掲載:2012年12月11日
20121211-01_s.jpg20121211-02_s.jpg20121211-03_s.jpg

 先日のめいほうベルグコテージと飛騨小坂「平氏ヶ原」の旅、道の駅「パスカル清見」で買った乾麺の飛騨清見「十割そば」、路地野菜の大根が美味しくなって来たので食べて見た。

 十割そばの乾麺、昔も何処かで買った事が有るが、茹でただけで蕎麦は折れて短くなり蕎麦自体もぼそぼそ、其れから乾麺の十割そばは買わなく成った。しかし、昨今其れも無いだろうと今回買った。そう、製麺方法も進んでいる。

 昔の手打ち蕎麦、本当に昔の石挽き全量粉を使った蕎麦は本当に食べられなかった。口に刺すし、ぼそぼそだし、短いし・・・。山の中の実家で個の様な蕎麦を食べた人は今も蕎麦は食べない。そんな事で、江戸時代の蕎麦は蒸篭(せいろ)に入れて蒸した物も有った。その名残が蒸篭蕎麦。ざる蕎麦も同様かも知れない。

 石挽き蕎麦と言うだけで食べない人も小生の知り合いには居る。この人間は、山の中の産まれ、山の中で米は取れず、子供の時は蕎麦を食べさされたと言う。何もかもが昔がいいのでは無い。昔は蕎麦より小麦の方が高価。なので二八蕎麦も作れない。

 そんな現代製法の十割蕎麦の乾麺、今回買って来て食べて見た。市販の国産蕎麦粉の二八蕎麦乾麺より結構美味。次回も必ず買うだろう。「パスカル清見」のHPを見て見たが、この蕎麦、何故か通販での販売は無い。

 小生、家での乾麺の食べ方は以前も書いた様に出汁は作らず、多量の大根おろしに鰹節を掛け、生醤油を掛けて頂く。是からは山の芋、三田も篠山にも有る山の芋、是を出汁で延ばし卵を入れ、混ぜて頂く。下手な割り下より結構美味。十割蕎麦なので蕎麦湯も美味しく頂けた。いい加減な店の蕎麦を食べるより美味。

 因みに、家で手打ち蕎麦を作るには、二八蕎麦は難しいが、三七蕎麦以上ならパスタマシンでも上手く出来る。蕎麦粉を混ぜるのが難しければ、餅っ子(餅を作る機械)・製パン器等で美味く混ざり団子が出来るが、問題は美味しい水と蕎麦粉の入手。

 手作りでは生パスタが美味しいと言う友人も居るが、小生の実験結果は、粉を選んでも延びたうどん食感は好きでない。パスタ、乾麺の方が絶対に美味。

※ 飛騨高山 せせらぎ街道の道の駅 パスカル清見:
 http://pascalkiyomi.jp/
※ 製造:ふるさと清見21:
 http://www.furusatokiyomi.jp/
※ 飛騨清見観光協会:
 http://www.hidakiyomi.org/

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事