掲載:2014年05月06日
20140506-01_s.jpg20140506-02_s.jpg 西日本で次々に死者が出ていると言う「マダニ」に噛まれた事に寄るウイルス感染、ウイルスは、「SFTF(重症熱性血小板減少症候群)」と言うらしい。現在の所、重傷者や死者は西日本にしか出ていないが、「SFTF」ウイルスを持った「マダニ」は日本全国何処でも見つかっている。

 「マダニ」は日本全国の何処の草むらの何処にでも居て、注意が必要である。全ての「マダニ」にウイルスが居る訳では無いが、注意は同じである。噛まれても判らず、噛まれればそのまま何倍の大きさにも成る。また、噛まれた「マダニ」を無理には取り除かない。無理に取り除けば、ダニの歯が皮膚に残り化膿する。噛まれれば、適切な医療機関で処置をして、経過回復を観察する必要が有る。

 このウイルスへの効果あるワクチンは無い。自然治癒。また、ウイルスの潜伏期間は6日〜2週間。噛まれて感染の症例は5月に最も多く、3月〜9月に報告がある。

20140506-03_s.jpg20140506-04_s.jpg20140506-05_s.jpg

★ 国立感染症研究所「マダニ対策、今できること」:

≫重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に関連して、一般の方向けのマダニ対策に関するパンフレットを作成致しました。

20140506-06_s.jpg20140506-07_s.jpg20140506-08_s.jpg

内容
1.マダニの生息場所
2.マダニから身を守る服装
3.マダニから身を守る方法
4.忌避剤の効果
5.参考資料
1.マダニの分類とマダニ媒介感染症
2.マダニ媒介SFTSとは
3.マダニの生活環

詳細は、以下のリンクページをご覧下さい(此処の画像に同じ)。

※ 国立感染症研究所:
 http://www.nih.go.jp/niid/ja/
・ マダニ対策、今できること:
 http://www.nih.go.jp/niid/ja/sfts/2287-ent/3964-madanitaisaku.html
・ 「マダニ対策、今できること」 (ダウンロード: 3MB) :
 http://www.nih.go.jp/niid/images/ent/PDF/madanitaisaku20131105.pdf

   (*ー‥ー*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事