掲載:2011年09月30日
 昨日、以下のニュースが報道された。
----------
★ ミャンマー旅行中の邦人女性、殺害される(日本テレビ系(NNN) 9月29日(木)19時49分配信)

 ミャンマーを旅行中の30歳代の日本人女性、シラマツ・チハルさんが殺害された。シラマツさんは1人でミャンマー旅行中だった。

※ 原典:
 http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20110929-00000059-nnn-int
----------
 外国旅行、失敗しないのが一番、襲われないのが一番、基本は襲われないことです。

 そんなの当然だろう!と多くの方には意味が理解出来ないと思います。先ずは以下をお読み下さい。少しは判るかも。

※ そうだ!旅に出よう!!!(東南アジア・バックパッカー・旅先から安否を伝えるには?):
 http://m-jun.seesaa.net/article/115817075.html

 外国旅行の安全は、外務省のページの上部に記載がある。

※ 海外安全ホームページ: 感染・スポット・危険情報:
 http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo.asp?id=18

● 海外では「自分の身は自分で守る」との心構えをもって、渡航・滞在の目的に合わせた情報収集や安全対策に努めてください。

 外務省のページにあるミャンマーの現状はこうです。
----------
● 犯罪発生状況、防犯対策

【安全対策基礎データ】

1. 概況
 2008年ヤンゴン管区内の犯罪発生状況は、重要犯罪(殺人、強盗、誘拐、強姦、武器関係犯罪等)が250件、その他の刑法犯罪(乗り物盗、スリ、窃盗、傷害等7罪)が11,318件となっています。
 ヤンゴン管区をはじめミャンマー国内の治安は安定しておらず、継続的な物価の上昇などの影響から、スリ、空き巣や強盗事件のほか、詐欺事件等の経済犯罪が増加傾向にあると言われており、日本人が被害に遭うことも増えています。外国人(特に日本人)は金持ちという考えが当地では定着していますので、犯罪に巻き込まれないためには、常に警戒心を忘れないことが重要です。

2. 防犯対策
 次のような防犯対策・注意が必要です。
* 不審者がいないかなど、絶えず自分の周囲に注意を払う。
* 外出時には、必要以上の現金や貴重品を極力持ち歩かない。また、旅券(パスポート)と現金は同じ場所に所持しない。
* 財布や貴重品はズボンの後ろポケットやバッグの外側など、盗まれやすい場所に入れない。
* 混雑する場所では、バッグなどの所持品は常に手元から離さないようにする。
* 観光地などでは、貴金属や衣類などを言葉巧みに高く売りつけてくる者もいるので、日本語ができる相手でも注意する。
* 夜間の単独行動は慎むように心掛ける。特に、夜間の女性の一人歩きやタクシー乗車は極力避ける。

【最新スポット情報】

ミャンマー:同時多発爆弾事件の発生に伴う注意喚起(2011年06月28日)
ミャンマー:カチン州南東部及びシャン州北部での治安情勢の悪化(注意喚起)(2011年06月20日)
ミャンマー:列車内爆弾爆発事件の発生に伴う注意喚起(2011年05月20日)
ミャンマー:カレン州ミャワディの治安情勢悪化に伴う注意喚起(2010年11月10日)
ミャンマー:シャン州コーカン特別区の治安情勢の悪化(注意喚起)(2009年08月28日)
----------

 言い換えれば、きつい言い方では有るが、自分の身を自分で守れない人は外国に行くべきで無い、其の覚悟を持っていくべきと言える。そう、本当に安全でない。日本人は安全を考えすぎない様に思う。

 これが少しの国しか旅していないが小生の考え、確かに見てみなければ何も始まらないが、見れば多くの事が判るが、それには危険が付きまとうと言う事を充分に認識して海外旅行を楽しんで頂きたいと思う。

 2009年、日本で公開された外国映画で「96時間」と言う映画がある。女性は一度見られればいい、こんな事が本当に有るから、アクション映画として作られたと言っていい。

 因みに、小生の知り合いで数年前に現地人に騙され、現地留置場に密入国で1週間ほど入って来た女性がいる。日本からの知り合いと信じる事もほどほどに・・・。

 彼女が旅行に行く前、日本で知り合った現地人の友達(女性)に会いに行くと言うので、少し話が可笑しく、信じる事は良くない注意するように言ったのだが、案の定。最後は日本の外務省のお世話に成った。でも、是は見つかった(捕まった)だけに本当にましなケース、普通は行方不明。

 それほど外国旅行は危険、現地で出会った人間、日本で知り合った人間を信じる事ほど危険な事は無い。ホテルマン・運転手・店の人間等とて男女を問わず同じである。日本人にはリスク管理が足りない。

 決して自分にも足りていたとは思わないが・・・。

※ 96時間 - Wikipedia:
 http://ja.wikipedia.org/wiki/96%E6%99%82%E9%96%93

   (*=m=*) イヨッ
掲載:2011年09月30日
110930-01_s.jpg 昼食に、場所近所に有った金毘羅製麺の「きつねうどん・大」にした。又も懲りずに天麩羅も取ってしまった。取ったものは、

・ きつねうどん大
・ ちくわ天麩羅
・ 野菜かき揚げ
・ アナゴ天麩羅

 開店時間の午前11時丁度の一番乗りだったが、既に麺に腰は無く、大阪うどん風。しかも、アナゴ天麩羅は冷凍臭か何かして身も水っぽく、貧乏人なのに一口噛んで残した。野菜かき揚げは、持てばバラける程の物でちと高価。

 小生の讃岐うどんチェーンの好みは、金毘羅製麺<丸亀製麺<讃岐製麺。

※ 讃岐製麺:(粉:熊本産阿蘇いずみ:熊本製粉)
 http://www.meshiya.co.jp/sanuki/
※ 丸亀製麺:(粉:北海道産小麦粉)
 http://www.toridoll.com/shop/marugame/
※ 金毘羅製麺:(粉:不明)
 http://www.taikotei.co.jp/shohin/shohin.html#金比羅製麺

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年09月29日
110929-01_s.jpg110929-02_s.jpg 小生のこのブログに何故か検索から一発一味の閲覧来訪者が有る。と言う事で、写して来ました一発一味(爆)。

 兵庫県産ジョロキヤ100%の一発一味(800円)、辛いもの好きにはたまらない代物かどうかは判らないが、粉を数粒舐めればラーメン一杯が辛く食べられる。普通の方には危険物。

110929-03_s.jpg110929-04_s.jpg この高槻・一発屋では、この他にも激辛商品のW唐辛子(550円)やハバネロ・ペースト(500円)が販売されている。

 この外に現在販売予定の物に、一発ラー油(ジェロキア粉末入り・400円)が有る。箸先に付けて舐めてみたが、順当な辛さでは無く、超激辛ファンにお勧め。

※ 高槻・博多長浜ラーメン 一発屋:
 http://blog.ippatsuya.com/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年09月28日
110928-01_s.jpg110928-02_s.jpg110928-03_s.jpg

 2011年09月26日(月):西池のりこ(Vo)・中島直(P)・高山良雄(B)・山名正和(D)さん: 京都・太秦「憧夢」:PM8〜を聞いて来ました。到着は1セット目終盤。

110928-04_s.jpg110928-05_s.jpg110928-06_s.jpg

110928-07_s.jpg110928-08_s.jpg 中島直さんがライブを再開されてから始めてのライブ聴視、何時もの様に楽しく聞かせて頂きました。この演奏者の面々、既に還暦を過ぎた方々でしかも現役、小生には言葉では表せない魅力が有ります。還暦を過ぎた方の演奏だから許せる、そんな演奏では無く面白い。

110928-09_s.jpg110928-10_s.jpg 新しく直ファミリーに入られたボーカル・西池のりこさん、何とも言えないパワー有る独特の歌い方、初めて聞かせて頂きました。

 ドラム・山名正和さんの現在使われているスネア、このスネアは何時も茨木 vaughanの麻生優佳さんのライブや摂津のジャズカフェ「きょん」でお会いするドラマー・山口幸雄さんのスネア、30年程前の借金3万円の形だとか(爆)。

110928-11_s.jpg110928-12_s.jpg110928-13_s.jpg110928-14_s.jpg

 この話を以前、山名正和さんからお聞きしており、山口幸雄さんに伝えると、先日30年ぶりにこの憧夢で再会したとのこと、この世界も狭い(爆)。しかし、30年も前のこと、山口幸雄さんはこのスネアを見ても「覚えが無い・・・」、若気の至りは結構忘れる(爆)。

110928-15_s.jpg110928-16_s.jpg110928-17_s.jpg110928-18_s.jpg

 そんな所にフルーティスト・高坂朝子さんとボーカリストの中尾雅美さん、共に直ファミリー、来場後に皆さんに黄色い声援を皆さんに送って居られました。そう、宴会帰り(爆)。

110928-19_s.jpg110928-20_s.jpg110928-21_s.jpg110928-22_s.jpg

110928-23_s.jpg110928-24_s.jpg 2セット目のインスト、お客さんで来て居られたピアニスト(お名前聞き忘れ、すみません。)の演奏、ライブ終了後には1曲限定の中尾雅美さん弾き語りライブ等もあり、何故か高坂朝子さんと中尾雅美さんお二人の写真も撮って終了。お二人の手のサインはハートマークだとか・・・(爆)。

110928-25_s.jpg110928-26_s.jpg 皆さんが帰られた後、何時もお話しする憧夢のお客さんでジャズファン・通称:博士と、ちと濃いお話しをして深夜帰宅。久しくの京都一夜でありました。そうそう、この日の京都は本当にいい気候、長月9月も終盤。

110928-27_s.jpg110928-28_s.jpg110928-29_s.jpg

 注記: 中尾雅美さんの演奏時は直ファミリーと関係者しか居られなかったので近接・正面撮影。メインの演奏時は、自席と他のお客さん後方からの撮影。友人から、写真撮影の姿勢に附いてクレームが来たのでちと注釈(爆)。

※ 中尾雅美さんブログ:
 http://ilovejazz.web.fc2.com/
※ 京都・太秦「憧夢」:
 http://www.106215.jp/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年09月27日
110927-01_s.jpg110927-02_s.jpg 以前、音楽を演奏または歌う人に重要な部分は腰と書いた事がある。腰が据わっていないと音楽は演奏出来ない、若しくは歌えない。音楽のリズムも腰で取っている。

 腰は音楽のリズム感が良くなると、サンバの踊りを習いに行ったミュージシャンも居られる。今も続いているかどうかは定かで無いが・・・(爆)。骨格矯正に行ったミュージシャンも居られる。

 音楽に限らず、人間腰が悪いと色々な所に悪影響を及ぼします。因みに小生は堆甲板ヘルニアで最悪です。小生の友人にも腰の悪い人間は多い・・・。ま、みな音楽の才能は0の人間ばかりですが、聞くのは好きです。

 そんな先週の土曜日、ジャズカフェ・きょんの土曜セッションを聞きに行った。本来、PCの小生の予定表には他のライブ予定が書かれていたが、その2日程前の深夜、セキュリティーソフト「ウイルスバスター2011クラウド」の「ウイルスバスター2012クラウド」への簡単更新を行ったところ、再起動の無限ループに落ちてしまった。

 そう、PCトラブル。友人宅の他のパソコンから問題の解決方法をネットで探したが、無限ループに落ちた・・・との記載は有ったが、解決方法は未だ未記入で有った。其れを何とか解決、聞いたセッション。

 定員20名程の「きょん」に当日は何と29名、オーナーの北本さんもびっくりの満杯。

 そんなセッションで何時も頑張り屋さんの女性ボーカル・谷垣明子さんが1曲歌われた。彼女の実力の程は、聞かれた方の皆が知る実力派。しかし、当日の歌うたいには小生引っ掛かりを覚えた。

 声に伸びが無いし、音域も普段より狭い。是でも多分、多くのライブをされているジャズ・ボーカリストより実力値は高い。しかし、本当に気に成ったので御本人に聞いてみた。

「今日はどうしたんですか?、声に伸びが無いし音域も狭いですが・・・」

「はい、数日前から腰が痛くて、今日何とか普通に歩ける様に成ったのです」

「やはり腰ですか、音楽には腰が重要ですね、お大事に・・・」

 音楽には腰、腰でリズムを取っていて本当に重要です。ミュージシャンの皆さんは、本人は大丈夫と思っても、思い過ごしに過ぎません。音楽家には致命傷、本当にお大事に。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年09月26日
110926-01_s.jpg110926-02_s.jpg 友人から、蕎麦の写真が送られて来た。

 祝日でも、午後3時頃の藪蕎麦はいい雰囲気でした。東京都会のど真ん中、空気や静けさや窓の外の風景は奥飛騨や飛騨のようには行きませんが、他のお客さんも、思い思いに日中からお酒を呑んだり蕎麦を食べたりのいい時間が流れていました。

・ 五菜盛り合わせ … 季節の肴もあしらった各種の味が 1,500円
・ エビス 大瓶 800円
・ せいろうそば 700円

 〆て、2800円也。

※ かんだやぶそば:せいろうそば:神田
 http://www.yabusoba.net/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年09月25日
110925-01_s.jpg110925-02_s.jpg110925-03_s.jpg





 2011年09月17日(土):Jam Session:HOST:西垣ドラミ(P)・村嶋俊治(B)さん:JAZZ Cafe・きょん:PM7時〜に行って来ました。

110925-04_s.jpg110925-05_s.jpg110925-06_s.jpg

 当日、きょん到着はPM7時頃と思いますが、既に駐車場は満杯、でも、上手く止められて居るので真ん中に何とか入れられると自転車を横に整理、何とか入庫。其処にドラム・小室武明さんが車で・・・。

110925-07_s.jpg110925-08_s.jpg110925-09_s.jpg

 小生の車を未だ奥に突っ込めば小室さんの車も止められると、小室さんにサイドを見て貰い車が止まった真ん中を一番奥まで車を入れる。そして、小室さんの車を案内、小生の後ろに着ける。この様に駐車すれば当然運転席側のドアからは出られない。2台の車共助手席側から出る。

110925-10_s.jpg110925-11_s.jpg110925-12_s.jpg

 2台の車を奥まで入れたので、普通車なら後1台、軽自動車なら後2台入る。後で見れば、軽が1台頭だけ突っ込んで有った(爆)。

110925-13_s.jpg110925-14_s.jpg110925-15_s.jpg110925-16_s.jpg
110925-17_s.jpg110925-18_s.jpg110925-19_s.jpg110925-20_s.jpg

 そんな事をして車を駐車、きょんに入る。本日は既にほぼ満席、何とか席を確保。しかし、まだまだミュージシャンと見学者が来場、きょんの定員20名に対しミュージシャン25名、見学者が4名、熱気むんむん。そう、人間一人の熱量は凡そ60W、30人の人間が居るときょんの内部に1.8KWの電気ストーブを入れた状態(爆)。

110925-21_s.jpg110925-22_s.jpg110925-23_s.jpg110925-24_s.jpg
110925-25_s.jpg110925-26_s.jpg110925-27_s.jpg110925-28_s.jpg

 しかし、演奏を聞いていると、余りの人数の多さに本日は聴視と言う状態では無い。でも、せっかく来たのだから写真でも・・・と写してみたが、音が聞こえない、新しい方の動きが演奏回数が少ないので見えない、其処で数打てば当たるかと思って無鉄砲にシャッターを切って見たが・・・無意味な没写真。

110925-29_s.jpg110925-30_s.jpg110925-31_s.jpg110925-32_s.jpg
110925-34_s.jpg110925-35_s.jpg110925-36_s.jpg110925-33_s.jpg

 撮れたのはやはり動きが判った常連さんと小生がジャズを聞き始めた中学生の時にから好きで聞いていたフルート、しかも曲はハービーマンのアルバムに入ったスタンダード、是なら写せる。そしてボーカル、やはり大きくアンサンブルが狂う事は無い。今までの撮影から、歌われる歌の殆どの体や口の動きの予想が附くので一応撮影出来るが、外は流石に無理でした。撮影の半数以上がブレや無意味な没データー。

110925-37_s.jpg110925-38_s.jpg110925-39_s.jpg110925-40_s.jpg
110925-41_s.jpg110925-42_s.jpg110925-43_s.jpg110925-44_s.jpg

 本日はブログアップを止そうかとも思いましたが、記念撮影に参加頂いた方や撮影写真を楽しみにしておられる方も居て頂く様なので此処に公開。但し、写真順は縦横を分離し、無意味に適当・・・です。すみません。

 また、今回は記念写真や説明写真、一部混雑や動けない為に仕方なく撮影したテスト写真、音の無い写真等をも含みます。

110925-45_s.jpg110925-46_s.jpg110925-47_s.jpg
110925-48_s.jpg110925-49_s.jpg110925-50_s.jpg

 演奏聞こえ、動きが読めないとミュージシャン写真は写せない。其れを再認識した一夜でした。

110925-51_s.jpg110925-52_s.jpg110925-53_s.jpg

※ 西垣ドラミさんブログ:
 http://dora-dorami.jugem.jp/
※ 長沼涼子さんブログ:
 http://blog.goo.ne.jp/ryonpiano-lea
※ 伊藤邦雄さんのギター工房(有限会社ギターワークス)HP:
 http://www.guitarworks.jp/
※ ジャズカフェきょん:
 http://www.hcn.zaq.ne.jp/live/jazzcafekyon1.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年09月24日
110924-01_s.jpg110924-02_s.jpg 2011年09月24日土曜日、三田市小野、着いて車の室外温度計を見れば何と10℃。豊中は17℃、猪名川は13℃。
110924-03_s.jpg110924-04_s.jpg 5時38分、田舎の朝は早い。既に散歩する人が幾人も居る。お爺さんと小学生の孫と散歩する姿も見られ微笑ましい。
110924-05_s.jpg110924-06_s.jpg 辺りは完全に秋の様相、実は熟し、カレンダーを知ったかの様に彼岸花が彼方此方に咲く。本物の黒豆の実はまだ小さい。
110924-07_s.jpg110924-08_s.jpg 秋はコスモス、ピンクの花を咲かそうとしているが、一本先に葉の無い物が有った。見ると小さなカタツムリ。
110924-09_s.jpg110924-10_s.jpg 稲刈りは殆ど終わっているが、未だ彼方此方に残る。乾燥機の容量以上には刈れないらしい。山田錦は未だ是から。
110924-11_s.jpg110924-12_s.jpg そんな場所には電気柵が稼動、触れれば腰を抜かす。稲掛けの田んぼ、この米は軸の栄養が米に下がり美味しい。
110924-13_s.jpg110924-14_s.jpg 販売所、夏野菜は既に無く、葉物は小松菜。それでもキュウリ少しを入手。今の黒豆の枝豆は未だ早生品種。
110924-15_s.jpg110924-16_s.jpg 栗は早生の品種は終わり、中手の栗、粒が大きいのが出てきた。相場は、粒の一番大きい物で1Kg1000円。
110924-17_s.jpg110924-18_s.jpg そんな販売所横の畑で写真を写す人、神戸から彼岸花を写しに来たとのこと。バイクで次の撮影現場に向かって行かれた。
110924-19_s.jpg110924-20_s.jpg 朝10℃、太陽が出ると一気に気温は上昇、21℃。川には小魚が泳ぐが、偏向フィルター無しでは水面反射して写らず。
110924-21_s.jpg110924-22_s.jpg 米作りの最後、稲刈りを撮影に付近を散策、コンバインを写す。少々の倒れた稲はこの機械で刈れる。大きく倒れれば駄目。
110924-23_s.jpg110924-24_s.jpg 大きく倒れた稲は昔ながらの手刈り。立った稲の手刈りより時間が掛かる。倒れた稲は水に浸かれば数日で芽が出て屑米と成る。
110924-25_s.jpg110924-26_s.jpg 帰りの川の中州にはススキの穂が風に揺れていた。

 長月9月、三田市小野、今の様相。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年09月23日
110923-01_s.jpg110923-02_s.jpg110923-03_s.jpg

 2011年09月23日(金):奥本めぐみ(Vo.P.Ac)・宮本憲(G)さん:JKcafe:PM7〜を聞いて来ました。奥本めぐみさんのライブを聞くのは本当に久しい。

110923-04_s.jpg110923-05_s.jpg 本日は祝日なのですが、2日前の深夜からインターネット接続用ノートPCのセキュリティーソフト・ウイルスバスター2011クラウドから2012クラウドへの簡単更新(実行すればPCが自動で行う操作)に失敗、PCの再立ち上げの無限地獄に陥り、その対応に丸1日以上、やっとの事で修正を終えた。

110923-06_s.jpg110923-07_s.jpg このトラブル、ネットには同じトラブルに悩む人も居られる様だが、解決方法の記載は未だ無かった。PCのトラブルと言う物は、解決方法の記載が無ければ本当に厄介。何れこの解決方法もブログ記事にします。少しお待ちを・・・。

 そんな修正を終えて、他の用も済ませ、JKcafeに奥本さんのライブを聞きに行った。此処最近JKcafeにはPM7時以前には着けず、本日も到着は7時半を過ぎていたが未だ1セット目の途中だった。少しラッキー。

110923-08_s.jpg110923-09_s.jpg ジャズスタンダードからオリジナルまで多彩、ピアノも開いていたが、是は聴けず。1セット目後半を充分に楽しませて頂いた。

 ギターリストはお若い、後で聞けば29歳。リズム感は当然の事ながら、押さえ・弾き・タイミングが本当に教科書の様に感じる演奏です。うーん、とある演奏者の方との共演が見て見たい・・・。

110923-10_s.jpg110923-11_s.jpg 2セット目、本当に久しくなので再びご本人と宮本さんに写真撮影の許可を頂き、聞きながら撮影。椅子に座って其処から見る表情と、望遠レンズを通し身近で見て聞く表情の余りの違いに小生もちとびっくり。歌う表情が、ちと小柳淳子さんに同じだったりもする。自分の中で是は面白いと苦笑。

 演奏が終了、アンコールの拍手、観客の皆さんからも同様の拍手、当然の結果。楽しく最後まで聞かせて頂きました。

110923-12_s.jpg110923-13_s.jpg110923-14_s.jpg

 演奏終了後、小生のライブレポ恒例の記念写真を撮らせて頂き終了。ブログ掲載の許可もお二人から頂いた。その際、ボーカルさんが真剣に歌われる姿は余り綺麗で無い旨もうし上げたが、演奏中の姿で有れば何れの写真も掲載OKと快く承諾頂いた。有り難い。

110923-15_s.jpg110923-16_s.jpg110923-17_s.jpg110923-18_s.jpg

 そんな写真、カメラレンズが暗いのは毎回のこと、画像処理ソフトで明るくした。粒子荒れで失礼だが、ライブ雰囲気は充分に伝わると思う、是でご勘弁。

110923-19_s.jpg110923-20_s.jpg110923-21_s.jpg

※ 奥本めぐみ・さんHP:
 http://www.megumi-okumoto.com/
※ 宮本憲さんブログ:
 http://miyamotoken.jugem.jp/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年09月22日
110922-01_s.jpg110922-02_s.jpg110922-03_s.jpg

 2011年09月21日(水):new generations of TONE BASS TRIO:刀祢直和(b)・藤川幸恵(P)・鳥垣優羽(D):茨木 vaughan:PM8〜を聞いて来ました。

110922-04_s.jpg110922-05_s.jpg110922-06_s.jpg

 new generations と有ったので、最近の小生の志向にも合うと9月始めに茨木vaughanのスケジュールをチェックしていた。最初から聞きたかったが、到着は午後9時前、茨木vaughaの分厚い扉の前で数分間聞いた。全ての音が満遍なく飛んでくる。音も新鮮で面白い。

110922-07_s.jpg110922-08_s.jpg110922-09_s.jpg そう、本日は刀祢直和さんのベースにお若い二人のピアノとドラム、其れも共に女性である。此処最近までお若い方の出現と言うのはとんと無かったと思うが、加納新吾(P)さんや泉川貴広(P)さんを聞いた頃から本当にお若い方の演奏を聞く機会に恵まれて来た。
110922-10_s.jpg110922-11_s.jpg110922-12_s.jpg ピアノ・藤川幸恵さん、そう、先日聞いた「おしゃんぴ〜トリオ」のピアノ。ドラム・鳥垣優羽は初めてお聞きする。師匠はドラマー・東原力哉さん、そんな色も感じ、以前此処で麻生優佳さんのライブの時に聞いた大辻彩さんとはまた違ったドラムを叩かれる。共にリズム感は抜群、当然写真に写る姿勢も安定している。
110922-13_s.jpg110922-14_s.jpg110922-15_s.jpg 今回の撮影で一番の苦労は、鳥垣優羽さんのドラムセッティングのシンバルが顔のまん前、高い位置に有る。ちと観客の皆さんに失礼して椅子の上から速射。見れば同じような写真に成ってしまった。
110922-16_s.jpg110922-17_s.jpg110922-18_s.jpg お若いピアノ・ドラムと刀祢直和さん、多分お歳は倍ほど違うと思うが、その年齢差を感じさせない演奏、このトリオは面白い。刀祢直和さんの提示される譜面は非常に難しいと思うが、是からの展開が期待出来るトリオ、皆さんも機会有れば是非。

110922-19_s.jpg110922-20_s.jpg 皆さんの実力の程と面白さは、今回の写真に充分写っていると思う。

 そうそう、藤川幸恵さん、「おしゃんぴ〜トリオ」の演奏をすれば、髪が非常に痛むらしい。そう、本日は普通に黒髪(爆)。

※ 刀祢直和さんHP:
 http://www.tonebass.com/
※ 藤川幸恵さんブログ:
 http://ameblo.jp/pororijp/
※ 鳥垣優羽さんブログ:
 http://drumsyou.exblog.jp/11844077/
※ おしゃんぴ〜ブログ:おしゃんぴ〜トリオ:
 http://osyannpi.exblog.jp/i2/
※ 茨木 vaughan HP:
 http://www.hcn.zaq.ne.jp/vaughan-ibaraki/

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事