、三田の農家の方に使い道を聞けば、何方も「赤唐辛子の甘辛煮」と言われた。「赤唐辛子の甘辛煮」とは、赤唐辛子のヘタを取り種の入ったまま醤油と砂糖で甘辛く煮詰めた物、唐辛子1本でご飯が何杯も食べられる辛さの代物。

 其れを聞いて赤唐辛子を2袋買った。そして、テスト的に作ってみたが、辛い物好きな自分でも食べるのに是には少し手こずった(爆)。今度は種を抜いて炊いて見たが、是は充分に食べられる辛さ。

 この辛さなら何時も作る味噌汁に毎回1本種抜きで入れれば美味しいかもとやってみた。そう、味噌汁に七味を掛けるのと同様との考えだが、辛さが全体に回っている。でも、種抜きでは結構そのままでも食べられる辛さの赤唐辛子、是が結構嵌る辛さだった。

 幾ら種を抜いても、それ相応に辛い唐辛子も存在するが、種を抜いて何とか食べられる辛さの赤唐辛子なら此れもまた美味。

 そう、以前記事にした明宝の郷土料理・秘伝の味「つぎ汁」に使う唐辛子「郡上南蛮」もこの様な唐辛子かも知れない。「郡上南蛮」の写真の大きさからしても小さな辛い鷹の爪でも無さそうなので多分この系統の赤唐辛子なのかも知れない。

 この味噌汁、自分は結構嵌り毎日の具材は違うがこの唐辛子だけは最近毎日入っている。飛騨で以前買った一味も甘く美味しい一味だったが、同様な赤唐辛子なら「つぎ汁」も出来るかも知れない。

 赤唐辛子、色々な種類が有り、美味しさも辛さも全く違う。

 そうそう、この写真の味噌汁に使った味噌はお友達から貰った「マルコメ味噌」。久しく食べれば何でも美味しい物だが、この「マルコメ味噌」の味噌汁を飲んで思った事は、具材に「じやがいも」を入れ無ければと、何故かそう思える味だった。

 食べ物の味、本当に面白い物だ!。今は昔有った大きな麩が欲しい!。

※ 明宝の郷土料理・秘伝の味「つぎ汁」の作り方:
 http://m-jun.seesaa.net/article/257747551.html

    (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2015年01月29日
20150129-01_s.jpg 先日の土曜日、三田の露地野菜販売所で買った今年最後と思われる白蕪(聖護院かぶ)はやはり千枚漬けにしました!。以前は小さな物はそのまま蕪蒸し・餡掛け等にしましたが、やはり自分は野菜サラダや漬け物好き、なので結局千枚漬けに成りました。

 でも、最近昆布を買わないので、昆布は塩昆布で代用、そんな物を上げたお友達、

「この茶色い色は何?(爆)」

 ま、味は大きく変わりません。先日100円均一で買ったワイドスライサーも本当に役立っています。多分、100円均一で買った台所用品で是ほど役立った物は無いと思う。便利。

 ただ、千枚漬けにはこのワイドスライサーの厚みでも薄い。通常のスライサーよりは厚くスライス出来るが、是でも1mmと少し、塩で水出しをすればしんなり、本当は2mmとかの厚みの方が良いだろうが、其れは相当に刃物が切れないと多分下せない。

 包丁で手切りすれば上手く厚みが揃わないので家庭で食べるなら是で充分。

 京野菜、京都で買えば非常に高いとの言葉が三田に来られたご婦人から有ったが、あの京都の中央市場近辺で買えば安い。何も観光錦市場で買う事は無い。

※ 中央卸売市場第一市場:
 http://www.city.kyoto.lg.jp/menu2/category/33-0-0-0-0-0-0-0-0-0.html
※ 京の食文化ミュージアム・あじわい館:
 http://www.kyo-ajiwaikan.com/

※ 買えば高価で作れば安価な「千枚漬け」と白蕪(聖護院蕪)・赤蕪:
 http://m-jun.seesaa.net/article/410390453.html
※ 100円均一のワイドスライサーを千枚漬けに使って見た!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/410446065.html
 ----------
※ 千枚漬けでおなじみ 「聖護院かぶ」:
 http://www.pref.kyoto.jp/nantan/no-nokai/1196996265575.html
・ 聖護院かぶと鯛の煮物(鯛かぶら):
 http://kyo-furusato.jp/recipe/kabu02.html#kabu03
・ 聖護院かぶのステーキ:
 http://kyo-furusato.jp/recipe/kabu01.html#kabu02
・ 丹後ぐじのかぶら蒸し:
 http://kyo-furusato.jp/recipe/kabu02.html#kabu04
・ 聖護院かぶのスープ:
 http://www.pref.kyoto.jp/nantan/no-nokai/1261463817324.html

★【旬の京野菜】 料理レシピ トップページはこちら
 http://www.pref.kyoto.jp/nantan/no-nokai/1259027363575.html
※ 1月のおすすめ!「聖護院かぶ」のレシピ
 http://www.pref.kyoto.jp/nantan/no-nokai/1196996265575.html
※ 2月のおすすめ!「丹波黒大豆・丹波大納言小豆」のレシピ
 http://www.pref.kyoto.jp/nantan/no-nokai/1201664427529.html
※ 3月のおすすめ!「やまのいも」のレシピ
 http://www.pref.kyoto.jp/nantan/no-nokai/1203826204049.html
※ 4月のおすすめ!「みず菜」のレシピ
 http://www.pref.kyoto.jp/nantan/no-nokai/1206500487047.html
※ 5月のおすすめ!「壬生菜」のレシピ
 http://www.pref.kyoto.jp/nantan/no-nokai/1208995300534.html
※ 6月のおすすめ!「九条ねぎ」のレシピ
 http://www.pref.kyoto.jp/nantan/no-nokai/1212024861704.html
※ 7月のおすすめ!「伏見とうがらし」のレシピ
 http://www.pref.kyoto.jp/nantan/no-nokai/1215145343452.html
※ 8月のおすすめ!「賀茂なす」の料理レシピ
 http://www.pref.kyoto.jp/nantan/no-nokai/1173931812639.html
※ 9月のおすすめ!「紫ずきん」のレシピ
 http://www.pref.kyoto.jp/nantan/no-nokai/1189572950094.html
※ 10月のおすすめ!「丹波くり」のレシピ
 http://www.pref.kyoto.jp/nantan/no-nokai/1193359918803.html
※ 11月のおすすめ!「えびいも」のレシピ
 http://www.pref.kyoto.jp/nantan/no-nokai/1196209352412.html
※ 12月のおすすめ!「聖護院だいこん」のレシピ
 http://www.pref.kyoto.jp/nantan/no-nokai/1198197459485.html
※ 全ての京野菜レシピはこちら(PDF:389KB)
 http://www.pref.kyoto.jp/nantan/no-nokai/documents/1215063902764.pdf

※ ふるさと京野菜倶楽部:
 http://kyo-furusato.jp/
・ ブランド京野菜を使ったレシピ:
 http://kyo-furusato.jp/recipe/index.html

 ----------

    (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2015年01月28日
 ガジエットとは、デスクトップ画面上に置く時計・ツールなどの表応示、是が未だデスクトップに置いている人がいた。是はセキュリティー上危険です。詳細は以下のURLをお読みください。対処方法はマイクロソフトの提供するツールによる動作停止が便利です。

※ ガジェットは廃止になりました - Microsoft Windows:
 http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/gadgets

 Windows 7 と Windows Vista の Windows サイド バー プラットフォームには重大な脆弱性があるため、ガジェットの提供は終了しました。この機能は、新しい Windows では廃止されています。ガジェットは、悪用されてコンピューターに問題を引き起こすことがあります。また、コンピューターのファイルにアクセスされたり、好ましくないコンテンツを表示されたり、ガジェット自身の動作を変更されたりすることもあります。PC を完全に制御される可能性もあります。これまでにダウンロードしたガジェットの安全性について心配な場合は、ガジェットと、PC を保護するための手順の詳細を確認してください。

※ 最初から入っているガジェットの保存場所:
・ 是を消去するには管理権限変更の必要が有りますが、一般的にはツールでのガジエット停止で充分です。
 C:\Program Files\Windows Sidebar\Gadgets
※ 後で追加したガジェットの保存場所:
・ このファイルは普通に消去出来ます。
 C:\Users\{ユーザー名}\AppData\Local\Microsoft\Windows Sidebar\Gadgets

 ----------参考追記----------
★★★ この操作を実行するアクセス許可が必要です。(管理権限変更方法):

 このフォルダーを変更するには、アクセス許可を得る必要があります。以下のURLを参照して下さい。

※ Win 7編: デスクトップガジェットの無効化と関連情報を整理する:
 http://news.mynavi.jp/column/windows/196/
 ----------

※ デスクトップ ガジェット:
・ Windows サイドバー ガジェットの悪用から Windows Vista および Windows 7 コンピューターを保護する方法:
 https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/dn261332
※ マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ: ガジェットの脆弱性により、リモートでコードが実行される -:
 http://support.microsoft.com/kb/2719662
 ガジエット停止ツール説明:
 http://support.microsoft.com/kb/2719662
・(停止ツール)Disable Windows Sidebar and Gadgets:
 http://go.microsoft.com/?linkid=9813057
★ PCデスクトップ・右クリックのガジェット(G)の消去法は厄介!
 (気にしない方はそのままで・・・)
※ Win 7編: デスクトップガジェットの無効化と関連情報を整理する:
 http://news.mynavi.jp/column/windows/196/

    (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2015年01月28日
20150128-01_s.jpg20150128-02_s.jpg20150128-03_s.jpg

 何故四日市の蕎麦は街蕎麦として普通に美味しいのか!?、そんな話を友人としていると、其れは水道水が美味しいからと言った。その友人、水道水が美味しのを知って居た。有名だそうだ。

 四日市・水道水・美味しいで調べると、検索に一発掛かった。やはり蕎麦は水です!。其処でもっと調べると、「「生桑エリア」はほとんどが自己水(井戸水)で2%しか県水が入っておりません。」と有った。この生桑エリア、何処かと調べると、近鉄四日市付近だった。 

 この井戸水、鈴鹿山系からの水、この様に市営水道が有名なのは確か九州にも有った様に思うが、山岳地帯を除き美味しい井戸水の水道、大阪の人間としては本当に羨ましい限り。

 大阪なら何処かに取水に行かないと得られない美味しい井戸水、お友達は六甲湧水の井戸水を取水に行ってから、昼は殆どこの水、自販機のお茶は全く買わなくなった。水、美味しいとお茶も欲しく無く成ったらしい。

 自分はこの寒い時期は温かいお茶が欲しいと思うが、確かに美味しい水は白湯でも美味しく飲める。

 そんな四日市の駅近辺にも美味しいと有名な蕎麦屋が有るらしい。調べると直ぐに判った。そば処老梅庵、その他に「うっかり八兵衛」等の蕎麦屋さんが有るが、また四日市に行く楽しみが増えた!。そうそう、うどん屋さんも見て見なければ・・・。うどんは場所柄、やはり本蛤で出来れば桑名蛤のうどんで無ければ。

 四日市かもん・の骨付き鶏の親鳥も食べていないし、これ等の蕎麦も有るし、夕飯はやはりマグロ会館だし、自分の持病に本当に効く本当の温泉も有る四日市、もう少し近ければ嬉しいのだが。

 この近場の旅、日帰り、一泊で皆さんにもお勧めです。そう、長島温泉と近郊の温泉が腰痛に本当に効く!。

★ 写真は今までに四日市で食べた蕎麦。

※ 四日市市上下水道局:
 http://www.city.yokkaichi.mie.jp/new_water/index.shtml
 http://www.city.yokkaichi.mie.jp/~yk-water/06_information/shisuinosato.html
・ 配水エリアマップ:
 http://www.city.yokkaichi.mie.jp/new_water/03_intro/doc/haisui_area.pdf
※ 四日市市で一番美味しい水道水が飲める地区はどこか?:
 http://ameblo.jp/mori-tomohiro/entry-11978716574.html
※ 水道事業体製造ボトル水(水道産業新聞):
 http://www.suidou.co.jp/library/bottle/bottle05.htm
※ そば処 老梅庵:
 http://www.roubaian.net/ 
※ 桑名と四日市の鶏で呑んで温泉の旅(2014年・年末)!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/411783499.html

    (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2015年01月27日
20150127-01_s.jpg20150127-02_s.jpg ----------

★ ボンカレーゴールド大辛は「高槻100円均一 FLET'S」に有ります!
※ 高槻100円均一「FLET'S」では「大塚のボンカレー」「ヒガシマルうどんスープ」も100円!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/423084628.html

 ----------

 先日、友人の所で500円を超えるレトルトカレーを食べた。食べた瞬間、何処からか少し業務用デミグラスソース缶詰の嫌な味と匂いを感じた。是で全て終わり、肉の塊が大きくても500円の値打ちも無い。

 日本一売れているレトルトカレーは以前書いた様に、『ハウス・カレー屋カレー』 是は今でもそうらしい。このカレー、日本一売れてる理由は、一番安売りしていて余計に売れるからかも知れない。先日見れば特売で68円(税抜き)だった。

 『カレー屋カレー』も安価で美味しい物なので良く買うが、何時も探すのが「大塚ボンカレーの大辛」、是が中々無い。無い時は「大塚ボンカレーの甘口」を一つだけ買う。其れには、昔のカレーの食べ方の様にウスターソースを掛けて食べる。是も時々は懐かしくていい。

 大塚のボンカレー、甘口・中辛・辛口・大辛が製品として有るが、甘口からの3品は何処にでも有るのだが近隣の販売店で何処を探しても無いのが、「大辛」。時間が有って道路横にスーパーや安売り店が有れば、入って探すのがこの「大辛」、有れば良いのだが殆ど無い。有っても3箱程度で是を全て買うが、見つかるのが年に数度しかない。

 単に甘口〜大辛までが辛さの違いなら自分で調整できそうなものだが、この大塚のボンカレーは自分では調整出来そうな物でも無いから厄介。そういえば、ハウス食品のカレーホットも最近は見ない。

 茨木市の何処かに香辛料のプロショップが有ったが、次回近くを通れば、是も探さないと・・・。多分このカレーホット、一般市販品では無いのだろう。でも、カレーやカレーうどんに有れば便利。辛さを自由に調整出来る。

 是を教えた友人の所では、子供のカレーを作り是を入れて大人は食べるのに便利と使っていた。

 でも、このカレーホットの辛さでも調整出来ない「大塚のボンカレー・大辛」、リーのカレーとも違う辛さのカレー、自分はこの「大塚のボンカレー・大辛」が一番おいしいと思う。やはり昔食べたカレーの懐かしさ、自分に有るからかも知れない。

 また、自分もお友達も最近嵌りつつ有るのがタイカレー、自分は昔のスープカレーの時流には乗らなかったが、このタイカレーは時流では無いが美味しい物も有ると思う。ただ、中々新しい物が見つけられない。何れかと言えば、このタイカレーは中小メーカー製。

 ----------
★ ボンカレーゴールド <大辛>

 ハバネロをブレンドしたスパイスの辛さと旨さのカレー。

 内容量(1人分):180g
 1人分(180g)の栄養成分 <当社分析>

■エネルギー:146kcal
■たんぱく質:4.5g
■脂質:5.9g
■糖質:17.6g
■食物繊維2.2g
■ナトリウム:1.0g(食塩相当量:2.6g)
 ----------

※ 大塚食品株式会社:
 http://www.otsukafoods.co.jp/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2015年01月26日
20150126-01_s.jpg 土曜日、夕方にお友達に電話した。用件は、友人がアイフォンからアンドロイドに変更したメルアドにメールが届か無くなった。Gメールも有るが、其処に送信しても多分見ていない。

 そんなメールの一番確実な方法は返信、メールを自分に打って貰い其れに変身するのが一番。今の歳だとメールの「.」等は殆ど1ドットで見えない(爆)ので入力ミスも起こる。

 其れを電話すると、「寒いなー風呂行こうか?」との声が有った。其れではと行く事にしたが、外。先ずは夕飯をして置く事にしたが、何時も土曜の昼食以上に夕飯の外食は迷う。

 正直、外食で食べたいと思う物は殆どが酒の肴(爆)。其れではと一番に考えたのが「王将の餃子」、王将の餃子は「大阪王将」と「京都王将」が有るが、一瞬美味しいと思うのは大阪王将、是を2人前食べれば・・・。是は以前書いた通り、自分と同様の考えを持たれる方も多い様で、良く検索からのこのブログの閲覧者が有る。

 そんな王将、今回は京都王将で一番の売り上げ店、「空港線豊中店」に立ち寄った。車を止め店に入ると、待合の場所が満員、是ではゆうに30分以上待たないといけない。自分は待って食事などすることは殆ど無く、すんなり店を出る。

 車を駐車場から出し空港線南下しようと空港線に出た。隣はマクドナルド、パン嫌いな自分は入る事も無いが、今話題のマクドナルド、駐車場に車は一台も無く、店内を見ればお客さんが誰も居ない。ニュースやネットで話題の売り上げ不振、此処でも相当の影響の様だ。 

 王将の駐車場は以前から拡張されて、其れでも満杯。隣のマクドナルド駐車場には車は一台も無い。そう、夕食時間帯なのにである。このマクドナルド、以前はドライブスルー待ちの車が道路にはみ出す繁盛店だった。
 
 この空港線上には、ラーメン屋も多いが自分には全く興味が無い。この餃子の王将、今まで何度も訪れているが、ラーメンは未だ食べた事が無い。多分、餃子の王将でラーメンを食べた事は学生時代からしても5回も無いと思う。

 そんな空港線を南下していると、新装開店の「すき家」が有った。そう、以前から近くに24時間営業の「すき家」が有ったが、其処はご多分に漏れずの「すき家」問題で24時間営業は中止、それ以降は覗いた事が無い。

 その近くに新装開店したのが、「すき家・豊中曽根店」、あ空港線東側に有る。土曜、新装開店にしては駐車場に車は5台程度だったので久しく入った。店の前には新装開店の花飾り、店内は空いていた。

 ただ、店員が新しい為か、新しいメニュの為か、殆どのお客さんが注文品の待ちの方、今までの牛丼・味噌汁・サラダの様には上手く処理出来ないみたい。注文から配膳までやはり時間が掛かっている様で、其れに連れて普通の牛丼の注文にも遅れ。

 カレーも同様で、色々なトッピングで客単価の上昇を計る計画の様だが、未だ新しい新装開店の店、従業員が団子状態に見えた。暫くすれば落ち着くのか知れないが、従業員の声だけが大きく響いていた。

 空港線北行きと南行きの「すき家」、車の人間は余程の事が無いとUターンしてまで店に入らないので、この「すき家」はどの様な様子になるか見てみたい気がする。ただ、土曜の昼食弁当には余り牛丼自体話題には上らない気がする。

 そんな「すき家」で夕飯、夕飯後に支払いをすれば、記念品に箸を貰った。そう、何杯か食べたら、丼をくれればいいのになーとは思うが、その様な景品で是と言って残った物は無い。

(★ 後日、この箸を別の場所で使って見たが、物が滑り使いずらい。色も形も店舗の箸とは違う。)

 ただ、あの「寿がきや」のスプーンは話題として欲しい!。店で買えればいいと思うのだが、時々の通販でしか売っていない。

 その後、お友達の家でお茶して土曜日午後9時45分位に「彩都・すみれの湯」に行ったが、車が道路まではみ出ている。此処も駐車場に入るのに暫く時間が掛かった。此処はスーパー銭湯関西一の繁盛店との触れ込み。際もそう思うが、温泉としての自分への効きは無い。

 大阪北摂で今まで効いたと思った温泉は今は無い「太陽温泉」のみ、是は友人に聞いてもそう。ただただ廃業が惜しい。

 この「彩都・すみれの湯」、「天然温泉循環かけ流し」で我々には有名な所、此処の天然温泉かけ流しの意味は今までの辞書にない理解。

 ただ、お客さんの理解は普通のかけ流しとの思いで浴槽全てが温泉との理解だが、皆さん健康人。ただただ普通の大きな深夜までくつろげる風呂屋、普通と違うのは休憩室で漫画を読んでいる人が多いこと。是は他のスーパー銭湯には見られない傾向、深夜の客の年齢層は相当に若い。深夜2時まで、多分18歳未満の人間やカップルも多く居る。

 此処、午後10時以降は岩盤浴が安くなるが、今回は自分は普通の風呂だけにした。何か余りの肩こりに入れば以前の様に調子が悪くなる様な気がした。本当の温泉ならそのような事に成った事は無いが、此処では肩こりがひどい時に長風呂して余計ひどく成った事が有る。

 温泉と風呂、本当に肩こり・腰痛の酷い時には注意しないと余計調子が悪くなる事が有る。

 この日、午後10時過ぎにお友達と合流、深夜1時過ぎまで風呂と休憩室に居た。「マンゴ氷」を食べたが、マンゴの触感と味が何か不思議。「氷」はやはり「みぞれ」が有れば何処も問題が無いが、お金の取れない是が無い。この「マンゴ氷」、350円。

 ------------------------
※ 牛丼一杯の原価 牛肉が80gで80円など合計175.4円との試算(2013.11.01 16:00):
 http://www.news-postseven.com/archives/20131101_222682.html
 ----------概要----------
★ 知っているようで知らない牛丼の秘密に迫った:

・ 『牛丼一杯の儲けは9円』(幻冬舎新書)著者で経営評論家の坂口孝則氏
・ 牛丼一杯にかかるおおよその食材コストは
・ 牛肉80g=80円
・ 玉ねぎ10〜20g=5.4円
・ タレ30g=30円
・ ご飯250g=40円程度
・ これにお茶・紅ショウガ・紙ナプキンなどの諸経費20円
・ 一杯あたりの原価は175.4円
・ 人件費や家賃、光熱費などのコストを加え
・ 牛丼一杯あたりの儲けは10円以下という試算
・ 各社ともサイドメニューで稼ぐ形態にシフト。
・ 原価が10〜20円で利益率が高いジュースなどで利益を確保しているという。
・ ※SAPIO2013年11月号
 ------------------------
※ 餃子1個の原材料費「多く見積もって5円程度」(2014.01.21 07:00):
 http://www.news-postseven.com/archives/20140121_236159.html
 ----------内容----------
・ 中華料理チェーンの主力商品であるギョーザは1皿200〜300円
・ いずれも国産豚肉を使用したこだわりのギョーザ
・ 公認会計士・柴山政行氏が、「あくまで一般論」とした上で試算

・ ギョーザ1個当たりの重量を25gとすると、その内訳は
・ 豚肉が10g
・ キャベツが10g
・ 皮やその他の具材が5gほど

・ ここ1年の傾向を見ると、国産豚肉の卸売価格は1kg当たり500円程度で推移
・ 大量仕入れをすれば割り戻し(値引き)
・ 仕入れ価格は7掛けの1kg当たり350円程度

・ ギョーザ1個当たりに使われる豚肉の価格は、3.5円
・ キャベツは1kg当たり90円前後なので、0.9円
・ 皮やその他の具材、調味料などを合わせても、餃子1個当たりの原材料費は多く見積もっても5円程度
・ このほかに人件費や家賃、光熱費などの諸経費がかかるが、「高い利益を叩き出すギョーザは店にとってもありがたい商品」

・ 都内の中華料理店経営者は匿名を条件に本音を語る
・ 利益率を考えれば、ギョーザはシュウマイやチャーハンと同じぐらいうま味がある。
・ ただし単価が安いので、相当数が出ないと商売にはならない
・ 粗利が高い生ビールなどのアルコール類と一緒に注文が有りがたい
・ ギョーザをつまみに一杯、麺類やご飯もので締めて最低でも700〜800円の利益は確保出来る
※SAPIO2014年2月号
 ------------------------

※ 餃子の大将:
 http://www.ohsho.co.jp/
・ 空港線豊中店:
 http://www.ohsho.co.jp/shop/index.php?a=shop_detail&shop_id=79
※ マクドナルド:
 http://www.mcdonalds.co.jp/
・ 空港線走井店:
 http://www.mcdonalds.co.jp/shop/map/map.php?strcode=27673
※ すき家:
 http://www.sukiya.jp/index.html
・ 空港線(豊中西店・豊中曽根店):
 http://as.chizumaru.com/sukiya/articleList?account=sukiya&accmd=0&ftop=1&adr=27&redv=2
※ 彩都天然温泉すみれの湯:
 http://sumireno-yu.com/

    (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2015年01月25日
 Flash Playerを利用している方は、Ver.が

・ 「Flash Player」デスクトップランタイム(WindowsおよびMac):v16.0.0.287になっていますか???、成っていない方は直ぐに更新を・・・!!!

※ 「Adobe Flash Player」にゼロデイ脆弱性、定例外のセキュリティアップデートが公開:
 http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20150123_685102.html?ref=garank

    (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2015年01月25日
20150125-01_s.jpg 2015年01月24日(土)、今年に成って二回目の三田に行った。気温は結構低く、この調子では凍結を予想したが、少し道路が白い位で厚みが無いので普通に走れた。しかし、猪名川道の駅を過ぎれば部分的に濃霧。

 そんな中、Lの文字の有る2シーターの高級車がカーブ溝に右側2輪共落ちていた。濃霧の中のカーブのきつさ、先に見えるガードレール、此処は凍結時には何時も車が落ちている場所。この場所、凍結・濃霧の何れの時も車が前後輪2輪が落ち、溝が深いのでJAFを呼ばないと脱出不可能な場所。

 多分、車を運転されている方がこの場所を見られれば、何故こんな場所で落ちるの?と不可解に思う場所。実際落ちてる瞬間を見たことが無いので、自分でも不可解。でも、何時もこの場所では車が道路に刺さっている。

 以前にも書いたが、池田からこの猪名川道の駅を通り、三田に向かうこの裏道の事故危険場所は何ヶ所も有るが、多くの事故を見る場所は予想通りの場所と言う場合と全く予想もしない場所と言う物が有る。

 ただ、この道路で見かける事故車と言うのは、何時も高級車で新車と言う事。是だけは何時も変わらない。

 そんな中を三田に到着、早いので未だ店が開いていないだろうと思えば、電気がこうこうと点き、ストーブにも火が入っていた。しかし、気温はー2℃、底冷え。

20150125-02_s.jpg この日、欲しかった物は、多分有っても最後で有ろう蕪・ネギ・サラダ水菜・キヤベツ等が欲しかった。キヤベツを除き何れも有ったので何れも3個・3袋と買って、お友達の土産にも買った。この低温で野菜は何れも甘く、ネギなどこのー2℃でも普通に青い部分は凍らずに普通に畑に立っている。

 そう、糖度が高いので凍らないのです。でも、この糖度、有っていい物と有って良くない物が自分には有る。

 そんな野菜、有ってやはり売れるのが白ネギ等のネギ類と漬物、小松菜等の葉物野菜、大根・日本人参等の根野菜、これ等は殆ど完売。何時も最後まで残るのが白菜、今の街では大きな物は売れないのだろう。多分皆さん最近の方は煮物野菜もされない。

 そんな中、歳の頃なら50位の女性、漬物が好きで家で漬けているのですぐきを探されていた。このすぐき、自分は確かに京都以外で販売を見たことが無い。ただ、この女性は野菜の塩漬けに発生する乳酸菌の様相を知られなかった。

 三田の農家の若い方も知らない方も居るので、街では普通なのではとの事だつた。

 この日の帰路、何故か反対車線は何時もより空いていた様に思う。

20150125-03_s.jpg そうそう、この日の昼食は、「なか○」のミニ牛丼とうどん、久しくいたお友達、このお友達が居れば何時も「なか○」の饂飩。何故かこのうどんが好きらしい。人の好みと言うのは本当に判らない。是、美味しい不味いにも関係が無い。

    (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2015年01月24日
20150124-01_s.jpg 大根を薄く幅5mm程度のスラーサーで突いて、葉の先の柔らかい部分と薄塩漬けにし、一夜漬けとして良く食べた。この冬の大根の季節、漬物とはまた違った味わいで母親が良く作っていた。母親が居た時には大根の漬物は一年中、大きな樽に漬かっていた。

 そんな冬の大根の一夜漬け、今まで誰も丸くスライスした物の一夜漬けを見た事も食べた事も無い。其れを今回やってみたが、大根葉を刻んだ物をボールに入れた時、昔田舎で鶏の餌に大根葉を刻まさされた物を思い出した(爆)。

20150124-02_s.jpg 輪にスライス、10分ほど漬けた物を食べて見たが、大根の漬物の輪切りと同様、パリパリと固い。多分明日まで漬けても同じだろう。輪のままでは多分たべずらい。昔に無い物、何故無いのか、是もやってみないと判らない。

 是は美味しいと貰った京都一の傳「西京みそ漬」、外の味噌は全て除くか、附けて焼くか、是も好みで二分される。ネットの京都一の傳のページには、「味噌を附けて焼けば焦げ易い」と有った。

20150124-013s.jpg20150124-014_s.jpg 実験すると、記載の通り。綺麗に味噌を取り去って焼いた物は焦げは少ない。ただ、味噌を附けて焼いた物も、綺麗に取り去って焼いた物も味は美味しく変わらない。

 京都一の傳「西京みそ漬」、お友達から美味しいと頂いたが、一切れ500円を超える高級品、小市民には美味しくて当たり前な気がする(爆)。

※ 西京みそ漬 京都一の傳:
 http://www.shop-ichinoden.jp/

    (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事