掲載:2013年03月31日
20130331-01_s.jpg20130331-02_s.jpg 毎週土曜日の昼食シリーズ、昨今目新しい物が無いとの事で先週と同じ「庄内豊南市場横のフライで弁当」シリーズ(爆)。当然お店が違う。

 本日のお店は、「肉のふじ」の揚げ物シリーズ。フランクフルトも有るとの事だったが、小生是は遠慮した。そう、フランクフルトは如何なる物でも「明宝フランクフルト」と比べてしまう小生の基準が是、今まで是に勝る物が全く無い。

 是を除いた、コロッケ70円と正体不明の揚げ物、値段を聞くのを忘れたが、四角い棒状の揚げ物。今回の揚げ物は先週の揚げ物と違い、油切りが良く出来ていたので包み紙に附いた油は少し。

20130331-03_s.jpg20130331-04_s.jpg コロッケはカレー風味で内部は芋ペーストで極普通、正体不明の揚げ物、味はと言えばパン粉と何かレバーペーストの様な味、一人は是は「あかん」とソースを一杯かけて食べていた(爆)。

 カレーコロッケ、今まで肉屋さんのコロッケで美味しいと思った物は西村牧場の手作りコロッケ、やはり明宝ミートも美味しかった。

 今回のコロッケ、皆の評価は「まーこんな物か・・・」、庄内シリーズ、残すは後1軒(爆)。

※ ある日の昼食・「庄内豊南市場横のフライで弁当」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/350924142.html
※ そうだ!旅に出よう!!!道の駅・明宝「磨墨の里公園・めいほうミート」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232449246.html
※ 道の駅・「明宝、磨墨の里公園」(2012年10月紅葉):
 http://m-jun.seesaa.net/article/300611615.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2013年03月30日
20130330-01_s.jpg お友達から「どぶろく」を貰った。小生、若い頃は白川郷のどぶろくまつりに参加するほどのどぶろく好き。当時のどぶろく祭りには今の様な観光客参加型の祭りでは無く、素朴な村の祭り。付近の方がコンロを持ち出してスルメ・乾き物を焼いて1日飲むと言う、村のとんどと同じ様な物だった。

 そんなどぶろく、暫く置くと分離したしたのでそのまま置いて上澄みだけ飲んだ。是が本当の生酒、日本酒の元、本当に久しく美味しい本物の日本酒を頂いた気がした。昔の日本酒はこんな味だったなー。また入手しよう!。

20130330-02_s.jpg20130330-03_s.jpg20130330-04_s.jpg

 そんな酒の肴は自家製、大豆の炊いたの。昨今、煮豆は面倒くさいと皆は市販品を買う。大豆、これを子供も食べる様に甘い味の附いた物に仕上げるには本当に時間が掛かる。そう、黒豆の炊き方に同様である。

 其処で、小生はワカメを入れる。是で粘度を附け味を絡めれば美味しい。料理で、この色を気にするなら、根昆布を一晩水に漬けてあのねばねば液を最後に入れ大豆を炊けば、ワカメの様に色の附く事は無い。

 この方法では、大豆浸け置きに6〜8時間、茹で溢しと炊くのに1時間程で本当に美味しく頂ける。材料は砂糖・塩・醤油・ワカメで、ワカメ(乾燥ワカメ等)は最後の15分前の煮詰める時に入れ、ワカメの形が崩れるまで炊く。水が無くなれば足せばいい。

 写真は先祖帰りした黒豆の黄大豆、真ん中は黒目の大豆(三田産)の煮物、右は是にワカメを入れた物で断然美味い。

 しかし、懐かしさでもう一度、大豆と鮒の煮物は食べてみたい。

※ 黒豆・先祖帰りか?突然変異種?の黄大豆?を炊いてみた!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/343387261.html
※ 土井勝(土井善晴)先生の「失敗しない黒豆の炊き方」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/115548394.html
※ 丹波篠山の黒豆はまん丸(黒豆の枝豆から煮豆までの状態):
 http://m-jun.seesaa.net/article/174007634.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2013年03月29日
20130329-01_s.jpg20130329-02_s.jpg 夕食をした後は帰阪のみ、以前は良くPやSAの自販機の缶コーヒーを飲んだ物だが、昨今の愛知・三重・岐阜の旅の最後は「コメダ珈琲」での珈琲と一品が恒例。高速上のコーヒーも少なく成った。

 今回も前回桑名と同様、「コメダ珈琲・桑名中央通店」を訪れた。桑名市街、昼は結構な車の通行が有るが、夜に成ると本当に車も少なく成る。しかし、このコメダ珈琲店は何時も何処でも結構な人の入り。

 今回は道路側の駐車場が開いていたので其処に車を入れ、早速店内、席は禁煙席(爆)。

20130329-03_s.jpg 注文は、たっぷりホットコーヒー(480円)とたっぷりミルクコーヒー(480円)、其れに前回も食べたこだわりの珈琲ジェリー(480円)の3品。

 是を美味しく頂き小1時間、桑名ICから高速に入り帰って来た。しかし、当日は少しの雨と突風、ハンドルにも力が入る。何故車が流れるのが酷いのかと思えば、未だ前輪にスタッドレスを履いていた。

 この突風、桑名ICから名神茨木IC位まで続いた。突風のおかげでゆっくり走ったので、帰りも3時間余り掛かった。でも、無事帰還。

 土曜日、前輪をスタットレスから夏用タイヤのポテンザに履き替えたが、このタイヤも今年持つかどうかの山、タイヤ交換、安全に走るにはタイヤも本当に重要。次もポテンザを履きたいのだが、載って静かなのはレマン、是は少し性能が落ちる。

※ コメダ珈琲・桑名中央通店(2012年12月)
 http://m-jun.seesaa.net/article/306401860.html
※ 珈琲所 コメダ珈琲店 ホームページ:
 http://www.komeda.co.jp/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2013年03月28日
20130328-01_s.jpg20130328-02_s.jpg20130328-03_s.jpg

 昨年末、本当に気持ちよく美味しい大須賀産地蛤とうどんを食べた「歌行燈」本店を再度訪れたのだが・・・。

 今回、桑名では「歌行燈」に行く事は決めて居たが、本店以外も食べてみたいと思っていた。其処でネットで調べると、蛤料理は本店と桑名駅前店にしか無い事が判った。桑名駅前店は高速桑名ICから一般道を桑名市街に入る鉄道高架橋横に有る。

 車では余り入り易い場所では無いので、やはり本店にした。夜は込んでる?かと思っていたが、店横の駐車場には車が3台、店に入ると直ぐ奥に案内された。

 この「歌行燈」の蛤料理は4種類。其処で、前回も食べた「焼蛤御膳(税込み:1974円)」と「蛤づくし御膳(税込み:2415円)」、其れに、何故此処で明石焼きかと不思議に思った「揚げ明石焼き(税込み:380円)」の3品にした。我々には結構な豪華夕食、〆て4769円は鰻に次ぐ豪華さ(爆)。

20130328-04_s.jpg20130328-05_s.jpg20130328-06_s.jpg

 桑名・大須賀産の蛤は本当に美味い。そして、焼けば1個1個味が違う。是は大須賀漁連の直営店、「はまぐりプラザ」食堂「はまかぜ」で初めて知った。しかし昼のみ営業の予約制(予約せずとも蛤は食べられる)。

 その他の店では1個ずつ焼くと言う物が無いので、美味しさは変わらないが、この味の違いを味わう事は出来無い。もっとの高級店では味わえるだろうが、庶民には無理。

 注文後、程なくして焼き蛤のコンロが運ばれて来て食べ頃の説明を受ける。この貝の食べ頃と言うのは本当に微妙、程よく開けないと貝柱が上手く外れないし、時間を過ぎれば貝が硬くなる。貝の数が多いほど、この貝の開く頃合が難しい。相方の焼き蛤は3個で上手く焼けた様だったが、小生の物は5個、1個は上手く貝柱が外れなかった。でも、本当に美味。蛤、昔は普通に近隣の市場に売っていた物なのだが・・・。そう、昔は国産しかない。

 次に運ばれて来た物は、「揚げ明石焼き」、是は明石焼きを油で揚げた物、桑名が蛸で有名とは聞いた事が無いのだが、たこ焼きでも無く明石焼き。この違いはメリケン粉(小麦粉)の変わりに「じん粉」と言うグルテンを抜いた粉を使う点。

 しかし、明石には揚げた明石焼きと言う物は無く、味も様相も明石焼きでは無かった。是は勉強代と成った(爆)。

20130328-07_s.jpg20130328-08_s.jpg20130328-09_s.jpg

 次にメインのうどんと他の料理、先ずはうどんに手を附けたのだが、うどんが見事に”だれ”ていた。一般的なうどん専門店ならうどん玉から作り変える様なだれ様、是は正直、本日の訪問は大失敗。

 確かに当日は桜も咲こうと言う気温、棒目の予測違いと言う事も有ったのかも知れ無いが、訪問は夕時、専門店なら昼から玉を作っても間に合う時間だったので本当に残念。

 そんな事で、やはり料理の色々な点を見てしまう。前回と天婦羅の揚げ方も違う。最後の茶碗蒸し、是も温め直しと思われる程に硬く、椀横の泡まで硬く固まって見えた。

 仲居さんの応対は以前と同様に心地良く、本当に頑張って居られるのに是は本当に惜しい。以前とは全く異なるチェーン店の味と成っていた。是が昼と夜の違いなのか、観光客相手のお店の様相。当日、美味しかったのは、蛤の焼き物のみの結果と成った。

20130328-10_s.jpg20130328-11_s.jpg20130328-12_s.jpg

 蛤以外の料理、家に帰り前回の写真と見比べて見た。天婦羅のエビの尻尾の処理が違う。と言う事は、料理人が明らかに違うとの結論。

 老舗、季節違え何時なんどき食べても同じ物は同じ味、是を老舗と思うのだが、今回の訪問では結構失望した。本当に、経営者には少し見直しを頂きたいお店である。このままでは、本当に惜しい。

 そうそう、今回食べた桑名の蛤、良く見れば桑名産蛤の特徴の二本の縞模様が殆んどの物に見られた。そう、黒い色の蛤にも。

※ 風流・うどん・そば料理「歌行燈」本店で桑名産蛤を食べる(2012年12月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/306398773.html
※ 桑名「はまぐりプラザ」食堂「はまかぜ」(2012年春):
 http://m-jun.seesaa.net/article/260225188.html
※ 国産ハマグリの外観的特徴と桑名のハマグリ:
 http://m-jun.seesaa.net/article/294518279.html
※ 株式会社 歌行燈:
 http://www.utaandon.co.jp/

   (*ー‥ー*)」 イヨッ
掲載:2013年03月27日
20130327-01_s.jpg20130327-02_s.jpg20130327-03_s.jpg

 先月、寿がきや「名古屋流カレーうどん」をお友達から貰った。中々美味しいカレーうどん、小生の思うカレーうどんに近いインスタント麺だった。

 小生は今まで数多くのカレーうどんの試作実験をしたが、完成せず、諦めた。しかし、是が美味しいと言うものは口の中に残っている。それでは!と愛知県の有名店、「若鯱家」に行って来た。

 カレーの美味しい物とカレーうどんの美味しい物は異なる。一般的カレーうどんは多くの場合、その店の特徴を出すのは本当に難しい。其れは。何十杯も試作してカレーうどんを出汁から作って食べて見れば判る。

 平均点のカレーうどんを作るのはいとも簡単。適当に家庭で作っても、ほどほど美味しい物は直ぐに出来るし、即席で作ってもそこそこ出来る。

 今回の「若鯱家」、ネットで読めば色々な意味で話題のお店、皆さんの口コミは普通、そんな物を食べて来た。

 今まで愛知・岐阜で食べたカレーうどんは、是もご当地発祥のお店の「サガミ」。

20130327-04_s.jpg20130327-05_s.jpg 店舗は近辺に行けば必ず立ち寄るアピタ桑名店3階にある「若鯱家」アピタ桑名店、注文をネットで見て決めて来たので早速店内に入る。

 入口には先日発売になった日清食品の「若鯱家カレーうどんカップ麺」が3個入りで置いて有った。

 小生の注文は「カレーうどん定食」トッピングは4種より選べ、名古屋では是と「味噌串カツ」にした。2本の1本なら食べられるだろう。相方は「カレーうどんとご飯のセット」、味噌カツを1本ずつ食べた。当然、八丁味噌に30%程度の砂糖の入った甘味噌が掛かっており甘い。でも、少しでも食べておかねば傾向も判らない。

 これ等を注文、10分少しして注文の品が運ばれた来た。先ずはうどんの太さに驚いた。うどんは太麺、小生は伊勢うどんを思い出した。ただ、伊勢で食べた伊勢うどんはもっと太く、小生の小指以上の太さで、汁と言うか出汁は甘く小生の好みに合う物では無かった。それ以来、伊勢うどんは食べた事が無い。

 そんな「若鯱家」のうどん、充分に腰の有る太麺、昨今良くある讃岐うどんチェーンに遜色の無いうどんであった。

 そして、問題のカレーあん、是は、最も普通の味。でも、不味くも美味しくもこの店の特徴の有る物でも無く、極々普通のカレーうどんで有った。

 でも、是で良いのだろう。カレーうどん、特徴の出すのは本当に難しいが、特徴を作れば好き嫌いも大きく附いて回る。究極を作れば味の維持が本当に難しい。其れからすれば、誰にでも食べられる普通を維持する事が誤りの無い事なのかも知れ無い。是は、カレーのココイチにも通ずる所がある。

 合えて特長を作らない、其れが特徴と言えば言えなくも無い。ただ、特徴が無いだけに「レジ」横に有ったインスタント麺は買わなかった。そう、CP値が悪い。スガキヤの「名古屋流カレーうどん」なら100円以下、それで美味しい。

 名物カレーうどんの「若鯱家」、チェーン店のカレーうどんとしては充分に美味しい。因みに、横に座られた家族、普通に蕎麦・うどん・丼を注文、カレーうどん以外の物を好きに食べて居られた。近隣の方には、普通のうどんと蕎麦のお店。

 ただ、1点気に成った事は、材料の薄揚げ、材料そのままの利用なのだろう、カレーにも負けない冷蔵庫臭がした。

※ 初めて食べた・寿がきや「名古屋流カレーうどん」(乾麺):
 http://m-jun.seesaa.net/article/321918668.html
※ カレーうどんの必須条件:
 http://m-jun.seesaa.net/article/115816015.html
※ 寿がきや食品株式会社:
 http://www.sugakiya.co.jp/
※ 若鯱家 アピタ桑名店:
 http://www.wakashachiya.co.jp/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2013年03月26日
20130326-01_s.jpg20130326-02_s.jpg20130326-03_s.jpg

 桑名のアピタに行った。目的は此処アピタ3階にある「若鯱家」のカレーうどんを食べること。それ以外の目的は、春に向けて自分の寸法に合う靴とズボン(パンツ)を探す事、そして何時ものご当地即席麺と味噌の購入。

 何時より1時間遅く家を出たら、桑名に着いたのは1時間以上半余計に掛かった。高速京都・亀山近辺の渋滞と桑名以降に事故、其れで本当に遅く成った。大阪⇔桑名の距離は名神・新名神を使えば片道約155Km、休日込んでいれば片道3時間半も掛かる。

 京都・亀山の渋滞が無ければ大阪から約2時間で到着する。この日、バックミラーとサイドミラーを全く見ない女性運転手のおかげで、時速80Kmのあと1mで激突。昨今、休日にはこの手の運転手が本当に多い!。この様な前しか見ていない・見えない運転レベルの人間が免許を持つのは本当に可笑しい。オートマ免許が有るのも可笑しい。こんな馬鹿な免許が有るのは日本だけ。

 今回、車線は違うが、この運転手の目線が後ろから判るほど接近していた。相手は走行車線、小生は追い越し車線、小生の前には車間距離を置いて車。其れが、指示器を出して一回の点滅も無いまま車線変更、当然、シフトダウンと連続のクラクションとフルブレーキ、小生の後ろの車も急ブレーキ、トルクコンバーターは潰れそうな大きな音を上げ、道路には長ーい黒の2本線が附いた。直線で本当に良かった。

 昨今、自身が注意しても危険が一杯、貰い事故は本当に避けたい。今ドライブレコーダーが前後左右に4台欲しい。警察も自分の都合で動くので信用なら無いし、人間は自分の都合よく嘘を附く。自身の正直だけでは今の世の中全く通らない。

 疑われるだけで腹を切った武士道日本も、其れを補う道徳・哲学を教えるまともな宗教も、今の日本には何処にも無い。本当に、日本も日本人も今の世界も狂っている。その様に思う事が、昨今多々身近に有り起こる。

 危険を何とか回避、桑名のアピタに着いた。此処のアピタ、小生の近隣のスーパーより昨今良く知るスーパーかも知れない(爆)。

 先ずは靴、小生の寸法に合うのは何千足有ろうと中々無い。足の寸法は26Cmと背丈にすれば小さいのだが、甲が高く幅が広い。ようやく見つけた1足の26Cm、余りのピッタリで幅が無い。この靴の27Cmなら丁度かもと靴棚や横の箱を見たが、27Cmだけが無い(爆)。横にも同様な格好の靴が有ったが、是は甲が低く入らず。

 相方が店員の方に聞いてくれたが、やはりこの寸法だけ無かった。他の種類の靴の28Cmが有ったが、是は流石にでかく、足先2Cmも開いてがばがば!。結局買うのを諦めた。

 次にパンツ、大きなサイズと言う棚が有った。其れは2列、先ず腰周りに合う寸法のパンツが6本、履けるパンツは3本、試着したが股上が短く、何とか履けると言う物は1本、但し、100%化繊で買うのを止めた。そう、煙草で直ぐに穴が開く(爆)。

 靴屋・服屋、何処の店に行っても、百貨店や大型店に行っても、

「はい、有りますよ!、お好みの色は?」
「いえ、色や好みの問題では無いのです!。とにかく寸法の合う物を・・・」
「では、此方に・・・」

 と案内されるが、結局は数着とか数足、合わせて見れば結局は合わない。規格外れの寸法の人間は本当に苦労する。最後は山の店の外国ブランドの外国製となってしまう。是でも合えばいいほう。ちと、是だけは本当に困る。

 靴も服も、やはりアピタ(ブランド)に合う物は無い。やはり無理。

 1階のスーパーに行く。次に探す物はご当地即席麺、此処には寿がきや製品が、生・半生・乾麺の多くが揃っている。早速、前回普通の5食パックだったので買わなかった「味噌にこみうどん」の6食パックが有ったので2パック買った(爆)。

 この寿がきや「名古屋流カレーうどん」も欲しかったが、是は名古屋市内にも中々無いらしい。他に3パックの安価なイトメン(播州メーカー)の無塩ラーメンを買った。5食入り176円、大阪では特売でも268円。このラーメン、麺が素麺の様な感じで結構好き。

 味噌は、一般調理用にイチビキ無添加赤だしを買った。お味噌の特徴を生かした物には、角久の八丁味噌を使っている。豆味噌は本当に好き、昔から食べて来たと言う事に有るのだろう。八丁味噌、まるやの味噌はスーパーでは中々売ってない。

 現在、ネットで確認出来る100%豆味噌(原材料:大豆・塩)は、カクキュー・まるや・はと屋の3軒しか見当たらない。

※ 寿がきや(SUGAKIA)・名古屋名物「みそ煮込うどん」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/271394007.html
※ 寿がきやの袋麺は「みそ煮込みうどん」が一番好きです!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/309350530.html
※ アピタ桑名店:
 http://www.apita-kuwana.com/
※ イトメン株式会社:
 http://www.itomen.com/
※ イチビキ株式会社:
 http://www.ichibiki.co.jp/l
※ 八丁味噌 カクキュー:
 http://www.kakuq.jp/home/info.htm
※ 株式会社 まるや八丁味噌:
 http://www.8miso.co.jp/
※ はと屋:
 http://www.hatomiso.com/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2013年03月25日
20130325-01_s.jpg 2013年03月23日(土):Jam Session:HOST:長沼涼子(P)・清水邦彦(B)さん:JAZZ Cafe・きょん:PM7:00〜を聞いて来ました。本当にきょんと言うか、音楽を聞くのは久しぶり。到着は結構遅れて午後8時。

 其の前、友人は仕事で枚方に行った。しかし、1時間半しても到着しなかった。そう、色々な所で渋滞した模様。報道では桜が咲いたとのこと、でも未だ花見には早いだろう。

20130325-02_s.jpg20130325-03_s.jpg20130325-04_s.jpg
20130325-05_s.jpg20130325-06_s.jpg20130325-07_s.jpg

 小生の思う近辺の桜の凄い場所は吉野と醍醐寺、此処だけは本当に素晴らしい。他の場所は普通、でも是から暫くの報道は花見に成るだろう。折角の季節、酒飲みが馬鹿に成らない様に祈るのみ。小生も酒飲みで気持は判らぬでも無いが、何れの場所でも酒飲みが逸脱しない様に祈るのみ。

20130325-08_s.jpg20130325-09_s.jpg20130325-10_s.jpg

 当日の午後8時、当然この時簡に行けば駐車場は満杯、他に駐車した。本年のこの寒さで体調を崩し、ようやくの回復、しかし昨今の気温変化、まだ本調子には戻らず。

20130325-11_s.jpg20130325-12_s.jpg20130325-13_s.jpg20130325-14_s.jpg

 でも、本当に音楽と言うか、生の演奏はいい。楽しんで写真を撮ったが、やはり色々と何時ものパターンから外れ、看板撮影も忘れてしまった。

20130325-15_s.jpg20130325-16_s.jpg20130325-17_s.jpg20130325-18_s.jpg

 本日の演奏家の皆さんは本当に調子がいいと言うか面白かった。長沼さんのMCと言うか仕切りも最高!。そんな中、本当に久しぶりに此処きょんのセッションに鈴木さんが現れた。

20130325-19_s.jpg20130325-20_s.jpg20130325-21_s.jpg20130325-22_s.jpg

 佐々木さんの演奏を聞きながら少し話したが、皆さんの演奏が色々と変わりつつ有るのが面白い。そうそう、谷垣さんの歌うたいも本日は快適だった。肩こりも一掃出来たらしい。

20130325-23_s.jpg20130325-24_s.jpg20130325-25_s.jpg20130325-26_s.jpg

 そんな中、目が疲れて・・・とのミュージシャンも居られた。そう、PCモニターを1日見て作業していると本当に疲れる。朝一番と夜では本当に雲泥の差、そんな方に目の体操を勧めた。

20130325-27_s.jpg20130325-28_s.jpg20130325-29_s.jpg

 小生は未だ続いている。今までは左目の複雑乱視も有った小生だが、この目の体操と、気が付いた時だけの紫のジュースで本当に助かっている。ま、皆さんも騙されたと思って。

20130325-30_s.jpg20130325-31_s.jpg20130325-32_s.jpg

※ 目の運動とブリーベリーの大量摂取は確かに目に効きます!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/310723050.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2013年03月24日
20130324-01_s.jpg20130324-02_s.jpg20130324-03_s.jpg

 何時もの友人事務所での昼食、何時も当日の新聞ちらしを見る事から始まる。当日のスーパーのちらしの内容は九州食材とお米の安売り。その他は例の如く大手電気店の広告、後は不動産・パチンコ・携帯電話、其処に某寿司店の広告。

 昼の弁当食材に目ざとい物は無かった。其処で一人の友人が、庄内のコロッケはどうですか?と言う話に成った。

 揚げ物だけで・・・、其処で、庄内の豊南市場近辺のコロッケとミンチカツ、ローソン100のキヤベツサラダとソースにすき家のご飯。

20130324-04_s.jpg20130324-05_s.jpg 皆、揚げ物の油が気に成ったが、コロッケ1個35円、ミンチカツ1個60円、1人2個ずつの購入、キヤベツは105円、ソース105円の購入で昼食。

 揚げたてを持ち帰ったので、結構美味しく頂いた。しかし、袋を開けた時の包み紙はぎとぎと、置いた写真の新聞紙の下までぎとぎとに成った。

 皆の言葉は、「これ、2度は無いなー。」

 皆、歳行った。若く無いので、全て油物はきつい(爆)。

 当日の水は、先日120Lほど取水してきたと言う、神戸ウォーター。食べ終わって、水だけは一杯飲んだ!。

※ おいしいお肉、蔵雄ポークとコロッケの「肉の森田屋」:
 http://www.moritaya1129.com/
※ ダイリキ:
 http://www.dairiki.co.jp/shops/index.html
※ 豊南市場:
 http://hounanichiba.com/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2013年03月23日
20130323-01_s.jpg 韓国に対するサイバーテロが発生した。一般のPC/サーバーが如何に弱い防御体制か露呈した格好、今回はセキュリティー供給サーバーからウイルスが進入した?とのTV報道の様に思えたが、情報は只今調査中と言う。

 現在までに判明した事柄は以下。

----------(グーグル翻訳)----------
★ 韓国大規模サイバーテロ、MBR(マスターブートレコード)破壊だけでなく、HDD全消去される ―米シマンテック社報告

 韓国の銀行、生命保険、損害保険会社、金融機関、TV放送局などが深刻なサイバー攻撃を受けている。
我々シマンテックは現在、サイバーテロについて詳細な分析を行っている。
現時点で、我々はマルウェアとして以下のアクションを実行することを確認した。

・ テロでは自分自身を参照するファイルマッピングオブジェクトを作成している。
 JO840112-CRAS8468-11150923-PCI8273V
・ テロではウイルス対策/セキュリティ製品ベンダーに関する2つのプロセスをkillしている。
 pasvc.exe
 clisvc.exe
・すべての接続ドライブを列挙して、MBRおよび文字列 "PRINCPES"もしくは "HASTATI"のいずれかを書き込むことによって、そこに保存されているすべてのデータを物理的に上書きすることから始まります。そしてハードディスクの内容をすべて完全に消去します。

・この脅威は、侵入先のコンピュータに接続されているか、またはマップされたドライブ上でアクションを実行しようとしています。

・強制的にドライブのMBRやドライブの内容などを攻撃し、システムは使用不能になります。"shutdown-r-t 0"

この攻撃は潜入の兆候を見せずに行われています。攻撃の本当の動機も不明ですが、朝鮮半島の政治的緊張のランプアップが起因している可能性があります。

 Symantecは、今後さらなる情報を公開します。

★ ソース シマンテック社(英語) 2013/3/20
※ South Korean Banks and Broadcasting Organizations Suffer Major Damage from Cyber Attack
 http://www.symantec.com/connect/blogs/south-korean-banks-and-broadcasting-organizations-suffer-major-damage-cyber-attack
----------

★ 現在、世界中には無料のセキュリティーソフトや無料ソフトが有るが、日本語で配布される物の中には、政治的問題国の物も多くある。このような国の物には、自分達にだけ開けられる穴を設けて置く事は、国家戦略として一般的に考えられる事である。個人での防御は、同様ソフトは排除し、信頼できるソフトを使用すべきで、その他ソフトも注意が必要である。

   (*ー‥ー*)」 イヨッ
掲載:2013年03月22日
20130322-01_s.jpg この画像、小生このブログの昨日の検索ワード。つまり、検索エンジンから来られた方がどのような検索ワードで小生のブログ閲覧をされたかの結果です。これ以下にも1件ずつのキリン・ポンポコの記載がありますが、此処に出ているだけで「キリンラーメン」が55件。「ポンポコラーメン」が23件の検索ワードが有ります。

 知らない方の為に少し書くと、この2つのラーメンはスガキヤのラーメンと合わせて、愛知県のご当地ラーメン。スガキヤの数点のラーメンは大阪でも見かける事は有りますが、この「キリンラーメン」と「ポンポコラーメン」は、愛知県のスーパーでも中々見かけないと言うレア商品。

 今回のワードを見渡すと、皆さんの検索の内容はどうも販売店の様だ。「キリンラーメン」はある程度、近隣他府県への展開がある様だが、「ポンポコラーメン」はHPに記載ある販売店でしか入手出来ない様に思われるが、其れを皆さん見つけられない様だ。

 当然、2社とも通販をして居られるが、手に取って買うと言う楽しみは格別。出会いはやはり楽しい物で、現在は殆んどの物が通販で買えるが小生も通販で食料品は買わない。

 小生は、旅した時の楽しみに取って置く。

 「キリンラーメン」販売の可能性が有る店の情報と「ポンポコラーメン」販売店のメーカーページへのリンクは以下のページリンクから。

 しかし、是ほど長く小生のブログの上位を占めた食べ物話題は未だかって見た事が無い。

※ 40年の昔味「ポンポコラーメン」・「キリンラーメン」を食べて見た!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/304623783.html
※ 「キリンラーメン」・ブログ記事閲覧1位の意味が判った気がする!
 http://m-jun.seesaa.net/article/343834627.html

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事