掲載:2011年10月31日
111031-01_s.jpg111031-02_s.jpg111031-03_s.jpg

 2011年10月21日(金):麻生優佳(Vo)・伊藤邦雄(G)・渡部春雄(B)・山口幸雄(D)さん:茨木 vaughan:PM8時〜を聴いて来ました。この麻生さんのボーン・ライブ、茨木 vaughanの毎月第3金曜日の恒例ライブにも成っている。

111031-04_s.jpg111031-05_s.jpg111031-06_s.jpg111031-07_s.jpg

 今回もドラムは山口幸雄さん、このグループは毎回ドラムが変わる、是が何時もの楽しみ。

111031-08_s.jpg111031-10_s.jpg111031-09_s.jpg111031-11_s.jpg

 そして、本日のセッションドラマーは何時もの金田喜八郎さん、この山口幸雄さんが師匠でもあり、精勤です。本日も師匠の前と多分禁酒、此処ボーンの麻生優佳さんのライブ、飛び入りOKです。

111031-12_s.jpg111031-13_s.jpg111031-14_s.jpg111031-15_s.jpg

 此処ボーンでの麻生優佳さんのライブ、小生にも定例ライブ。皆さんの演奏が安定しすぎて、写真は何時の演奏の物を入れ替えても多分背景も変わらないので判らないと思う写真。変わるのは皆さんの服装程度(爆)。

111031-16_s.jpg111031-17_s.jpg111031-18_s.jpg111031-19_s.jpg

 毎回少しは違った写真を撮ろうと思うのですが、何せ歳行ったカメラマン、早々考えが変わる事は難しい(爆)。そう、指の反応も遅くなっているし・・・。

111031-20_s.jpg111031-21_s.jpg111031-22_s.jpg111031-23_s.jpg

 動きを読んで、何処まで撮影時に切り詰められるか、如何に音の出ている写真を撮れるか、そんな物を狙っているので本当に余り代わり映えしない。

111031-24_s.jpg111031-25_s.jpg111031-26_s.jpg

111031-27_s.jpg もう少し違った考えで撮影したいとは何時も思うのだが・・・。

 因みに、11月の予定は18日の金曜日、ドラムは東敏之さん。

★ 旅行記事記載と写真整理順位のため、ブログ記事が少し前後しました。

※ 麻生優佳さんブログ:
 http://y-asoh.at.webry.info/
※ 伊藤邦雄さんのギター工房(有限会社ギターワークス)HP:
 http://www.guitarworks.jp/
※ 渡部春雄さんブログ:
 http://blog.goo.ne.jp/nabeslab
※ 茨木 vaughan HP:
 http://www.hcn.zaq.ne.jp/vaughan-ibaraki/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年10月30日
111030-01_s.jpg111030-02_s.jpg
 2011年10月29日(土):
 Jam Session:HOST:
 長沼涼子(P)・村嶋俊治(B)さん:
 PM7時〜10時:
 JAZZ Cafe・きょん:

 を聞いて来ました。

111030-03_s.jpg111030-04_s.jpg111030-05_s.jpg

 この日は曇り、朝から恒例の三田散策に行くも、水を貰うために持参するペットボトルを忘れた。先週、土曜日では無いが三田に行った時に貰った残りが有るので何とか1週間は過ごせそう。

111030-06_s.jpg111030-07_s.jpg111030-08_s.jpg111030-09_s.jpg

 そんな夜、是も恒例のきょんセッションの聴視に行く。結構に遅れたので駐車場は満杯だったが、奥に1台のスペース、自転車を横に避け何とか上手く駐車。

111030-10_s.jpg111030-11_s.jpg111030-12_s.jpg

 このブログ記載のために掲載写真を見て見ると、何時も撮影するセッション看板を撮って無いし、皆さんが写った記念写真も忘れた・・・。この季節の変わり目で肩こりが酷く、何かぼーっとしているのだろう。

111030-13_s.jpg111030-14_s.jpg111030-15_s.jpg

111030-16_s.jpg ただ、街の中の車の運転は利己主義な運転手が多く注意しているので、本当に安らげる癒し場所では本当にほけーっとしてしまう。この日も千里インター近辺で車に当てられそうに成った。4〜50Km/Hで走る車間距離も余り無い場所での道を間違った車の急な割り込み。しかも、方向指示器無しである。

111030-17_s.jpg111030-18_s.jpg111030-19_s.jpg111030-20_s.jpg

 街ではこんね事は昨今毎度のこと、少しでも気を抜けば自分が注意していても事故に巻き込まれる。最近の自動車運転手のマナーは自転車と同様に本当に悪く自分勝手。

111030-21_s.jpg111030-22_s.jpg111030-23_s.jpg111030-24_s.jpg

 そんな事で、自転車は来年には3m以下の歩道は走れなく成る。ま、いいことだが、今度は歩行者とでは無く、自動車との接触事故が多く成るだろう。自動車の運手は余計に気を使う様に成る。

111030-25_s.jpg111030-26_s.jpg111030-27_s.jpg111030-28_s.jpg

 自転車は車両、車と同じ。是を知らない馬鹿が多い。何れもマナーを守っていればこの様な事には成らないのだが、ルール(条例・法規)で縛らないと馬鹿は守らない。仕方ない事でもある。

111030-29_s.jpg111030-30_s.jpg111030-31_s.jpg111030-32_s.jpg

 車で走り、着いたきょんは別天地、馬鹿を言い、ジャズを聞いて音を楽しむ。其れも、面白く、皆の実験的音作りも見られる。ま、何れの物もにも限度と言う物があるが・・・(爆)。

111030-33_s.jpg111030-34_s.jpg111030-35_s.jpg

 そして、聞けば必ず耳だけは肥える。楽しきかなジャズの聴視。

 この日、空いては居たが、若干1名だけ参加者の個別写真が有りません。始めての方なので動きの様子を見ていたら、最後の皆さんの1曲に・・・。

111030-36_s.jpg111030-37_s.jpg111030-38_s.jpg

 本日は某カウンター組が居られなかったので、11時を待たずして散会(爆)。

※ 長沼涼子さんブログ:
 http://blog.goo.ne.jp/ryonpiano-lea
※ ジャズカフェきょん:
 http://www.hcn.zaq.ne.jp/live/jazzcafekyon1.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年10月29日
111029-01_s.jpg111029-02_s.jpg 2011年10月29日土曜日、三田市小野、着いて車の室外温度計を見れば何と9℃。豊中は19℃。先週末は気温変化に疲れ未訪。
111029-03_s.jpg111029-04_s.jpg 今週から路地野菜販売所には葉物野菜が出だした。白菜は未だだが、サラダ水菜・小松菜・唐辛子・冬瓜・青梗菜など。
111029-05_s.jpg111029-06_s.jpg 栗は既に無くなったが、黒豆の枝豆と柿は未だある。しかし、街の人は買うが、常連さんは食べ飽きたと目もくれない。
111029-07_s.jpg111029-08_s.jpg この販売所は10時頃まで開いているが、田舎の朝の勝負は早く、常連さんの購入時間は7時半頃までに終了。
111029-09_s.jpg111029-10_s.jpg 此処も、ご多分に洩れず放置された柿も多い。鳥の餌になっている。栗は既に実は無く葉っぱのみ。ススキが穂を垂れる。
111029-11_s.jpg111029-12_s.jpg 最終の稲刈りは前日金曜日の酒米、そんな稲刈りを終わった田んぼは、既に翌年のお米のための荒返しが行われていた。
111029-13_s.jpg111029-14_s.jpg 帰り際の気温は21℃、道端では米の刈入れで摘み取れ無かった唐辛子・ピーマン類の青く使える物の摘み取りが行われていた。街では色が綺麗と売ってる赤い万願寺唐辛子も此処では売れない。食べて見たが、甘く勿体無く思うが、落ちて畑の肥やしに成る運命。

 神無月10月も本当に終盤、三田市・小野の様相。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年10月28日
 鮎・岩魚・あまご等の川魚、本当に新鮮と言うか、生きた物を丸ごと焼いた物の中骨を抜く(骨抜き)のは簡単。素人でも2分も有れば抜ける。後はそのままがぶり。

 何故この方法が流行らないかと言えば、魚は頭から腐るの言葉のとうり、街では生きた川魚など入手は殆んど困難なのでこの方法を取れば頭が切れる。高級料亭でも一部を除き生きた物は少なく冷蔵物である。

 頭の切れた物でも中骨を引っ張れば抜くことは可能だが、見栄えが良くなく、また古い魚と思われるのが嫌で料亭では客に教えない。

 そんな事で流行らない鮎や川魚の中骨抜き(骨抜き)だが、やれば簡単、

@ 丸ごと食べるには、他の背びれ尾びれ腹びれなどを取る。
A 尻尾を折って取りさる。
B 魚を立て向け身を上から押さえ、胴体の形が円形に成るように全体を押さえる。
C 首と胴体の周りの身を箸で全周囲切る。
D 箸で胴体を押さえながら、魚の頭を持ってゆっくり引き抜く。

 では、是を先日の旅行でやった実際を、相方に連続写真に撮って貰ったので此処に紹介。ま、一度やって見られれば、理屈無くかぶりつくその美味しさは格別、否定は出来ない。

111028-01_s.jpg111028-02_s.jpg111028-03_s.jpg
111028-04_s.jpg111028-05_s.jpg111028-06_s.jpg
111028-07_s.jpg111028-08_s.jpg111028-09_s.jpg
111028-10_s.jpg111028-11_s.jpg111028-12_s.jpg
111028-13_s.jpg111028-14_s.jpg111028-15_s.jpg
111028-16_s.jpg111028-17_s.jpg111028-18_s.jpg
111028-19_s.jpg111028-20_s.jpg111028-21_s.jpg
111028-22_s.jpg111028-23_s.jpg111028-24_s.jpg
111028-25_s.jpg111028-26_s.jpg111028-27_s.jpg

 最初の画像から拡大画像の順送りでご覧下さい。其の方が判り易く思います。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年10月27日
111027-1101_s.jpg111027-1102_s.jpg111027-1103_s.jpg

 イオンタウン弥富を出て、道路に乗る道を間違え、迷路に入る。ナビが有っても細い細かい道は困る。何とかメイン道路、是で一直線。川を渡り四日市市、間も無く船員会館が見えてくる。到着は午後7時10分。閉店は8時。

111027-1104_s.jpg111027-1105_s.jpg111027-1106_s.jpg

 今回は間違う事も無く信号を構内に入る。構内に入り、右手にひものセンター(食堂)、左が大遠会館「まぐろレストラン」、レストラン前に車を止め、早速中に入る。

 陳列を写真に収めるが、今回はメニュに迷う事は無い。決めて来た今回のメニュは、「盛り合わせ刺身定食(1100円)」に「海鮮丼定食(1000円)」、早速食券を買う。

111027-1107_s.jpg111027-1108_s.jpg111027-1109_s.jpg

 食券売り場に良く見れば、ご飯の写真と共にグラム数が書かれていた。普通盛200g・サービス大盛り350g(丼は是が普通盛り)・特盛り450g(追加80円)、其れは多いはずだ!。前回のブログに書いた様に2倍は無かったが、大盛りは普通盛りの1.75倍も有る(爆)。

111027-1110_s.jpg111027-1111_s.jpg111027-1112_s.jpg

 普通の大盛りの考え、最大でも1.5倍と言うのは此処まぐろレストランには当て嵌まらない。しかも、丼は最初からご飯は大盛り。女性ならこのご飯の量も考えて食べるメニュを考え、又は減量を申し出ないと一度で食滞・堪能する。

111027-1113_s.jpg111027-1114_s.jpg111027-1115_s.jpg

 券売所のお父さんに前回此処で「大遠定食・ご飯大盛り」を食べ、食滞した事を言うと、「其れはご飯多いわー」と言われた。勧めたのは貴方です(爆)。食券を買いレストラン内に・・・。既に2度目、調理場のレトロな看板娘さんに食券を渡し、今回も「マグロの煮付け」と「サラダ」を取り320円を支払い禁煙席でお茶を飲み待機。

111027-1116_s.jpg111027-1117_s.jpg111027-1118_s.jpg

 10分程で番号を呼ばれ、お盆を受け取る。この時間でも喫煙席には何人ものお客さんが居られる。

 お盆を写真に撮り早速食すが、「盛り合わせ刺身定食」は普通に頂けるが、「海鮮丼定食」は丼ご飯の上に邪魔な位に海鮮が乗っており、嬉しい悲鳴だが是はちと食べにくい。漬け物の皿に一部の刺身を取り食す。美味し海鮮丼だが、この点は難点。

111027-1119_s.jpg111027-1120_s.jpg111027-1121_s.jpg

 色々な定食が有るが、其々食べて見たい気がするが、流石にご飯が有り幾つもと言うのは難しい。其処で考えたのが、

「上に載ってる刺身類だけ売って!」

 そんな事を二人話した。2人で3つの定食を買って食べてもいいのだが、其れではご飯が余る。食べ方として”ざんない”。

111027-1122_s.jpg111027-1123_s.jpg111027-1124_s.jpg

 そして、今回は失敗は無しと思ったが、やはり一つ失敗!。マグロの煮付け、是は定食に少量付いていたのは生姜入り煮付け、別に貰ったのは普通の煮付け、是は良かった。

111027-1125_s.jpg111027-1126_s.jpg111027-1127_s.jpg

 しかし、もう一つ貰った小鉢のスパゲティー?サラダ、やはり是は海鮮には合わない。美味い不味(まず)いの問題では無く、それだけ食べれば美味しいのだが、海鮮にはマヨネーズ味のサラダは合わない。食べれば普通の食堂やファミレスの味に成る。是は失敗した。

 次回も来るだろうが、海鮮にはやはり洋物は合わ無い(爆)。其れを除けば本当に今回も美味しく頂いた。

111027-1128_s.jpg111027-1129_s.jpg111027-1130_s.jpg

 限定メニュの本マグロの「中おち丼」も食べて見たいが、時間的に当る確立が少ないだろうし、やはり定番は「盛り合わせ刺身定食(1100円)」か「中トロ定食(1280円)」が無難な様だ。

111027-1131_s.jpg111027-1132_s.jpg111027-1133_s.jpg

 次回は定番一つに丼を一つ、今回パターンを継承、海鮮丼定食(1000円)は食べたので、五色いくら丼定食(1000円)・北海親子丼(1000円)・ポキ丼定食(880円)・ネギトロ定食(780円)・鉄火丼定食(780円)が残り、さーてどれにするか、近辺温泉訪問と共に此処に来るのが楽しみ・・・。

111027-1134_s.jpg111027-1135_s.jpg111027-1136_s.jpg

 大遠会館「まぐろレストラン」には通販も有るが、やはり此処に来ないと・・・(爆)。

 高速に乗り帰阪。今回の旅は本当に秋も満喫、食にも満喫、いい旅をしました。

※ 【食滞】しょくたい: 食べた物が消化されないで胃にたまること。食もたれ。
※ 【堪能】 たんのう:「堪能」は当て字で、十分に満足すること。気が済むこと。納得すること。
※ ざんない(大阪弁):見苦しいこと。

※ 「まぐろレストラン」店舗情報:
・ 店舗名: 大遠会館 まぐろレストラン
・ 住所: 三重県四日市市富双2-1-4 大遠会館
・ アクセス: JR関西本線富田駅から徒歩12分
・ TEL/FAX: TEL:059-365-6064
・ 営業時間: 午前7時〜午後8時(ラストオーダー7時30分)
  ※時間によってメニューが変わります。
・ 定休日: 年中無休(12月31日〜1月3日を除く)
・ URL: http://www11.ocn.ne.jp/~daien/
  http://www.rakuten.ne.jp/gold/maguro-daien/
・ その他: 上記URLに詳細・分煙席有り・HPに冷凍品を美味しく頂く解凍方法の記載。

★ 一度目の失敗は以下(爆):(前回訪問記事):
※ 四日市市富双・大遠会館「まぐろレストラン」(2011年夏)
 http://m-jun.seesaa.net/article/224200169.html
★ 三度目の訪問は以下;
※ 四日市市富双・大遠会館「まぐろレストラン」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/235298215.html

★ 今回の旅の詳細(時間が有ればお読み下さい):

@ そうだ!旅に出よう!!!飛騨と明宝・秋満喫旅(2011年10月・秋盛り):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232285888.html
A そうだ!旅に出よう!!!飛騨小坂・手打ち蕎麦「平氏ヶ原」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232309744.html
B そうだ!旅に出よう!!!下島温泉「仙游館」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232317302.html
C そうだ!旅に出よう!!!飛騨高山・手打ち蕎麦「東山」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232324571.html
D そうだ!旅に出よう!!!丹生川・乗鞍ファーマーズマーケット(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232329224.html
E そうだ!旅に出よう!!!道の駅「ななもり清見」と「ホルモン久蔵」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232431865.html
F そうだ!旅に出よう!!!せせらぎ街道の紅葉と「中澤豆腐店」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232435009.html
G そうだ!旅に出よう!!!明宝マスターズ「めいほうベルグコテージ」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232441801.html
H そうだ!旅に出よう!!!明宝温泉「湯星館」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232444311.html
I そうだ!旅に出よう!!!道の駅・明宝「磨墨の里公園・めいほうミート」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232449246.html
J そうだ!旅に出よう!!!イオンタウン弥富「コメダ珈琲店・シロノワール」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232450238.html
K そうだ!旅に出よう!!!四日市市富双・大遠会館「まぐろレストラン」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232454518.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年10月27日
111027-1001_s.jpg 郡上八幡インターから東海北陸自動車道路に乗り南下、当初の目的地は高速を乗り継いで愛知県蟹江町にある富吉温泉テルマ55だったのだが、明宝温泉を出た時点からコーヒーが飲みたい。

 其処で東名阪自動車道路の弥富インターで降り、イオンタウンの「コメダ珈琲店」に行く事にした。愛知県ならコーヒーはやはりコメダ、弥富のイオンタウンに寄るのは是で3度目?。

 このイオンタウン、電気店から薬局・ファミレスに回転寿司、ユニクロからダイソーの100円均一まで何でも揃っている。コメダ珈琲店に寄る前に先ずはユニクロでトランクスを探す。綿100%でXL、是が何処にも中々無く4枚購入(爆)。

 序に、パンツ(ズボン)も探すが、合った物が無く断念、寸法が規格外の人間はこんな所に苦労する。

 次に訪れたのが靴屋、大きな靴屋なのだが、此処も合った物が無く断念。金額の安い高いの問題では無く、曰く寸法、幅広でこうの高い物と言うのも中々無い。

 次は100円均一のダイソー、欲しいキーホルダーと言うかキー用のストラップは無く、電子レンジ用のプラスチック容器を数種、マウスパッド、車に積んでおく老眼鏡等を買う。暗い所で車内ライトなら本当に昨今小さな字が読めない、歳行くとは本当に困り物。

 お目当てのコメダ珈琲、レギラー珈琲と懐かしいロールケーキをと思ったが、コメダ珈琲ならやはり是でしょうとブログのネタに名物のシロノワールにした。

 シロノワールとは、ドーナッツ型のクロワッサン?にソフトクリームが乗った物で温か冷たく、おまけにシロップまで付いて大と小が有る。大にしなくて良かった・・・(爆)。大はとにかくでかい。名古屋の女性は是を一人で食べると言う。

 普段ケーキなど食べない小生にはめっちや微妙。ただ、不味い物でも無い・・・。珈琲は深煎りで美味しく頂いた。

 次回、コメダ珈琲に来てケーキを食べたく成れば、やはり普通のロールケーキ、其れが無難(爆)。

 時計を見れば午後6時半、この季節の空はこの時間真っ黒、本日の長島温泉シリーズ・テルマ55は中止、旅行3日目最後の目的地、夕飯に四日市市富双・大遠会館「まぐろレストラン」に向かう。まぐろレストランは2度目、今回は失敗はしない(爆)。閉店は8時。

※ 珈琲所・コメダ珈琲店:
 http://www.komeda.co.jp/

★ 今回の旅の詳細(時間が有ればお読み下さい):

@ そうだ!旅に出よう!!!飛騨と明宝・秋満喫旅(2011年10月・秋盛り):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232285888.html
A そうだ!旅に出よう!!!飛騨小坂・手打ち蕎麦「平氏ヶ原」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232309744.html
B そうだ!旅に出よう!!!下島温泉「仙游館」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232317302.html
C そうだ!旅に出よう!!!飛騨高山・手打ち蕎麦「東山」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232324571.html
D そうだ!旅に出よう!!!丹生川・乗鞍ファーマーズマーケット(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232329224.html
E そうだ!旅に出よう!!!道の駅「ななもり清見」と「ホルモン久蔵」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232431865.html
F そうだ!旅に出よう!!!せせらぎ街道の紅葉と「中澤豆腐店」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232435009.html
G そうだ!旅に出よう!!!明宝マスターズ「めいほうベルグコテージ」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232441801.html
H そうだ!旅に出よう!!!明宝温泉「湯星館」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232444311.html
I そうだ!旅に出よう!!!道の駅・明宝「磨墨の里公園・めいほうミート」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232449246.html
J そうだ!旅に出よう!!!イオンタウン弥富「コメダ珈琲店・シロノワール」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232450238.html
K そうだ!旅に出よう!!!四日市市富双・大遠会館「まぐろレストラン」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232454518.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年10月27日
111027-901_s.jpg111027-902_s.jpg111027-903_s.jpg

 明宝温泉「湯星館」を出て、道を南下していると明宝と言えば明宝ハムの工場の看板、昨日道路で出会った明宝ハムの3匹の豚を書いた配送車が無いかと行って見る事に・・・。有れば車を入れて記念撮影(爆)。

111027-904_s.jpg111027-905_s.jpg111027-906_s.jpg

 しかし、時間も昼過ぎ、工場に車は無く断念。少し南下すれば道の駅「明宝」の看板、やはり立ち寄る。非常に大きな道の駅で車は既に満車状態、季節も紅葉の秋、非常に賑わっている。

111027-907_s.jpg111027-908_s.jpg111027-909_s.jpg

 農産物直売所も有り、一応覗く。是はいいと思われた物は一点、相方が買った。此処には光苔も売られていて気には成ったが、街では枯らしてしまうので断念。何時も道の駅「平成」で買う明宝ハムを購入。

 ネット情報で気に成っていた全て手作りでおふくろの味、明宝レディースの直営店「おかみさん」も此処に有った。しかし、小生達には昨夜のご飯で作ったおにぎりと、今日の朝食の茸ご飯で作ったおにぎり6個が有るので断念、是で昼食。

111027-910_s.jpg111027-911_s.jpg111027-912_s.jpg

 しかし、明宝ハム直営の明宝ミートの明宝フランク(150円)と飛騨牛コロッケ(100円)が気に成って購入、店前のテーブルで食べる。明宝フランクは流石に美味しいがやはりフランクフルトにはカラシが要ると車に積んだ和カラシを取りに走る。付ければ美味しいが、辛い。相方も顔を赤らめむせていた(爆)。フランクフルトにはやはり洋カラシがいい。

 飛騨牛コロッケ、是は飛騨高山市内で販売している物と同じものと思われ、コロッケとしては美味しいと思うが、この旅行中は淡白な物しか食していない我々にはちと油がきつく感じた。

111027-913_s.jpg111027-914_s.jpg111027-915_s.jpg

 此処明宝ミートには、明宝ハムの他、豚肉・A5等級の飛騨牛・昨日食べた久蔵ホルモン・地元の鶏ちゃんなどが販売されており、道を下、郡上八幡方向から来れば此処で食材を買って「めいほうベルグコテージ」で宿泊すると言うのもいいなーと二人話す。

111027-916_s.jpg 少し閉店時間は早いが、「おかみさん」で食事して「めいほうベルグコテージ」で宿泊と言うのも手軽で便利。「めいほうベルグコテージ」にも明宝ハムを使った弁当も注文しておけばある。明宝、食材には困らない。しかも美味な食材が一杯ある。

 ちとゆっくり、時計は既に午後2時を回った。一路郡上八幡インターに・・・、有名観光地の郡上八幡、小生達二人は一向に興味を示さず通過。小生は昔何度も来た事が有る。

 小生達の観光は、郡上市ならやはり明宝がいい。自然が一杯、美味しい物もある。再度訪れたい場所にも成った。再度訪れて綺麗な星空が見たい。

※ 明宝ハム:
 http://www.meihoham.co.jp/
※ 郡上市明宝観光協会公式サイト:
 http://www.gujomeiho.jp/

★ 今回の旅の詳細(時間が有ればお読み下さい):

@ そうだ!旅に出よう!!!飛騨と明宝・秋満喫旅(2011年10月・秋盛り):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232285888.html
A そうだ!旅に出よう!!!飛騨小坂・手打ち蕎麦「平氏ヶ原」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232309744.html
B そうだ!旅に出よう!!!下島温泉「仙游館」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232317302.html
C そうだ!旅に出よう!!!飛騨高山・手打ち蕎麦「東山」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232324571.html
D そうだ!旅に出よう!!!丹生川・乗鞍ファーマーズマーケット(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232329224.html
E そうだ!旅に出よう!!!道の駅「ななもり清見」と「ホルモン久蔵」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232431865.html
F そうだ!旅に出よう!!!せせらぎ街道の紅葉と「中澤豆腐店」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232435009.html
G そうだ!旅に出よう!!!明宝マスターズ「めいほうベルグコテージ」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232441801.html
H そうだ!旅に出よう!!!明宝温泉「湯星館」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232444311.html
I そうだ!旅に出よう!!!道の駅・明宝「磨墨の里公園・めいほうミート」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232449246.html
J そうだ!旅に出よう!!!イオンタウン弥富「コメダ珈琲店・シロノワール」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232450238.html
K そうだ!旅に出よう!!!四日市市富双・大遠会館「まぐろレストラン」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232454518.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年10月27日
111027-801_s.jpg111027-802_s.jpg111027-803_s.jpg

 めいほうベルグコテージから300mほど坂を下る、10時過ぎと言うのに、既に駐車場にはお客さんの車が止まっている。田舎の朝は早い!。近辺は温泉施設しか無く空気も綺麗で静かで心地よい。

111027-804_s.jpg111027-805_s.jpg111027-806_s.jpg

111027-807_s.jpg111027-808_s.jpg 早速入館してフロントで「めいほうベルグコテージ」で貰った入浴券を渡す。フロント横には売店・お土産コーナー、横には大きなレストランが有り、フロント正面に畳の休憩所が有る。

111027-809_s.jpg111027-810_s.jpg 休憩所横がマッサージコーナー、奥に何故か足湯、其の奥に男女別の更衣室、奥に湯船、湯船の奥に露天風呂がある。全て結構に広い。

 日帰り温泉施設だが、一応全ての施設が整っており、此処に来れば丸1日過ごす事が出来そう。其処に有ったミックス牛乳と牛乳棒を購入、二人で飲み食べる。

 早速入浴、湯船には既に先客が10名以上居られる。湯船は大きく普通に湯は温まるが、此方もラジューム温泉の様相、あの暑さを感じる事は出来ない。しかも、窓は開放され外の空気感を味わえ、空気が綺麗で心地よさはある。(ラジューム温泉、ラジュームは湯に溶け込んだ物では無く直ぐに拡散、窓を開放すればラジューム温泉効果は非常に薄い。)

111027-811_s.jpg111027-812_s.jpg111027-813_s.jpg

111027-814_s.jpg 1時間ほど入浴、上がり畳の休憩所でしばし休息、急ぐ旅でも無し。次はコーヒー牛乳が飲みたいと購入試す。

 そう、地方牛乳は各地で味が違い面白い。

 施設前には温泉スタンド、100L100円、近くの方が軽四輪にタンクを積んで購入に来られていた。家の近くに有れば確かに便利。

111027-815_s.jpg111027-816_s.jpg 駐車場の小生の車には昨夜に降った一面の雨粒、このまま走れば砂埃が付いて車が汚く汚れるので拭き取り、旅行中にこんな事を始めてした(爆)。是も車を綺麗に保ちたい友人のおかげ。

111027-817_s.jpg 一路、東海北陸自動車道路の郡上八幡インターに向かう。既に時計は12時30分を廻っていた。

※ 明宝温泉「湯星館」:
 http://yuseikan.com/

※ 郡上市明宝観光協会公式サイト:
 http://www.gujomeiho.jp/

★ 今回の旅の詳細(時間が有ればお読み下さい):

@ そうだ!旅に出よう!!!飛騨と明宝・秋満喫旅(2011年10月・秋盛り):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232285888.html
A そうだ!旅に出よう!!!飛騨小坂・手打ち蕎麦「平氏ヶ原」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232309744.html
B そうだ!旅に出よう!!!下島温泉「仙游館」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232317302.html
C そうだ!旅に出よう!!!飛騨高山・手打ち蕎麦「東山」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232324571.html
D そうだ!旅に出よう!!!丹生川・乗鞍ファーマーズマーケット(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232329224.html
E そうだ!旅に出よう!!!道の駅「ななもり清見」と「ホルモン久蔵」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232431865.html
F そうだ!旅に出よう!!!せせらぎ街道の紅葉と「中澤豆腐店」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232435009.html
G そうだ!旅に出よう!!!明宝マスターズ「めいほうベルグコテージ」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232441801.html
H そうだ!旅に出よう!!!明宝温泉「湯星館」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232444311.html
I そうだ!旅に出よう!!!道の駅・明宝「磨墨の里公園・めいほうミート」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232449246.html
J そうだ!旅に出よう!!!イオンタウン弥富「コメダ珈琲店・シロノワール」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232450238.html
K そうだ!旅に出よう!!!四日市市富双・大遠会館「まぐろレストラン」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232454518.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年10月27日
111027-701_s.jpg111027-702_s.jpg111027-703_s.jpg

 「中澤豆腐店」を出て直ぐの道の駅「パスカル清見」で小休止。此処にも農産物直売所が有るが、やはり茸は無し。平日と言うのにこの時期はやはり賑わっている。其処から10分程で「めいほうベルグコテージ」に到着、計った様にチェックインの午後3時。

111027-704_s.jpg111027-705_s.jpg111027-706_s.jpg

 この「めいほうベルグコテージ」、明宝温泉の道筋手前300m程の所に有り、明宝温泉引湯の風呂、電気サウナが付属している。周辺に他の施設は何も無く、夜には星が綺麗に見えそうだが、当日は天気悪し。

111027-707_s.jpg111027-708_s.jpg111027-709_s.jpg

 コテージの建物1棟、真ん中に管理室があり早速受付を済ます。この辺りは山の中、カメ虫を触らずにガムテープで処理するように注意を受けるが、小生達は奥飛騨を旅してる事もあり承知、ゴミ分別の袋を貰い入室。

111027-710_s.jpg111027-711_s.jpg111027-712_s.jpg

 建物外観は少し古く感じられるが、中は非常に綺麗、新品マンションの様相。そういえば、此処に住みたいとのネット記載も有った。ただ、窓は1重窓でブラインドが有るが、冷気が落ちて来る。冬は暖房を相当に効かさないと寒いだろう。暖房機は居間と寝室に大きな物がある。

111027-713_s.jpg111027-714_s.jpg111027-715_s.jpg

 殆んどの状況はHPに有る写真の通り、寸分違わない。ただ、お風呂は温泉だが、一人用の湯船、小さく二人は入れない。今回、じゃらんで申し込んだが、「カップル期間限定10月11月秋の星空割引プラン」で明宝温泉の入浴券が付いていた。

111027-716_s.jpg111027-717_s.jpg111027-718_s.jpg

 コテージ直ぐ前に駐車場・バーベキューサイトが有り、是も便利。もう少し早い時期なら外でバーベキューもいい。何時も本当に快適に過ごせそうな場所で、口コミの評価の高いのが判る。

111027-719_s.jpg111027-720_s.jpg111027-721_s.jpg

 当日、夕飯と朝食の為に持ち込んだ物は、

@ 「なめ茸」・「くり茸」各1パック
A 「久蔵ホルモン」2袋(500g)
B 「せせらぎ豆腐」と「味付こもとうふ」各1
C もやし・菊菜・葱・枝豆
D 新米(6合)
F ビール3缶・にごり酒4合瓶・CCレモン
G 醤油・塩・胡椒・油・昆布茶(出汁用)
H 箸・サランラップ
※ 他に、洗顔石鹸・タオル・歯ブラシ・歯磨き・パジャマ代わりのジャージ

111027-722_s.jpg111027-723_s.jpg111027-724_s.jpg

 そう、お茶を忘れた(爆)。道の駅には売ってるだろうが、一度腰を下ろせば動くのは嫌なので我慢。早速ビールで乾杯(爆)。

111027-725_s.jpg111027-726_s.jpg111027-727_s.jpg

 風呂が小さいので、300m離れた明宝温泉「湯星館」にでもとの考えは全く浮かばず、二人順にサウナに入り、温泉に浸かる(爆)。

111027-728_s.jpg111027-729_s.jpg111027-730_s.jpg

 温泉は、天下の三名泉のひとつ「下呂温泉」と鳥取県の「三朝温泉」との泉質をあわせもつ、とても身体にやさしい温泉との記載が湯星館のHPに有るが、風呂場を締め切り湯を張り入浴したが、三朝温泉のラジューム泉質の様相は一向に感じない。

111027-731_s.jpg111027-732_s.jpg111027-733_s.jpg

 アルカリは強く、お肌がすべすべに成るのは確かでアルカリ性単純泉の様相で体は温まる。しかし、サウナに入っての入浴なので何れが効いたかは不明。湯星館の入浴券は翌日使う事にした。

111027-734_s.jpg111027-735_s.jpg 風呂を上がって小休止、そして食事の準備。夕飯には久蔵ホルモンのホットプレート焼きにビールと酒と白ご飯。包丁を使う物は春菊と葱、豆腐程度しか無く準備は直ぐに終わる。久蔵ホルモン・せせらぎ豆腐は美味、ぺろっとたいらげ満足。

 食事後もゆったりまったり、にごり酒・どぶろく等は茶碗が似合うと、にごり酒を茶碗で頂き、再度温泉に浸かり就寝、爆睡。

111027-736_s.jpg111027-737_s.jpg111027-738_s.jpg

 朝8時起床、早速朝食の準備、ご飯は茸ご飯に茸味噌汁、そして「味付こもとうふ」に菊菜のおひたし、葱の生の味噌。単純だが、季節感充分で美味。本当に美味しく頂いた。

111027-739_s.jpg111027-740_s.jpg 食事後、ゴミを片し、車に荷物を積んで受付に鍵を返却、時間ぎりぎりの午前10時。

 因みに、当日ガムテープで捕らえたカメ虫は2匹、入室時に入口扉内側光取りのガラス部分に張り付いていた。カメ虫は外の植木に幾らでも居て、外から部屋に入る場合に注意すれば、多分室内には入らない。特に夜間の出入りには注意が必要。

 コテージから300mほど下り離れた明宝温泉「湯星館」に向かう。

※ 明宝マスターズ めいほうベルグコテージ:
 http://www.meiho-masters.co.jp/berg/berg.html
※ 郡上市明宝観光協会公式サイト:
 http://www.gujomeiho.jp/

★ 今回の旅の詳細(時間が有ればお読み下さい):

@ そうだ!旅に出よう!!!飛騨と明宝・秋満喫旅(2011年10月・秋盛り):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232285888.html
A そうだ!旅に出よう!!!飛騨小坂・手打ち蕎麦「平氏ヶ原」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232309744.html
B そうだ!旅に出よう!!!下島温泉「仙游館」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232317302.html
C そうだ!旅に出よう!!!飛騨高山・手打ち蕎麦「東山」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232324571.html
D そうだ!旅に出よう!!!丹生川・乗鞍ファーマーズマーケット(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232329224.html
E そうだ!旅に出よう!!!道の駅「ななもり清見」と「ホルモン久蔵」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232431865.html
F そうだ!旅に出よう!!!せせらぎ街道の紅葉と「中澤豆腐店」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232435009.html
G そうだ!旅に出よう!!!明宝マスターズ「めいほうベルグコテージ」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232441801.html
H そうだ!旅に出よう!!!明宝温泉「湯星館」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232444311.html
I そうだ!旅に出よう!!!道の駅・明宝「磨墨の里公園・めいほうミート」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232449246.html
J そうだ!旅に出よう!!!イオンタウン弥富「コメダ珈琲店・シロノワール」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232450238.html
K そうだ!旅に出よう!!!四日市市富双・大遠会館「まぐろレストラン」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232454518.html

★ 二度目の訪問は此方:

※ そうだ!旅に出よう!!!めいほう「ベルグコテージ」と飛騨小坂「平氏ヶ原」の旅(2011年冬):
 http://m-jun.seesaa.net/article/240114528.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年10月27日
111027-601_s.jpg111027-602_s.jpg111027-603_s.jpg

 旅行2日目の予定は、飛騨高山・手打ちそば「東山」の蕎麦を食べ、茸やホルモン・豆腐を仕入れ一路「せせらぎ街道」を南下、温泉附きコテージの「めいほうベルグコテージ」での宿泊。

111027-604_s.jpg111027-605_s.jpg111027-606_s.jpg

 そんな最後の購入品は「豆腐」、水がいい、空気がいい、そんな場所には必ず美味しい豆腐がある。しかし、TVで放送されるそんな場所の豆腐でも小生の好む豆腐は少ない。曰く昔製法の豆腐。

111027-607_s.jpg111027-608_s.jpg111027-609_s.jpg

 そんな物がこの飛騨清見や明宝の地に無いかと旅行前にネットで調べて見た。小生は能勢の堂本豆腐店を紹介している様に、豆腐にはちと煩い。

111027-610_s.jpg111027-611_s.jpg111027-612_s.jpg

 そんなネットで見つけたのが「中澤豆腐店」、小生が反応したのはHPの豆腐が出来るまで。此処にある写真の「型に流す」の工程写真、拡大して見ると、正しくにがり製法の写真、丁度せせらぎ街道沿いにあるので立ち寄って購入する事にした。

111027-613_s.jpg111027-614_s.jpg せせらぎ街道、未だ紅葉には早いとの情報も有ったが、街道を走り高度が高く成れば紅葉真っ盛り、相方に助手席から写真を写して貰いながらゆっくりドライブ、西ウレ峠の駐車場に到着、分水嶺を探すが明確な所は無い。仕方なく看板のみ写し峠を下る。

111027-615_s.jpg111027-616_s.jpg 流石の紅葉シーズン、平日なのにそこかしこの空き地には車が結構停車、思い思いの紅葉刈り。

 そんな峠を下り、道の駅「パスカル清見」の看板を過ぎた右側に「中澤豆腐店」が有る。のぼり一つが目印、ゆっくり走らないと見落とす。道路右折れ50m。

 先客が居られたので、車を少し中に入れて停車、早速奥さんに西ウレ峠の分水嶺の事を聞く。此処の分水嶺は、明確に此処が分かれ目と言う場所は無く、石碑のみ存在とのこと。

111027-617_s.jpg111027-618_s.jpg111027-619_s.jpg

111027-620_s.jpg111027-621_s.jpg そして、豆腐が有るか訊ね、ご主人と豆腐の話を少しして「せせらぎ豆腐(木綿豆腐・140円)」と「味付こもとうふ(330円)」を購入、前の畑の葱も頂いた。

 旅行2日目の最終目的地、「めいほうベルグコテージ」に向かう。

111027-622_s.jpg111027-623_s.jpg ベルグコテージで豆腐の密閉容器を開け、中の汁を口に含んで見たが、「豆乳」の味、防腐剤等の何か入ればこの様な味はしない。曰く本物の昔豆腐、「せせらぎ豆腐」も「味付こもとうふ」も大変美味しく頂いた。

 もう一度食べたい本物豆腐の味である。

※ 中澤豆腐店:
 http://www.neo-gn.com/jisuke/
・ 住所:岐阜県高山市清見町大原464
・ TEL:(0576)69-2110・FAX:(0576)69-2110
※ ひだ清見観光協会:
 http://www.hidakiyomi.org/
※ 郡上市明宝観光協会公式サイト:
 http://www.gujomeiho.jp/
※ 能勢・手作り田舎豆腐「堂本豆腐店」:(小生のブログ):
 http://cococore.seesaa.net/category/6324264-1.html

★ 今回の旅の詳細(時間が有ればお読み下さい):

@ そうだ!旅に出よう!!!飛騨と明宝・秋満喫旅(2011年10月・秋盛り):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232285888.html
A そうだ!旅に出よう!!!飛騨小坂・手打ち蕎麦「平氏ヶ原」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232309744.html
B そうだ!旅に出よう!!!下島温泉「仙游館」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232317302.html
C そうだ!旅に出よう!!!飛騨高山・手打ち蕎麦「東山」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232324571.html
D そうだ!旅に出よう!!!丹生川・乗鞍ファーマーズマーケット(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232329224.html
E そうだ!旅に出よう!!!道の駅「ななもり清見」と「ホルモン久蔵」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232431865.html
F そうだ!旅に出よう!!!せせらぎ街道の紅葉と「中澤豆腐店」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232435009.html
G そうだ!旅に出よう!!!明宝マスターズ「めいほうベルグコテージ」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232441801.html
H そうだ!旅に出よう!!!明宝温泉「湯星館」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232444311.html
I そうだ!旅に出よう!!!道の駅・明宝「磨墨の里公園・めいほうミート」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232449246.html
J そうだ!旅に出よう!!!イオンタウン弥富「コメダ珈琲店・シロノワール」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232450238.html
K そうだ!旅に出よう!!!四日市市富双・大遠会館「まぐろレストラン」(2011年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/232454518.html

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事