掲載:2014年05月05日
20140505-01_s.jpg 2014年05月02日(金):ロケみつフライデー、「24時間うどんを踏み続けるとどうなる?」を麺好きとしては興味あり聞いた。若手芸人の「暇リサーチ」。

 15Kg90玉分の下練りした小麦粉を譲り受け、其れを24時間踏み続ける。通常のうどんは30分程度。

 1時間で踏んだ歩数?は、万歩計で7767歩だったか。最初より硬く成る。

 数時間連続で踏んで、折り返しも出来ない位に硬く成る。是では実験出来ないと、生地を休ませ緩和さす事に計画変更、硬く成るのはグルテン。

 実験は連続して踏むのでは無く、30分踏んで15分休ます事で実験を継続。実験で踏んだ人間は2人、踏んだ回数は67964歩?、折りたたみ回数114回。

 【結果】

@ 写真のセンターの物は30分踏んだ物、左に半分写る物のが24時間、だれる。
A 餅の様である。
B 切れば、元に戻る力が強く、蛸の様に動く。
C 30分踏んだ物は白いが、24時間踏んだ物は、冷麺の様に茹でた物は半透明に成る。
D 生地にだれは出るが、弾力は測定の結果1.5倍に成る。
E 独自のこしがあり、気に成る味は、普通に美味しい!。
F 弾力あり、加熟成で小麦のうまみが出る。
G 但し、表面は空気に触れ、ぼろぼろで、歩留まり悪い。

 どれほど味が変わるのかが不明だった。弾力だけなら、作る小麦を中力粉から強力粉にするか、小麦粉を変えれば味が変わると言うなら、グルテンを追加すれば良いのだが・・・。また、加熟成と言うなら、寝かせる時間の問題、単に暑く無い場所に寝かせればよいだろう。

 味に変化が無ければ、余り意味の無い実験なのかも知れない。味の変化を化学的に検証して欲しかった。其処まですれば、所さんの「目がテン」の様に意味の有る番組に成る。

 「暇リサーチ」、暇な芸人が多いので、サーチ内容を募集中とのこと。

※ ロケみつフライデー:
 http://www.mbs.jp/888/

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事