掲載:2011年08月31日
110831-01_s.jpg110831-02_s.jpg 先日、何時も行く三田の路地野菜販売所でご一緒する女性にそば茶を貰った。多分、先日お教えした大峰山入口洞川温泉に行かれたお土産。

 そう、大峰山は今でも女人禁制の山、2000年以前、某女性団体がこの時代可笑しいと騒ぎ、この女人禁制を解こうとしたお山である。是に根負け、2000年に開放するとしたのだが・・・。

 是に反対したのが大峰山信仰・信者の女性人、世に一つくらい女人禁制の山が有ってもいいのでは無いかと開放に反対、現在に至る。女性は強い!(爆)。

 そんな所に行くと言うので昼食場所に大峰山の名水「ごろごろ水」で打たれた手打ち蕎麦の店「手打ち蕎麦・清九郎」をお教えした。結果は、男性人が山に登り降りて来るまでの間に食したとのこと、素直に美味しかったとの言葉を頂いた。

 そう、「ごろごろ水」は小生が近畿一番の名水と称する水、蕎麦は水が命、美味しくない筈は無い。

 お土産のそば茶、しかし信州産(爆)。そう、此処「清九郎」の蕎麦粉も多分、以前にも書いている様に信州産。そば茶にもそのまま食べられる物と食べられ無い物が有るが、是は食べられた。

 其処で考えたのが、ご飯にこのそば茶を振り掛け、わさび・醤油を落とし湯を掛けたそば茶茶漬け。香ばしくて結構いける。味は、「そばあられ」。

※ 洞川温泉(どろがわおんせん)珍道中:「ごろごろ水」・お食事処「とり長」・蕎麦処「清九郎」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/115816651.html
※ そば処・「清九郎」・奈良県吉野郡天川村洞川:
 http://m-jun.seesaa.net/article/115816662.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年08月30日
110830-01_s.jpg 灰汁の少ない茄子として熊本の赤茄子(灰汁が少なく生で食べられる。)が有名だが、小生は茄子が好きで灰汁を覚悟でサラダに入れたりもする。

 殆どのナスは包丁で切った瞬間から茶色く色が附いていくが、先日食べた茄子1個はそう成らなかった。そのサラダには茄子2個を切って入れたが、1個は通常どうり赤茶色になって行った。

 しかし、1個は新しい切った時の状態を保っていた。是は面白いと茄子2切れをそのまま放置して置いた。結果、1時間経っても写真の様に灰汁による変色等は見られなかった。

 ま、突然変異と言う事なのだろう。同じ所で買った他の茄子は切った直ぐに変色しだした。この種が取れれば一攫千金だったのに・・・。切ってからしか判らないと言うのが難点(爆)。

※ 熊本赤なす - 熊本県庁:
 http://www.pref.kumamoto.jp/site/kumamotohurusatoyasai/kumamotoakanasu.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年08月29日
110829-01_s.jpg110829-02_s.jpg110829-03_s.jpg
 2011年08月27日(土):堀越加那子(P)・仲野周一(B)・小室武明(D)さん:JAZZ Cafe・きょん:7:00PMオープン・7:30〜 ライブを聞いて来ました。
110829-04_s.jpg110829-05_s.jpg110829-06_s.jpg110829-07_s.jpg
 本日は何時も此処「JAZZ Cafe・きょん」でお会いするドラマー・小室武明さんの初めてのリーダー・ライブ、如何なる物かと行って来ました。
110829-08_s.jpg110829-09_s.jpg110829-10_s.jpg110829-11_s.jpg
 ピアノ・堀越加那子さんとベース・仲野周一さんは初めてお会いする。お二人ともお若い。
110829-12_s.jpg110829-13_s.jpg110829-14_s.jpg110829-15_s.jpg
 演奏は・・・、皆さんお若く、音自体も若い。初めて組んだバンドで始めてのリーダーライブ、色々な事が顕著に表れておりました。
110829-16_s.jpg110829-17_s.jpg 演奏中のMCにも突っ込みが入り、何時ものセッションの乗りで有り、楽しく聞かせて頂きました。。

 演奏終了後の小室武明さん、「思った音色が出ませんでした。」との言葉。

 そして、小室武明さん最後の言葉は、「100回のセッションより1回のリーダー・ライブ」。

 そう、演奏家にとって、セッションで得るものとライブで得るもの、また基礎練習で得るものの違いは大きく、また違う物でもある。
110829-18_s.jpg110829-19_s.jpg110829-20_s.jpg
 また、ライブは継続が一番難しく、また3回目以降に色々な意味で本当に実力が判る。是からです、まだまだお若い、頑張って下さい。記念写真を撮り終了。

110829-21_s.jpg そうそう、本日、小室武明さんの眼鏡と同じような眼鏡をかけた女医さんか英語教師の様な方も観客に居られました(爆)。

※ ジャズカフェ・きょん:
 http://www.hcn.zaq.ne.jp/live/jazzcafekyon1.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年08月28日
110828-01_s.jpg110828-02_s.jpg 早朝に到着したが道中霧の様相、秋に一歩近づいた。三田・篠山とお米の美味しい場所には霧が湧く。稲穂は随分に重くなった。
110828-03_s.jpg110828-04_s.jpg 柿も栗も実は少し黄色く色附いて来た様にも思う。露地野菜販売所からは夏野菜が消えつつある。
110828-05_s.jpg110828-06_s.jpg そんな販売所横に有る精米所に朝早くからお客さん、見れば5歩つきにされていた。健康志向の10Kg/100円。
110828-07_s.jpg110828-08_s.jpg その奥には茅葺屋根の家も未だ残る、横の木には自然薯のつるが巻きついていた。
110828-09_s.jpg110828-10_s.jpg 畑には最後で有ろうトマトと秋に向けて、黒豆・人参・さつまいもが順調に育っていた。三田市小野、8月葉月も終盤。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年08月27日
110827-01_s.jpg110827-02_s.jpg 是は当然ライブハウス個々の照明に大きく依存する訳であるが・・・。昨日の小柳エリコ(Vo)・井野アキヲ(G)さん、茨木 vaughanのライブ時に偶々(たまたま)ポケットに露出計が入っていたので計って見た。

110827-03_s.jpg110827-04_s.jpg 茨木ボーンのライブ時のスポットライトの一番明るい中心部分の適正露光は、ASA(ISO)2000・F=5.62・T=1/60秒だった。ただ、この光のセンターに人物が来る事はまれ。

 そう、然程明るくない。

 そんな小生の何時ものカメラ設定は、ISO3200のT=1/60秒固定。カメラレンズの開放F値が一番明るい状態で5.6、何時もライブ写真が暗いのはこのおかげ(爆)。

 本来ならデーターをRAWで撮影、大きく補正するべきなんでしょうが・・・。趣味の範囲と言う事で・・・。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年08月26日
110826-01_s.jpg110826-02_s.jpg110826-03_s.jpg
 2011年08月25日(木):小柳エリコ(Vo)・井野アキヲ(G)さん:茨木 vaughan:PM8時〜を聴いて来ました。此処、茨木 vaughanでこのお二人のDUOが聞けると言う事が決まったのが先月の半ば、麻生優佳さんのライブに小柳エリコさんが1曲飛び入り、マスターの計らいでライブが決定した。

110826-04_s.jpg110826-05_s.jpg その後、井野アキヲさんが宮阪昌子さんのライブに来られ日程が決定。

 そのDUOライブが本日。本当にお二人とも聞くのは久しい。小生のブログを検索すれば、小柳エリコさんのライブを聞くのは凡そ半年ぶり、井野アキヲさんのギターを聞くのは7ヶ月程度、楽しみに行って来た。
110826-06_s.jpg110826-07_s.jpg110826-08_s.jpg
110826-09_s.jpg110826-10_s.jpg 豊中を出たのが午後8時15分を回っていたが、この茨木 vaughan、車なら本当に近い。信号も最大で4箇所程度しか無い。従って、下手をしても30分以内には到着。

 本日のボーン横の駐車場到着は8時30分を少し回った。ボーンの厚い扉の前に立つと心地よいギターの音が聞こえて来た。
110826-11_s.jpg110826-12_s.jpg多分、始まって間なし、1曲目の終わり。

 そんな井野アキヲさんのギター、何時もと音色が違う。そう思って見ると、ギターが変わっていた。そんなギターに乗せて歌う小柳エリコさんの歌声、本当に軽快です。
110826-13_s.jpg110826-14_s.jpg110826-15_s.jpg
110826-16_s.jpg110826-17_s.jpg 井野アキヲさん、小柳エリコさんとこのDUOを組んで半年程度と言うが、本当に良く出来ている。このお二人と知り合ったのはお二人同時、其れもジャズを始めたほぼ当初からのお知り合い。お二人の遍歴を全て知ってると言ってもいいほど良く聞いている(爆)。
110826-18_s.jpg110826-19_s.jpgでも、このDUO、以前から有るように思うほど良く出来ている。息もぴったり面白い。

 小柳エリコさんが長くDUOで共演されているゴンエリ(ピアニスト・中山卓士さん、通称:GONさん)ライブと言うものが有るが、是ともまた傾向が違う。
110826-20_s.jpg110826-21_s.jpg110826-22_s.jpg
 ここボーンの観客の皆さんの多くはミュージシャン、なので見ていて小生には反応が面白い。

110826-23_s.jpg110826-24_s.jpg そして、ボーカル・小柳エリコさんに附いて本日改めて気が付いた事がある。そう、小柳エリコさんのMCが短く成った・・・。と言うのは、ま本当。しかし、嫌味無く上手く観客を読み次の曲に繋げる。
110826-25_s.jpg110826-26_s.jpg でも、本当に気が付いた事はそんな事では無い。小柳エリコさんのMCの声と歌う声のトーンが全く異なる。多分、意図しては変えて居られないとは思うが、是が特徴といえば言えなくも無い。是が歌への切り替えと観客には聞こえる。
110826-27_s.jpg MCと歌が同じトーンだと切り替えがはっきりしない。従ってだらだらしたライブに成るが、この辺り、意図して居なくてもライブの強みかも知れ無い。当然、歌唱力有ってのことだが・・・。
110826-28_s.jpg110826-29_s.jpg 昨今、本当にお若い方のジャズライブは面白く無い。CDの方が幾らか面白いと言う物が新しく聞けば大半だが、これ等皆さんは本当にジャズが好きと思われない。ただ単に歌が好きと言うのは判るのだが・・・。

 本日、観客にボーカリスト・宮阪昌子さんも居られ、1曲歌われた。是は是でまた違った歌うたい。お二人のボーカル、明らかに違いが有り面白い。

110826-30_s.jpg この茨木 vaughan、何故か不思議空間、何時もライブの時には飛び入りは無しと言う井野アキヲさん、本日のライブ終了後にも観客で居られたギターリスト・武田裕貴さん田中渉さんの3人で1曲演奏された。本当のセッションなので是は是、探り合いから成り立ちまで面白く聞かせて頂きました。共にブログ掲載許可を頂いたので下手な写真を1枚。

110826-31_s.jpg110826-32_s.jpg110826-33_s.jpg 演奏も終了してしばし歓談、其処で小生の撮った写真を少し見たが、皆さん同様に目を瞑(つむ)った写真が多い。でも、小柳エリコさん曰く、

「え!そんなに目瞑ってますか?」

110826-34_s.jpg110826-35_s.jpg はい、歌う時は殆どの方が目を開けて歌うと言う事は少ないです。目を開けた写真を撮る方が本当に難しい。一瞬しか目が開きませんから・・・。其れが皆さんご自分ではお分かりに成らないらしい。是はボーカリストの皆さん殆ど同じ。

 このお二人のDUOライブ、茨木 vaughanで恒例になればまたまた面白い。皆さんもチェック!。

※ 小柳エリコさんブログ:
 http://erikooyanagi.jugem.jp/
※ 井野アキヲさんブログ:
 http://ameblo.jp/akiooakioo/
※ 茨木・ヴォーン:
 http://www.hcn.zaq.ne.jp/vaughan-ibaraki/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年08月25日
110825-01_s.jpg 昨日のブログで、最近の野菜は皮が硬いと書いたが・・・。是は、現代の野菜は皮が硬い事を意図して作られている。昔の野菜とは全くの別物です。

 是は、品種改良が単に害虫に強い・美味しいとかだけで無く、輸送・販売までを含んだ流通までを考慮して種が品種改良されている事にある。つまり、熟れるより売り易い野菜が優先されている可能性がある。

 そんな事で昔の種は売れずに姿を消し、現代の種ばかりに成る。従って、現代の野菜は殆どが皮が硬い、しっかりした野菜と言う事でおいしいと言う物は本当に自分自身で作らなければ得られないのかも知れない。其れも種を入手するとこから始めないと得られない。

 現代のトマト、出荷は先頭が少し赤く成った時に収穫出荷、売ってるトマトは皆赤い。結構な時間経過を経ても皮が硬いので潰れることも無い。そんな物を街の人間は食べている。

 やはり何れの野菜も熟した新鮮な物が一番。しかし、家庭菜園で作ってみれば、野菜臭い・・・との声も聞かれ、是もまた好まれないのかも知れない(爆)。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年08月24日
110824-01_s.jpg110824-02_s.jpg 三田市小野、稲穂には雑草のヒエ・アワが混ざる様になった。是から亀虫活動時期、大変。豆類の生育も目立つ。
110824-03_s.jpg110824-04_s.jpg 唐辛子類も既に最盛期を過ぎつつあり、夏野菜は既に末成り、小芋も生育中。黒豆も多く作られているが、枝豆出荷で10月中。
110824-05_s.jpg110824-06_s.jpg 木に残った山椒は是から赤く色づく。イチジクは鳥害防止用のネットを被って是からだが、昔蟻と一緒に食べた事があり敬遠。
110824-07_s.jpg110824-08_s.jpg 路地野菜販売所の販売内容は先週に変わらないが、既に夏野菜の最盛期も過ぎ秋に変わりつつ有るのが判る。もう直ぐ端境期。
110824-09_s.jpg110824-10_s.jpg パプリカも販売、最近の野菜は皮が硬い。漬け物、漬けている方が殿様蛙の背中と言う瓜、余りの似すぎで買わなく成った(爆)。
110824-11_s.jpg
 この日、井戸水を貰う為に持って行ったペットボトルは友人の分も含め50L分余り、車は重く成った。そこで安納芋を頂いたが、小生芋は余り好まない。少し頂いたので丁度いいが、少し食べても芋は鳴門金時の方が関西人には美味しく感じる。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年08月23日
110823-01_s.jpg110823-02_s.jpg110823-03_s.jpg 小生のこのブログには飛騨小坂の蕎麦屋さんの記事が多い関係からか、飛騨小坂の滝めぐりの初心者コース地図を探すで有ろう検索からの閲覧者がある。其処で地図のありかを紹介。

 飛騨小坂には一杯の滝が有るが、初心者コースである(唐谷滝・あかがねとよ・三ツ滝・根尾の滝・緋の滝・白糸の滝・仙人滝)でさえネット上で地図を容易に見る事は難しい。

 そんな地図、小生は数年前の濁河温泉の旅の時に見つけていた。そう、濁河温泉の遊歩道周遊コース(1周4時間)コース上に緋の滝・白糸の滝・仙人滝が有る。

 その他の初心者コースはがんだて公園周辺の唐谷滝・あかがねとよ・三ツ滝・根尾の滝のコース、この2つのコースが一般的に初心者が容易に行けるコース。

 この地図は、「南飛騨森林浴回廊」の中に有る。
------------------------------
※ 大らかな自然を歩こう!南飛騨森林浴回廊:
 http://www2.city.gero.lg.jp/HP/mori/route-shinrinyokukairou.html

 下呂市を含む南飛騨地域では、豊かな自然を堪能していただくために、初心者から上級者まで歩けるウォーキングコースを用意しました。ガイドマップには等高線・難易度・コースの見所・所要時間など詳しく記載してあります。大地の恵みそして地域の生活を満喫していただけます。
------------------------------
 とあり、この森林浴回廊の20と21に小坂滝めぐりの地図がある。

★ 御嶽山と亜高山帯原生林散策コース地図:

 濁河温泉原生林遊歩道(緋の滝・白糸の滝・仙人滝)と御嶽山登山道 下呂市小坂町 初心者・健脚 周回1〜3時間・山頂まで5時間。

※ 濁河温泉原生林遊歩道と御嶽山登山道:
 http://www2.city.gero.lg.jp/HP/mori/kairou/2001nigorigo.pdf

★ 日本一の溶岩流と滝めぐりコース地図:

 がんだて公園周辺コース(唐谷滝・あかがねとよ・三ツ滝)、初心者で周回4時間。根尾の滝遊歩道、初心者で往復2時間。

※ がんだて公園周辺コース;
 http://www2.city.gero.lg.jp/HP/mori/kairou/2101ganndate.pdf
※ 根尾の滝遊歩道:
 http://www2.city.gero.lg.jp/HP/mori/kairou/2102neono.pdf

 因みに、下呂市でこの「南飛騨森林浴回廊」の地図を紹介しているのは、飛騨・金山町観光協会しかない。この金山町観光協会HPは、小生思う飛騨で一番素晴らしいHPである。

※ 衰退する温泉街・「下呂市の観光HPと対応」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/212626304.html
※ 岐阜県下呂市金山町 金山町観光協会:
 http://www.seiryu.ne.jp/~kankou-kanayama/

※ そうだ!旅に出よう!!!・国有林への入林許可:
 http://m-jun.seesaa.net/article/143417797.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年08月22日
110822-01_s.jpg110822-02_s.jpg 2011年08月20日(土):Jam Session:HOST:あかぎしほ(P)・清水邦彦(B)さん:JAZZ Cafe・きょん:PM07:00〜10:00を聞いて来ました。
110822-03_s.jpg110822-04_s.jpg この土曜の「きょん」のジャムセッション、通常のライブと異なりミュージシャンの皆さんのお遊び、構えて聞く必要が無いので小生の恒例に成りつつ有る。小生には充分な癒し。
110822-05_s.jpg110822-06_s.jpg  きょん到着はPM7時過ぎ、駐車場は既に満杯でしたが、丁度最後の方が車を入れる所、其れを上手く駐車して頂いて何とか8台駐車。でもこの止め方は出すのも大変(爆)。
110822-07_s.jpg110822-08_s.jpg110822-09_s.jpg
110822-10_s.jpg110822-11_s.jpg110822-12_s.jpg
110822-13_s.jpg110822-14_s.jpg110822-15_s.jpg
 本日は暴走・爆走ピアニスト?の”あかぎしほ”さんと先日師匠のベース音を聞かせて頂いた”清水邦彦”さんのホスト、やはり皆さん暴走致しました。写真は何故かフロントが飛んでる!。これは是で面白い。
110822-16_s.jpg110822-17_s.jpg110822-18_s.jpg110822-19s.jpg
 何時も上手く写真に撮れない赤木志穂さん、本日は上手く撮れたと確認すると、目が飛んでた!。でも、この写真、所望とか・・・。昨今は大写し禁止とか、そんな赤木さんを大きく撮れば何方かに似てる(爆)。
110822-20_s.jpg110822-21_s.jpg110822-22_s.jpg110822-23_s.jpg
110822-24_s.jpg110822-25_s.jpg110822-26_s.jpg110822-27_s.jpg
110822-28_s.jpg110822-29_s.jpg110822-30_s.jpg110822-31_s.jpg
110822-32_s.jpg110822-33_s.jpg110822-34_s.jpg 皆さんが演奏も歌も、果ては最後のお話まで暴走状態、とても書けるお話しでは有りません(爆)。しかし、本日は某Iさんが居られないのでPM11時に正常に散会、本当に久しくの暴走セッションで有りました。たまにはこんな暴走を聞くのも面白い。
110822-35_s.jpg110822-36_s.jpg110822-37_s.jpg
110822-38_s.jpg※ 赤木しほ(志穂)さんHP:
 http://shihoakagi.com/default.aspx
※ 清水邦彦さんブログ:
 http://naniwabass.exblog.jp/
※ ジャズカフェ・きょん:
 http://www.hcn.zaq.ne.jp/live/jazzcafekyon1.html

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事