掲載:2011年02月28日
110228-01.jpg 一品280円の鳥貴族、是を頼めばお得というTV番組情報!。鳥好きの小生は一度行かなければ・・・(爆)。

@淡麗大ジョッキ(700ml)
A山崎10年
Bもも貴族焼き
C生ビール(一番しぼり)
Dかま飯

※ 鳥貴族:
 http://www.torikizoku.co.jp/

 この鳥貴族のHP、何か有る・・・重い・・・。小生のセキュリティー設定では写真の様に表示されない・・・(爆)。此処までに成るのは、通常Hサイトしな無いのだが・・・。

★ 2011年08月08日追記: バラエティー「お試しかっ!」

☆ 「鳥貴族・人気メニューベスト10」:

@ もも貴族焼
A キャベツ盛(3回お替りで元)
B かわ
C ハート
D 砂ずり
E つくね
F ポテトフライ
G とり釜飯
H ピリ辛キューリ漬
I つくねチーズ焼

☆ 「お店が得しないメニューランキング」

@ もも貴族焼
A とろろ焼
B 牛串焼
C つくねチーズ焼
D とり釜飯


   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年02月27日
110227-02.jpg110227-03.jpg 2011年02月26日(土):宮脇三幸(Vo)・境ちせこ(知成子)(P)・宝田裕士(B)・鈴木泰徳(D)さん:Jazz Cafe(ジャズカフェ) きょん:PM7時30分〜を聞いて来ました。Jazz Cafe 「きょん」とは摂津市香露園に有るギターリスト北本誠さんのお店、本日は多くあるライブの中から、以前聞きそびれた宮脇三幸さんのボーカルを聞く事にしました。

 土曜日と言う事もあり、多くの聞いて見たいライブが重なって居りました。そんな本日は朝から日本の女性ジャズ・ボーカリスト2名のLPをジャズ好きの方と一緒に試聴して居りました。今だから聞こえる(見える)物が一杯(爆)。

 そのLP、良く聞けば、1曲1曲バックバンドが違って居りました。上手い人も居れば、正直下手な人も・・・。二人で大笑い。そう、当時は是で良かったのでしょう。今の様にデジタル処理も出来ないし・・・。現在は、3分の曲を凡そ30にも分割接続調整して有ると言う。

 そんな事から、生音、如何に難しいか・・・。本日のライブを聴く前に、LP聴視の後、音楽映像附きも見ました。生の様に写っていましたが、ドラム合っていませんでした(爆)。そう、映像有りでもこんなのが氾濫・・・。

 宮脇三幸(Vo)さんは初めてお聞きします。ハスキーボイス、往年の某歌手を思い出しました。

110227-04.jpg110227-05.jpg110227-06.jpg110227-07.jpg

110227-08.jpg110227-09.jpg110227-10.jpg110227-11.jpg

110227-12.jpg110227-13.jpg110227-14.jpg110227-15.jpg

 エレキベース、宝田”ダダ”祐士さんも初めてお聞きします。京都のエレキベース奏者、長谷川晃さんの様に本当に楽しいベースを演奏されます。

110227-23.jpg 境ちせこさん、鈴木泰徳さん、御馴染みです。二人の息はぴったり。

 境ちせこさん、何時もピアノに向かう横顔写真ばかり。そこで、本日は演奏終了後、横に居られた境さんを50cmの至近距離から写真を撮らせて頂きました。ま、無理にかも・・・(爆)。そうそう、ジャズミュージシャンの女性、何故か皆さん20代でお歳が止まる様であります。

 本日の鈴木泰徳さんのスネアの音は、ボーカルバックに最適な音のスネアでした。小生、このスネアの音、好きです。

 そして、本日の2セット目開始のインスト、鍵盤ハーモニカの”よしだけいこ”さん、ドラムの金田喜八郎さんがセッションで入られました。皆さん、多彩。。

110227-16.jpg110227-17.jpg110227-18.jpg110227-19.jpg

110227-20.jpg110227-21.jpg そんな本日のライブは写真で・・・。最後に、ジャズカフェ・きょんオーナー・北本誠さんを一枚。

110227-22.jpg110227-24.jpg

※ 宮脇三幸さんのI like my life:
 http://ameblo.jp/great-sudden-reversal/
※ 境ちせこさんのブログ:何のむ?:
 http://popomama.exblog.jp/
※ ジャズカフェ・きょん:
 http://www.hcn.zaq.ne.jp/live/jazzcafekyon1.html
※ はせがわあきら音楽事務所:
 http://www.rinkimo.com/hasse/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年02月27日
110227-01.jpg ジャス・ベーシストで有る中山良一さんが先日、還暦を迎えられた。その演奏会終了後の歓談の中での話が、某方のMIXIに記載されていた。

『1つの音で説得できないモン(者)がね、沢山の音を弾いたってアカンのよ。』

『休符にも音があるんやで、その間合いが大切なんや。』

 当然と言えば当然の話だが、奥は深い。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年02月26日
FI2624231_1E.jpg 現在まで、ジャズを聴き、このJAZZシリーズに演奏者の事を、実験・実証し色々な事を書いてきた。そんなことばかりを考えて聞いている訳では無いが、ジャズを多く聞いていると自分に音楽が出来なくても聞く時に余裕が有れば自然と色々と聞こえて来る。

 そう、完璧では無いステージという事なのだろう。当然、趣味の範囲と言う事からして好き嫌いと言うのも充分に作用する。何かが火を附ければ、高速で聴視の感覚が回り出す。

 是が一般に言われる素人ジャズ評論家、そう、ジャズライブを一杯聞けば皆が確かにそうなる(爆)。是を人様に言うか言わないか、書くか書かないだけの違いであろう。

 良く、良く判らないミュージシャンの言葉に以下の様な物がある。

「此処の人間は音楽が判らん・・・」

 音楽、演奏者がプロで有っても、音楽を聴くのは一般聴衆、幾らのプロで有っても其れを聴くのは一般人である事を忘れては成らないし、一般人の感覚の凄さを知らないミュージシャンの言う言葉が上の言葉である。

 その存在感の一つは、音や声に痺(しび)れると言う事で表されるのかも知れない。貴方はそんな音楽を聞いた事が有りますか?、其れは決して物真似では出来ない。物真似は二流にしか成れない。

 痺れると言うこと、其れは観客が身震いする事である。其れは他の人が持って居ない声で有ったり音で有ったり、それらは確実に観客を魅了する。

 其れは音楽がソロで無い限り、共演者全ての合わさった力で無ければ出来ない事でもある。

 素晴らしいミュージシャンとは、実力・人間性等の全てを含んだ「らしさ」と絶対の表現力、そして、それらを称した「存在感」である。

 この「存在感」、もう少し追ってみたい。ただ、多くは人と同じで無い個性の中に存在する様に思う。多く拝見させて頂く、○○と同じみたい・・・、多分この方は○○のお弟子さん・・・、そんな方の中には絶対無いことだけは確か。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年02月25日
110225-01.jpg 水菜(大)1個と薄揚げ5枚を1時間ほど炊けば、丼一杯の量に成ります。凡そ生の1/5程度。炊いた野菜と言うのは一杯食べられます。生野菜は食べた様でも量は有りません。

 この丼一杯の水菜を食べようとすれば、本当に野菜好きで無いと食べられません。何故か前回の白菜(大)1個を炊いた物の様には食べられないのが水菜、是は2日に分けて食べます。何か、あのしゃきしゃき繊維のためですね。

 また、是を炊くと多くの水菜出汁が残りますが、今回はうどんを入れても美味しく有りません。薄味にして、水菜と同じ時に食べる以外に方法は有りません。作る場合、始めの水を入れるのを少なくして、はりはり鍋風に食べるのがいいと思います。

 因みに、この水菜の(大)1個とは、皆さんがスーパー等で買われる大きさの水菜では有りません。路地野菜の水菜とは昔の水菜、軸も太く口径は20Cm長さは40Cmほど有ります。そう、昔から有る水菜の事です。

 今のスーパーに有る水菜とか、サラダ水菜は品種が違います。

※ 白菜(大)1個を炊けば・・・:
 http://m-jun.seesaa.net/article/186569424.html
※ 冬に好きな物「白菜の炊いたん」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/185881088.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年02月24日
110224-05.jpg110224-01.jpg 小生が毎週の気分転換も兼ねたドライブで行く三田市の路地野菜の買出し、そんな道筋に手打ち蕎麦のお店が出来たと昨年聞いた。何時も前を通るのだが、時間が早く開店前に行き帰り、そんなお店に路地野菜販売所で時間を潰し行って来た。

 店は西国三十三箇所・霊場めぐりの札所・「花山院」の参道前に有る。丁度11時の開店に合わせ行ったので店主は蕎麦を打たれていた。店に入ると、薪きストーブが燃えていた。会社を息子さんに譲り、老後の嗜みと言う。

110224-02.jpg110224-06.jpg 火の入った囲炉裏附きのテーブルに座ると、手作りのオーディオスピーカーが目に附いた。壁を見るとコルトレーンのポスター。そう、ジャズ好き。メインストリームのCDが殆ど全部揃っている。今は神戸で新しいミュージシャンを応援しているとのこと・・・。

 そんな雑談をしていると、注文も聞かず間違って温かい蕎麦が出て来た・・・(爆)。早速、写真を失念して其れを食べ、冷たい蕎麦を食べ・・・、ジャズの話で盛り上がり・・・、蕎麦の話をして・・・、その間にお客さん。小生も結構試されました(爆)。ま、当然と言えば当然の話。

 蕎麦食べて、蕎麦の話をして、ジャズの話をして趣味一杯の蕎麦屋さん。

 そうそう、蕎麦を打って20年、ここで蕎麦打ち教室や以下の教室もされている。蕎麦は北海道産蕎麦粉、1番粉80%・2番粉20%の素直で素朴な蕎麦の味。まだまだ出汁・返しを含め研究中とか・・・。

110224-03.jpg 今後、畑を借りて、日本の蕎麦の実を育てたいとのこと。写真は右側の小さい蕎麦の種が中国産(300円/s)、左が日本の種。日本産蕎麦の実の種の価格は中国産の6倍。現在の日本産蕎麦でも、元種は中国産と言う物は結構多い。

110224-04.jpg※ 手打ち蕎麦「花山の里」

○ そば・うどん打ち体験教室
○ そば打ち同好会
○ キムチつくり教室
○ EM菌ボカシ・石鹸つくり
○ 有機無農薬野菜つくり
○ 薪ストーブ普及研究会
○ サークル・ギャラリー会場

 住所:三田市尼寺53(花山院参道前)
 電話:079-566-1011

※ 花山院に地域交流拠点 野菜販売やそば打ちも(神戸新聞):
 http://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/0003643012.shtml
※ 花山院菩提寺HP:
 http://sanda-kazanin.com/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年02月23日
110223-01.jpg110223-02.jpg 2010年12月05日(日):高橋一郎(S)・高橋雅人(P)・松井仁司(B)・西村直浩(D)+寺澤香織(Vo)さん:JK茨木:PM8〜10時、を聞いて来ました。そう、昼も夜も夜もJK・・・(爆)。

 Jkcafeから茨木に行くと未だ演奏は始まって無かった。高橋一郎さんとピアノ・高橋雅人さんが打ち合わせ中、高橋雅人さんのお顔を拝見すると何処かでお見かけしたことがある。

 其処にJKcafeでもお見かけしたことの有る高橋一郎さんのお友達が聴視に見えられて居た。ベース・松井仁司さんも何処かでお見かけした事が有るが、何処でお見かけしたのか気になっていた。このブログに添付するために写真を選択して、演奏中の左右の手を見て始めて何処でお会いしたか思い出しました・・・(爆)。記憶と言う物は本当に面白い物です。

110223-03.jpg110223-04.jpg110223-05.jpg110223-06.jpg110223-07.jpg

 ドラム・西村直浩さん、ボーカル・寺澤香織さんは初めてお目に掛かりました。

 演奏とバンド、本当に人間性の問題ですね。そんな音が致しました。そう、小生は同年代の演奏を聞くのが本当に好きです。

 皆さんお若い、高橋さんの出す音と皆さんの出される音の年齢差、本当に面白く聞かせて頂きました。そう、高橋さんが出されたゲゲゲ、今のお若い方はもう知られないのでは???・・・「ゲゲゲの女房」で掛かっているのかな?。

110223-08.jpg110223-09.jpg110223-10.jpg110223-11.jpg110223-12.jpg

 是から期待のお若い皆さん、性格の出たいい演奏でした。是からも精進下さい。

 次回は4月?、メンバー表を見せて頂きましたが、ジャズファン聴視必見のメンバーでした。皆さんもJK茨木のライブをチェック!。此処JK茨木、ジャズ聴視には結構穴場なのです。

 結局帰れば午前様、48時間の徹夜もした寝ずの休日でした。でも、歳です、後に相当響きます(爆)。

※ 寺澤香織さんブログ:
 http://kaoringkaoring.blog63.fc2.com/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年02月22日
110222-01.jpg110222-02.jpg 2010年12月05日(日):三谷如也(tp)・藤村明子(p)・村嶋俊治(b)・岡城二(dr)さん:JKcafe:PM7〜8時、1セット分を聞いて来ました。そう、昼も夜もJK・・・(爆)。

 昼の演奏ボーカルは小柳淳子さん、演奏終了後ベース椿原栄弘さんは直ぐに次の演奏に、工藤隆さんと3人で歓談したいたが工藤さんも夜の演奏に・・・。

 その後、久しく小柳淳子さんと高槻ジャズストリート演奏場所、ボランティア話などをしていると夜の演奏が始まった。本日夜の演奏は、昨年12月に始めてお聞きし、ベースが面白いと注視した村嶋俊治さんの入られたバンド、是を1セットだけ聴視した。

110222-03.jpg110222-04.jpg110222-05.jpg110222-06.jpg

 以前と同様に面白い。楽しい元気を貰えるバンドかも知れません。

 そんな演奏を1セット聞いての8時、高槻から一駅のJK茨木の高橋一郎さんのカルテットを聞きに行く予定時間ぎりぎりまで、本当に楽しませて頂きました。

 休憩中の皆さんに挨拶をしてJK茨木に・・・。

※ 三谷如也(tp)・藤村明子(p)・村嶋俊治(b)・岡城二(dr)in JKcafe(2010年12月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/172086583.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年02月21日
110221-01.jpg110221-02.jpg 2011年02月20日(日):小柳淳子(Vo)・工藤隆(P)・椿原栄弘(B)さん:JKcafe:PM3〜5時を聞いてきた。本日も行きたい、そんな事から完全に徹夜。昨日も此処JKに居た。ライブが目白押しの日なのだが、足の利便性で何時ものJKにした。電車で30分。

110221-03.jpg 本日のボーカルは河内の歌姫?小柳淳子さん、此処Jkで拝見するのは凡そ2年ぶり。本当に楽しみに徹夜し行って来た。

 高槻到着は1時間前、電車を降り、道でバッキーこと椿原栄弘さんと本日のピアニスト・工藤隆さんに出会う。

110221-04.jpg110221-05.jpg110221-06.jpg 工藤隆さんのピアノは本日始めてお聞きする。

 JKcafe、ライブ開始30分前に小柳淳子さん到着、早速サウンドチェックが始まる。

110221-07.jpg110221-08.jpg110221-09.jpg 小生、先日ブログの次のJAZZ・「・・・」シリーズの題名を決めた。内容は未だ無いが、題名がJAZZ・「存在感」。そう、素晴らしいミュージシャンには実力も有り、華も必要だろう。其こから出てくる物を称してどの様に言うのかと考えた結果が、「絶対の存在感」である。

110221-10.jpg110221-11.jpg110221-12.jpg ジャズボーカリストなので小柳淳子さんは最強の楽器、言葉と言う物を持って居られる、サウンドチェックで数秒間、数フレーズ歌われた。それだけで「存在感」を示す。JKcafeのお客さんは未だライブが始まる時間とは思われていないが、今から何が始まるのかと注視、客を引き付ける。

110221-13.jpg110221-14.jpg110221-15.jpg 流石に、少しサウンドチェックで声を出されるだけで人を魅了し、絶対の存在感を示す。サポートするピアニスト・工藤隆さん、ベーシスト・椿原栄弘さんの出される音も重厚で軽やか。数分のサウンドチェックで既に本日のライブの内容全てが判ったような気に成る。

110221-18.jpg 演奏時までに続々とお客さん、このお三方のライブ目当てに来られるお客さん、そして、同様にお三方のステージを見ようと駆けつけたミュージシャン等で、1・2階は満席。

今月、小柳淳子さんと初めて共演される若手実力派ジャズギターリスト・井野アキヲさんのお姿もカウンターに有った。

110221-16.jpg ライブは本当に素晴らしく、1セット・2セット・アンコールの全てを本当にゆっくり聴いて終了。本当に素晴らしいトリオライブでした。初めてお聴きした工藤隆さん、お聞きすれば家は九州、今は九州と近畿を行き来して演奏活動をされている。

 演奏終了後、小柳淳子さんと時間ぎりぎりまで歓談、「今日は本当にいい出会いをしました。」そんな言葉を残し夜の大阪の演奏に出向かれた。

110221-17.jpg 本日のメンバーの皆さん、5月の高槻ジャズストリートにも其々バンドを組んで出演されます。皆さんも是非一度ご覧下さい。是がジャズです。楽しめます。

 そんな演奏家の皆さんは写真でご覧下さい、実力の程、存在感も充分に判ります。本日の写真は、サウンドチェックの写真から・・・。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2011年02月20日
110220-01.jpg110220-02.jpg 2011年02月19日(土):林浩子(Vo)・中山卓士(P)・香山正人(B)さん:JKcafe:PM7〜9時を聞いて来ました。昨日も、幾つかの聞きたいライブが有ったのですが、聞けませんでした。残念。

 そんな本日土曜日、JKcafeのライブ予定表には林浩子(Vo)・香山正人(B)さんお二人の名前が有り、ボーカル・ベースDUOと思い行けば、ジャズピアニスト・中山卓士、通称GONさんが控えて居りました。皆さんにお会いするのは本年始めて、そして本日は少し温かい。GONさん、久しく家から自転車・・・、相変わらず元気、この元気は何処から・・・、小生、聞くのを忘れました(爆)。そう、同年代。

110220-03.jpg110220-04.jpg110220-05.jpg ただ、GONさん、本日は今迄と少し変わって居りました。皆さん、写真からお分かりに成りますか?。ま、歳行った証拠、是を借用すれば。本当によく○○○(爆)。多分、−1.5です(爆)。

 でも、お互い現代の裸眼平均値からすれば、良く見える方かな???。

110220-06.jpg110220-07.jpg110220-08.jpg 本日、今年初めて聴くお三方、其々がそれぞれに其々の思いを持って演奏し、歌い、聞かせて(聴かせて)頂きました。長年聴かせて頂いていると、色々面白い事が一杯・・・。濃ゆい話も一杯(爆)。

 その辺りは写真で・・・。色々読めます・・・。まだまだ皆さんお若い、そして面白い。そんな時間が過ごせる音楽、やはり凄く面白い。音楽、音で楽しむと書く。

 明日、日曜日も聴きたいライブが幾つか有るが、この時間にライブレポ書いて居る様では、ちと残念に終わるかも・・・。そうなれば本当に残念。

110220-09.jpg110220-10.jpg 本日の写真、先日に同じく、数打てば当たる方式、なので明るい。この方式、失敗(ブレ)写真ばかりで選択が大変です。

 こんな撮影方法、フィルムでは到底考えられない。

 そして、記念写真、本当に皆さん弾けます。

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事