掲載:2012年07月31日
20120731-01_s.jpg アンドロイド・アプリ、一番最初に入れたのがバーコードリーダー、本当に皆さんどうしてグーグルストアーに飛んでるのかと思いきゃ、このバーコード。今までの携帯に有った赤外線通信に匹敵、色々便利なツールも出ている。

 しかし、是が使えるのも小生の持っているDELL 001dl Widgetのみで、ICONATAB A200には使えない。そう、外部カメラが無い。其の他、ICONATAB A200は内部のアプリをSDカードには移せない。ソフト的には出来ると出ても、是はエミュレートされ移設出来ない。

 従って、ソフトはタブレット内部のメモリ上でしか使えず、其の点、大きなシステムはインプットすれば問題と成る。是は、例えばカーナビの日本地図など。画面が大きいからと購入すれば、是だけでメモリは満杯となり、カーナビ専用のタブレットと成ってしまう可能性がある。

 ICONATAB A200はタブレットの廉価版、購入には利用方法を良く考えて買わないと損を見る。小生は既に使い道を考えている。其れはカメラのモニター(爆)。無線LAN内蔵SDカード「Eye-Fi」のモニターである。是にメールとプラウザが附いていると思えば便利に使える。

 この様に、使用用途を本当に良く判ってからアンドロイド端末を購入しないと結局は死蔵品と成る可能性がある。皆さんご注意!。

 そんなアンドロイドのアプリを色々見ていると、Clinometer with Compassと言う物が有った。良く四輪駆動車に附いている傾斜計である。

 小生は、阪神大震災の翌年位の時期に未だ自家用車で入れた上高地・乗鞍に少しの間旅をした。当時の車はホンダ・シビックのオートマチック、この車が乗鞍の下り坂でブレーキが湧いた!。JAFの担当の方に聞くと日本一ブレーキの湧く山だったらしい。そう、下りにアクセルを一つも踏まなくても当時のオートマチックは有に60Km/Hを越える。

 そんな事で当然の如くL走行、ヘヤピンカーブのみブレーキを踏んでいるとブレーキが湧いた!。何とかサイドブレーキと路肩斜面を利用して事無きを得たが・・・。

 このブレーキが湧いてから停止までの時間、多分数秒だが止まり方を色々考えた。後で考えて見てもまるでスローモーション的に時間が有った様に感じられた。

 この事が有ってから、オートマ車は敬遠したいのだが、小生は左足が悪くクラッチが踏めない。仕方なくオートマ車、で、今の車は仕方なくCVT!。一番エンジンブレーキが利かないオートマ車である。

 そんなスズキスイフトXGで何時も行く三田の途中にある坂を帰りに走れば結構な勾配、時速40Km/Hで進入しても坂の途中での速度は軽く60Km/Hを越える。見れば結構な急勾配だが、1回のみの坂なので此処でブレーキが湧くなんて事はきちんとメンテナンスした車で有れば考えられない。

 しかし、この速度が出る勾配、どんな物か計って見たかったので丁度いいとこのアプリを入れた。そして、先日の土曜日に計って来ました(爆)。

 もっと有るかと思えば、坂の傾斜はたったの5°、長い坂なのでこう感じるのか知れないが、短い5°ならそこかしこに有る。人間の錯覚なのか。でも、無料で使え、色々セットも出来、警報も鳴る。4輪駆動車には最適なアプリかも。

 因みに、坂の勾配を計った坂は、兵庫県川西市清和台東5に有る。

※ Clinometer with Compass:
 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.brainlab.tiltmeter
※ Eye-Fi(アイファイ)カード:
 http://eyefi.co.jp/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2012年07月30日
20120730-01_s.jpg20120730-02_s.jpg20120730-03_s.jpg

20120730-04_s.jpg20120730-05_s.jpg 2012年07月28日(土):Jam Session:HOST:堀越加那子(P)・西尾寛之(B)さん:JAZZ Cafe・きょん:PM7:00〜を聞いて来ました。

 到着は8時頃、駐車場は満杯と思い車の頭を乗り入れると、何と空きでラッキー!。本日は電車組みと少し遅れての車の方の来場の方が多かった。

20120730-06_s.jpg20120730-07_s.jpg20120730-08_s.jpg

 本日のホストのお二人は本当にお若い実力派、本日の来場は何時ものも面々で有るが、年齢層が若干のところ若いのかも知れない(爆)。しかし、後から来られた同年代に引っ張られ、会場は昭和!。

20120730-09_s.jpg20120730-10_s.jpg20120730-11_s.jpg20120730-12_s.jpg
20120730-13_s.jpg20120730-14_s.jpg20120730-15_s.jpg20120730-16_s.jpg
20120730-17_s.jpg20120730-18_s.jpg20120730-19_s.jpg20120730-20_s.jpg
20120730-21_s.jpg20120730-22_s.jpg20120730-23_s.jpg20120730-24_s.jpg
20120730-25_s.jpg20120730-26_s.jpg20120730-27_s.jpg20120730-28_s.jpg
20120730-29_s.jpg20120730-30_s.jpg20120730-31_s.jpg20120730-32_s.jpg
20120730-33_s.jpg20120730-34_s.jpg20120730-35_s.jpg20120730-36_s.jpg
20120730-37_s.jpg20120730-38_s.jpg20120730-39_s.jpg20120730-40_s.jpg
20120730-41_s.jpg20120730-42_s.jpg20120730-43_s.jpg20120730-44_s.jpg
20120730-45_s.jpg20120730-46_s.jpg20120730-47_s.jpg20120730-48_s.jpg
20120730-49_s.jpg20120730-50_s.jpg20120730-51_s.jpg20120730-52_s.jpg
20120730-53_s.jpg20120730-54_s.jpg20120730-55_s.jpg20120730-56_s.jpg

 激励のヤジが飛び、要求のヤジが飛ぶ!。そう、昭和。そんな中、顔を見知ったが何か違う様相のサックス・プレイヤー、何と山中一雄さんだった。此処きょんでは始めてお会いする。聞けば今のお住まいは茨木市、渡部春雄さんのご近所と言う。幸せ太りらしい(爆)。

20120730-57_s.jpg20120730-58_s.jpg20120730-59_s.jpg

 山中一雄さんと良くご一緒されているギターリスト、鷲尾一夫さん、現在は彼のバンドでお忙しいとの事もお聞きした。頑張って下さい!。このお二人の参加するトリオ演奏、本当に心地よく好きです。また何処かで聞かせて下さい。

20120730-60_s.jpg20120730-61_s.jpg そんな当日のセッション、本当に面白く楽しませて頂きました。当日の様相は写真をご覧頂ければ一目瞭然、是がセッションの面白さ。

20120730-62_s.jpg そうそう、此処きょんに昨年から住み附いたというボーカル猫、ちと声は悪いが乗りはいい、問題点は1曲しか歌えないこと。でも、技量では無い下手なボーカルより面白い!(爆)。


   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2012年07月29日
20120729-01_s.jpg20120729-02_s.jpg 2012年07月28日・土曜日、2週間ぶりの三田、早朝出発の街の気温は30℃、猪名川道の駅横で25℃、小野では24℃で大変に涼しかった。しかし、このご近所さんの言葉は違う。

「今日も朝から暑いですねー!」

 街とは違い、この三田市小野の山間部では朝晩涼しく扇風機一つで涼しく過ごせると言う。本当に羨ましい。

 しかし、やはり昨今の異常気象で野菜の出来方が違う。気温が高いのでやはり急成長、今までは毎日収穫出来たトマト・きゅうりが隔日に成ったりすると言う。万願寺唐辛子、通常の形とは異なり、まるでピーマンと見間違う大きさ。確かに味に変化は無い。

 でも、季節と言う物は本当に上手く出来ている。冬の寒い時期はやはり火を入れなければ食べられない野菜が多いが、今の時期は火を入れなくても食べられる物が多い。

 火を入れないと食べられない人には、生のまま皿に盛り付け、レンジでチンか一夜漬けにすれば充分に食卓に供する事が出来る。やはり夏野菜、彩りも色々ある。

 最初に書いた様な気温のため、朝方はこの販売所内に居れば本当に涼しく居られる。そう、田舎の家の中の気温、天井も高い。しかし、日差しが差し込む様になればやはり暑さも増し街と変わらぬ気温と成る。

 野菜を買って貰っての帰り、車のエンジンを掛け開放してあった窓を閉めエヤコンを掛けると何とフル全開、このフル全開のままの街に帰って来た。

 途中、伊丹のパソコン工房に寄ってDELLのコネクターを探したが、お目当ての物は無く、やはり日本橋か通販か・・・。

 街の昼前道路上の気温は室外温度計40℃、路面は既に地獄。日陰の事務所内気温は35℃。ちと思考も薄れ気味、しかも湿度も高い。

 (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2012年07月28日
20120728-01_s.jpg このサマージャンボ宝くじの季節に成ると、小生のこのブログの以下の記事に閲覧者がある。そう、宝くじ売り場の最終時間、是は売り場により異なる。また、今日小生の行った売り場は30分の時間延長が有った。やはり最終時間が近づくと結構盛況。

※ 全国・宝くじ売り場のオフィシャルサイト(公式URL)はここ:
 http://m-jun.seesaa.net/article/217327686.html

 何時もは30枚9000円の購入だが、本日は手元に7000円しか無かった。煙草を買うつもりだったので、6000円で20枚にした。

 そして、持ち込んだ前回のジャンボ宝くじ30枚を見て貰った。すると何と、3900円の当たりだった。合計3900円、10枚はバラ券だったので良く当たった方、この3000円でもう10枚とも思ってみたが、其れはちと間違いと20枚のままにした(爆)。

 この3000円、久しくのエビスビール500mL2本、持ち帰り餃子4人前と豚饅頭2個に化けて、残りは日曜日の外食弁当代に化けた(爆)。

 久しく、宝くじ3000円の当たり!。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2012年07月27日
20120727-01_s.jpg20120727-02_s.jpg 皆さん知ってましたか?、大阪のナンバープレートの盗難被害は、年間約7000件。

 盗まれたナンバーが悪意を持って使用されるのは明らか、盗んだ車やひったくりなどの使用車両、また。強盗や殺人などの凶悪犯罪の犯行車両に使用されると言う。

 そんな事の対策に使う東南防止ねじと言う物がカー用品店などで販売されている。目立たないナンバーの車のナンバープレート、曰く一般的なナンバーが一番狙われると言う。

20120727-03_s.jpg 因みに、この紙は高槻警察の駐車場見回りの際に車に残された張り紙。

 是と前後して小生の車は、ナンバープレートの盗難防止キャンペーンの時、申し込みによる警察からの無料配布により車屋さんにて装着。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2012年07月26日
20120726-01_s.jpg 最近の100円ライターは煙草屋さんで貰った物でも買った物でも本当に品質が悪い。ガスが最後まで使えるライター等は殆んど無い。貰って数日で使えなく成ったり、置いておいたら火がつかない。

 以前は、日本の東海と言う日本で一番最初に100円ライターを作ったメーカーのライターが一番だったが、今は殆んど見かけない。その次にビックのライター、是も今は見かけない。

 安かろう悪かろうの中国製ガスライター、まれにガスが最後まで使えるが、石も悪く使用中に飛び出す物まで有る。石が良いか、ガスが良いか、果ては何れか良い物2つで火を点けたりもする(爆)。

 そんなことで、着火出来るライターがどうしても無いとき、外で買うのは燐寸。一応、今の所は是が一番、100%火が点きます。

 ジッポーのオイルライターもいいが、今まで何個買ったか判らない。全て何処かに行ってしまった(爆)。

 有れば下さい!、ガスが最後まで使える100円ライターか要らないジッポー。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2012年07月25日
20120725-01_s.jpg 先日以下の記事を書いた。

※ 未開封新品の日本酒は冷暗所保管で何年まで飲める?(古酒?・爆):
 http://m-jun.seesaa.net/article/282461520.html

 この記事を見た知り合いが、家にこんなのが有るよ!と友人の事務所に持ってきた。何かと思えば、未開封の発泡酒。

 写真の様に、製造日が2008年11月上旬・賞味期限が2009年07月と成ったサントリーの金麦と言う発泡酒。賞味期限が切れて既に3年に成る品物。

 流石に是は誰も飲む気が起こらないと言うか、開けもしなかった。未だ未開封。何故かと言えば、アルミ缶のアルマイト処理は相当に薄い。したがって、アルミが多いに溶け出して居る可能性がある。鉄製の缶とか瓶なら皆が試飲するだろうが、アルミは無理。

 昔、何処かの大学の先生が、痴呆症とアルミ(イオン化された)の脳内蓄積の関係に附いて述べて居られた事が有る。その後、誰もこの様なお金に成らない研究を追試される方は居なかったと思うが・・・。

 そんなこんなで誰も開けようとは言わなかった。何方か勇気ある方はご連絡を!。でも、是を試飲する事は、別に勇気でも何でもない(爆)。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2012年07月24日
20120724-01_s.jpg 本日、JAVAの記事にコメントが有ったので、その返信の序にアクセス解析を覗いてみた。何と、「比良山系(低山)登山とその危険性」に76人もの方からアクセスが有った。順当ではない。

 何か比良山で遭難でも有ったのか?、そうでない事を祈るのみ。ちと心配である。山に登るためなら普通の事が書いてあるページなのだが。

 先日、摂津「きょん」でのライブで、ボーカリストの山口さんの旦那さんと話した。この山口さん、山岳スキーが若い頃からの趣味と言い、未だカメラを持って山岳スキーと言う。

 以前も書いた小生の考えは、「高齢者は踏ん張りが利かずに滑落」。

 山口さんも同様の事を言って居られた。そう、若い頃から登山をしてれば一番良く判る。山では当然普段からの運動での体力・筋力の鍛えが必要だが、未だ若い物には負けないとの思いは本当に危険。

 山は登れば本当に感動し、何もかも忘れられるが、危険が伴う。因みに、遭難すれば当然捜索が出るが、それで見つからなければ凡そ3年間は見つからないとの山人の言い伝え。

 以下の記事に有る知人に、1年間捜索してもお父さんが見つからない時に、

「酷な様だが、山の遭難は多分3年間は見つからない。」

 と言った事が有る。実際もそのとうり、3年後に釣り人が発見。当然、見つかったのは全身では無くDNA鑑定でお父さんと判明。

 因みに、この知人、今は比良山の事を一番知る人間、比良山で遭難者が出れば警察からでも電話が架かると言う。

 山は夏山でも低山でも本当に危険、幾ら注意してもしすぎるという事は無い。

※ 比良山系(低山)登山とその危険性:
 http://m-jun.seesaa.net/article/115816187.html
※ 写真は大台ヶ原の大蛇倉

   (*ーmー*)」 合掌
掲載:2012年07月23日
20120723-01_s.jpg20120723-02_s.jpg 皆さんは知っていましたか?、小生は先日知りました(爆)。今までMicroUSBケーブルは、2.5インチの外付けHDDの接続がそうなので何時も使っているのですが・・・。

 何かと言えば、USBケーブルに表示してあるUSBマークが通常のUSBケーブルとMicroUSBケーブルが逆と言う事。この逆と言うのを説明しないと判らないかも。

 何かと言えば、通常のUSBケーブルはマークが上に成る様に例えばノートPCのUSBソケットに挿せばささる。是が通例。

 この調子で、表示を上にしてMicroUSBケーブルを挿せば挿さらない。何に挿さらないかと言えば携帯電話とかタブレットPC、つまり上下がはっきりした物に表示を上にして挿せばささらない。つまり、MicroUSBケーブルは表示を下にして挿せばささる。

 今まで使っていた2.5インチのHDDは殆んどの場合、本体に上下が無いので判らなかったのだが・・・(爆)。

 何故こうなのかは判らないが、結構使いにくいのです。因みに、スマートフォンの本体側のUSBコネクターは「▲」マイクを上にして差し込めば普通に挿さる。MicroUSBケーブルだけが逆なのです。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2012年07月22日
20120722-01_s.jpg20120722-02_s.jpg 正解を先に書けば、冷暗所保管で製造日から2年が限度!。

 酒を呑まない友人の所から死蔵品の酒を貰った。瓶は茶色で中身は見えず、有り難く頂戴してきたのだが、コップに移すと何か黄色い。一度目に貰った物は製造日から10年、到底飲めた物では無かった。有り難く貰った物なので、家の入浴剤に成った。家庭用の風呂に1合入れれば結構効く。

 なら是が有ると二度目に貰ったのは3年物、飲んで飲めなくは無いが、呑むと言う漢字が使えない日本酒。

 昔、日本酒の古酒と言うのが流行った時が有る。一応どんな物かと日本酒好きが皆でお金を出して買った事が有るが、ただ単に酸っぱいのみ、やはり日本酒は出来たてが美味しい。皆で格好な価格の古酒なる物を買ったが、少し口を附けただけで後輩に押し付け(爆)。3人居たが、誰も美味しいとは言わなかった。

 因みに、生酒の死蔵品も飲んだ事が有るが、冷蔵庫に入っていた物でも1年でおリが出て酸っぱく、是は風呂にも使う気がしなかった。

 日本酒、やはり出来たてが美味しく、もしも酒を飲まれない家庭があれば呑み助からすれば勿体無い話だが、煮炊き物の料理に入れて早く使うのが一番(爆)。日本酒は生もの。

※ 写真は左が3年物、右が10年物の日本酒の色(爆)。

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事