掲載:2010年04月30日
 60日鶏・90日鶏・親鶏・ひね鶏と言うのは、鶏の一つの鶏肉の種類かな?。一般的に、柔らかい鶏肉は孵化後60日とか90日鶏と言って、子供の鶏。最近、是は余り柔らかいと言う事で、親鳥と言うのが有る。親鳥というのだから、孵化後120日程度、130日前後で玉子を産み始めので、この事を親鳥と言うと思う。

 で、問題はひね鶏、昔は卵を産まなく成った鶏、2年以上経った物を言ったと思う。が、現在は、同様な物で、昔は廃棄処分されていた親鳥と、玉子を生まない雄鶏の90日くらいの物を言うのかも知れない。この辺りは、本当に業者で無いと判らない不明点。

 皆さん、「鶏ももから揚げ」・「鶏のから揚げ」の違いをご存知だろうか?。そう、「鶏から揚げ」は全部の部位を指している。当然、買えば安い「胸肉」も入っている。「鶏のから揚げ」胸肉だと言ってもいい。そう、鶏もも肉は高いので、「鶏ももから揚げ」として別売り(爆)。

 そんな鶏肉、現在はひね鶏と言う肉まで売っている。そう、B級グルメブームのおかげで、硬い肉も売れる様に成った。玉子を生めな成った鶏まで現在は売れる様に成った。昔は、山に行けば飛んでいた産業廃棄物である。

 其れも、国産か外国産かまったく判らない。貴方は、どんな鶏肉を食べていますか?。

 ----------

【2016年追記】

 現在、廃鶏(卵を産まなく成った鶏)と言われるものは存在しない。卵を産まなく成る前に新しい鶏と入れ替え、その鶏はひね鶏として業者に販売と聞く。なので、現在産業廃棄物の鶏は存在しない。全て人間が食べてるという事に成る。

 昨年四日市・骨付鳥かもんで食べたひね鶏(親鶏)の年齢を聞いたが、大凡1年半と言う事だった。

※ 四日市・骨付鳥かもん(2015年・初夏):
 http://m-jun.seesaa.net/article/420947439.html

 ----------

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2010年04月29日
 昔、「京都大原三千院恋に破れた女が一人・・・」・「何故に貴方は京都に行くの・・・」とか言う歌が流行った。そんな寂しい女性が京都に集まったりした。其れを目当てに男どもが集まった時期も有る。

「山男良く聴けよ〜娘さんには惚れるなよ・・・」

 そんな歌も昔の時代に流行った。そんな時代、山に登ればやはり今と同様に若い女性も居た。曰く山女、山姥では無い(爆)。山で見れば女性は皆可愛いのでは無く、本当に可愛い女性が山に登って居た。是は本当の話。

 難点は、やはり山女、温泉混浴も何のその。一度入られれば、男が身動き出来ない(爆)。男性は、女性が入ってから出て行くまで湯船の中で待機と言うのは幾らでも有った。

 普通の女性は信州・木曽・高山等の中高地宿場町を路線バスで旅していた。そんな中でも、かっこいい女性は、これ等宿場町を歩いて旅していた様に思う(爆)。

 山には、男性の中高年と言うのは昔から居たが、女性は全て若かった。現在は、殆どが中高年の男女。若い人間が山に登るのを昨今中々見かけない。中高年、山では普通に歩けてもふんばりが効かない。従って、稜線や崖で滑落と言うパターンが多いと小生は思って居る。

 小生の周りでの滑落・死亡・不明者は4名、1名は未だ行方不明のまま。友人の父親で比良山系で3年前に遭難した方は、昨年の11月、3年ぶりに釣り人により発見された。場所からして滑落。ま、中高年の皆さん、体力有っても運動神経は若者の様にいかない。ご注意下さい。幾らの注意でも「運」の問題もある。安全と言うものは大自然に何処にも無い。

 そんな山行きが足腰を痛め出来なく成った現在、やはり山の登山口は懐かしい。奈良県上北山村の大台ヶ原の東コースも、今は少ししか入れないが大杉谷へのコース入り口。新穂高は西穂高岳の入り口、上高地は穂高への入り口。先日書いた宇奈月温泉は黒部・立山への入り口でも有る(黒部・立山アルペンルートの入り口は此処では有りません。長野県側は扇沢駅。富山県側は立山駅。)。そして、飛騨の濁河温泉は御岳への裏側入り口。吉野・洞河温泉は大峰山系への入り口。何れの場所にも昔から温泉は湧く。

 やはり小生には、其々の場所が其々懐かしいのだろう。

 昨今の旅は、温泉・グルメに大自然と言われ、旅の三大要素の様に言われる。其れに、大自然への挑戦の懐かしさが有れば最高!と言う筋書きの様に思う。そんな場所に静けさが有る。其れが最高の様に思う。

 上高地、一番いい時間は一般の観光客の去った午後5時を回った時間、そして夜明け。従って、上高地の良さを本当に知ろうとすれば、釜トンネル内の上高地に泊まるのが一番で有る。何も温泉の有る旅館に泊まる必要は無い。ハイカーズベッドでも充分。自然は誰にでも平等。

 朝、日の出前に起きれば、縛れる空気の中に自然が目覚める。其れを見ながらの朝食。自然がご馳走なので、御飯に梅干し、目玉焼きが有れば充分に美味しい。

 昨年、こんな上高地の旅を友人R君も家族と供にしたが、上高地に居るだけで充分に満足との言葉を残す。お友達のM子さん、今までの上高地は2回。先日の記載のとうり、今年夏は上高地から涸沢に登るらしい。大自然、近くに居るだけで素晴らしい。

 上高地、行った事の無い人には全くの良さは判らないだろう。でも、行けば必ず嵌る。その理由とは・・・。

@ 雄大な大自然がまじかにある。
A 空気が綺麗。
B 時間を忘れる空間がある。
C 自然がご馳走だが、グルメも必要なら有る。
D 歩きたければ、遊歩道も整備されている。
E 交通の便がいい。
F 必要なら温泉も有る。
G 水を出せば天然水が出る。
H 高級ホテルからテント泊まで自由に選べる。
I 女性でも男性でも一人旅が出来る(宿により、ハイカーズベッドが有る)。

 結果的に、温泉・グルメ・大自然が揃い、交通の便も良く、自分の志向・計画に合わせた旅行バターンが選べる点が、他に追従を許さない観光地に成って居る様に思う。上高地、本当にいい所です。皆さんも今年是非一度。

※ 上高地公式HP:
 http://www.kamikochi.or.jp/
※ 立山黒部アルペンルート公式HP:
 http://www.alpen-route.com/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2010年04月28日
 お友達のM子さん、久しくのメールには、
ーーーーーーーーーー
 元気ですよ〜相変わらず呑んでおります〜
 夏には涸沢に登るぞ!
ーーーーーーーーーー
 と有りました。涸沢(からさわ)とは、上高地から徳沢・横尾を通り、穂高連峰に登る中継地点、山の季節にはテントの花が咲くことで有名。上高地から歩いて5〜6時間は掛かる。

※ 涸沢ヒュッテHP:
 http://www.karasawa-hyutte.co.jp/
※ 涸沢小屋HP:
 http://homepage2.nifty.com/karasawagoya/

 小生、こんな所に行けたのは昔の話。足腰がいかれている。其処で昨年、カリマー60Lのリュック(ジャガー?)をお友達のR君にあげた。数回山行きに使ったがもう、行けないので・・・。

 小生の残って居るリュックは、同様のカリマー60L。但しバッグパッカー用に背負う部分が隠れる様に成っています。外国では、リュックでは泊まれない(入れない)ホテルが存在するのです。なので、布製カバンの様な格好に成るリュックが存在します。

 話は逸れたが、涸沢は上高地も通るし、い〜い所です。

● そんな近年、小生の旅は、
○ 2007年春: 南紀
○ 2007年夏: 信州 : 東京
○ 2007年秋: 新穂高・奥飛騨温泉・上高地
○ 2007年冬: 城崎温泉
○ 2008年春: 上高地・奥飛騨温泉 : 飛騨・濁河温泉
○ 2008年夏: 上高地・奥飛騨温泉・下呂温泉
○ 2008年秋: 上高地・奥飛騨温泉 : 飛騨
○ 2008年冬: 飛騨
○ 2009年春: 飛騨・濁河温泉
○ 2009年夏: 飛騨
○ 2009年秋: 上高地・奥飛騨温泉・飛騨 : 飛騨
○ 2009年冬: 飛騨 : 飛騨
○ 2010年春: 下島温泉・飛騨

 近年殆どが、飛騨・奥飛騨・上高地の旅に集中(爆)。と言うことで、今年は新しい場所と・・・毎回考えて居るのだが、やはり温泉目当ての山の中と言うことから、何時も最終的には、又も上高地・・・と成って居る。そんな今年、又も計画中と言うか、調査中の場所は、以前も行きたい場所として書いた事の有る「宇奈月温泉」。

 本当に宇奈月温泉を訪れれば、凡そ10年ぶり?、と言うか10年前は立山黒部アルペンツアーでの通過のみ。宇奈月温泉に泊まれば、うん○年ぶりと言う事に成る(爆)。昔は、温泉街の何処もがそうであった様に、鉄のアーチが有ったような・・・。

 宇奈月温泉からのトロッコ電車、立山から行く立山黒部アルペンルート、ツアーで行けば本当に忙しいツアーで、一応、時間や手配の心配は無いが、とにかく忙しい。で終わってみれば、何を見たか写真を見ないと良く判らない(爆)。それほどの強行軍。で、殆どの場合、泊まりは他の某所。温泉まで送り迎えと言う場所での泊まりもある。食べ物も学食の方が美味しいくらい。ま、ご自分で計画されるのが得策。

 4月の立山黒部アルペンルート開通時期には、高さ20m以上にもなる“雪の大谷”が登場。白い壁をぬってバスが走ります。が、考えて見て下さい。四方が全部雪の壁、前後からは空だけが見えます。其れも吹雪なれば、一面の白い世界(爆)。黒四ダムも大きいし、まーまー感動も有りますが、ゆっくりしないと意味が無い立山黒部アルペンルート。

 そんな場所なのだが、

@ 足早の観光客が多く居る場所が嫌い。
A 時間的・気分的にゆっくり出来ないと嫌い。
B 自由度が低い場所は嫌い。
C 食べ物に量産品の味があれば嫌い。

 と言うことからして、反対に奥地に入らなければ良いのでは・・・。と日本海を回るルートで、ただ今調査中なのが「宇奈月温泉」。

● 2010年春の旅(計画):

@ 行き先: 宇奈月温泉
A 道 程: 大阪 ⇒ 日本海 ⇒ 宇奈月温泉
B 宿 泊: フィール宇奈月(一泊朝食つきホテル:飲食物持込可)

※ 宇奈月温泉観光協会:
 http://www.unazuki-onsen.com/
※ フィール宇奈月:
 http://www.f-unazuki.net/
※ 魚の駅(生地):
 http://www.jf-kurobe.jp/sakananoeki/sakananoeki.html
※ 宇奈月麦酒館:
 http://www.unazuki-beer.jp/

 と毎回、浮かんでは消える新規計画。この計画では、高速を日本海地点で降り、地元市場等で海鮮の肴と弁当を購入、次に地ビールを買って、午後3時に「フィール宇奈月」。とりあえずビールで乾杯して風呂、上がってゆっくり夕飯と晩酌との予定・・・。

 この計画、い〜い計画と思います。皆さん如何ですか?(爆)。

 でも、何時またも、上高地・奥飛騨温泉郷に変更に成るかも知れません(爆)。ま、宇奈月温泉は本当にい〜いところなのです。絶景は有る。温泉は有る。唯一、蕎麦屋が1軒しか無い。しかし、人が一杯通過の有名温泉地、うう〜ん、どうなる事か・・・。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2010年04月27日
 先日から、色々な観光についての個人意見を書いて居るが、ちと原点に戻った記載をしよう。そう、単純に「観光って何?」。本来の難しい観光の考え云々に附いては、各方面の各種資料に任せるとして・・・。

 個人の考える「観光って何?」を考えて見る。以前の潰れたNTTブログ(ダブログ)から移設した記事なので、改行も無く読みにくい所も有るが、小生は以前この様な記事を書いた事が有る。

※ 旅にはこんな旅もある:
 http://m-jun.seesaa.net/article/115548692.html
※ 旅・「日常の中の非日常」と「非日常の中の日常」
 http://m-jun.seesaa.net/article/115548700.html

 この様に、小生の観光旅には幾ら非日常的な事が観光旅と言えど、イベント旅と言う物は一切無い。大阪人、1度は行って見たいと思うが、「海遊館」にも行った事が無い。理由は混んで居るから癒しにならない。ただ、大阪人、海遊館に行っても其れを観光旅とは言わないだろう。其れが仕事なら尚更。

★ 観光旅とは、多分、人間が長距離を仕事でなく移動すること。

 を観光旅と言うのだろう。では、観光って何だろう。観光とは、仕事でなく、日常と異なる事をすることと考えれば、

★ 観光とは、仕事で無く非日常的な事を味わうこと。

 と成るのだろう。でも、その観光地では日常の事で、何も非日常の事でも無いかも知れない。

 宗教上の本山参拝で京都・奈良を訪れても、訪れる人間は其れを観光とは言わず、何も無い時に本山を訪れる人も居ないだろう。この宗教上の人の移動、例えば祭り、是を観光業者や役所の人間は観光者ととらえるだろう。観光とは、見る側の問題で、訪問者と其れを見る側で考えが異なる。

 多くは、自分が旅行する事を考えれば違いが見えて来る。一人旅、夫婦での旅行、カップルでの旅行、子供を連れた旅行、それら全てに考えも変わろう。大人の旅行、子供を連れた旅行で、楽しめる場所も変わろう。大人から子供まで一緒に楽しめる物も考えれば判るだろう。

 小生に一番の観光は、やはり、日本の原風景や自然と温泉と・・・。観光に地元食以外のグルメは必ずしも必要な物では無い。そう、絶景を見ての手作りおにぎり一つ、こんなに美味しい物は無い。是は、小生の友人達にも共通である。

★ 観光とは、人が他の地域の非日常に旅する事であり、観光地の日常であっても其れが観光に成りうる。従って、観光地とは、本来観光する人間が是を決める。其れを現代は多くのメディアが決めて居ると思わないでも無い。

 そして、其れは観光者の日常生活の違いにより求めるレベルも異なる。現代、多くの日本人には少し贅沢も観光には通用しない様にも思う。今後、それらの事も考えてみたい。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2010年04月26日
 友人からメールが来た。「インド人の作るカレー」と言う物を食べたが、美味しく無かった。現地でも美味しくないの?。とメールが来た。小生も友人と大阪某所のインドカレーを食べたが、二人共気分が悪く成った。多分、ジャガ芋を摩り下ろしたの物の入れすぎの生煮え。

 インド料理と称する物でも、インド人が作って居るとは限らない。一人もインド人が居ない店は何軒も有る。そう、インド料理らしい料理。それが現実だろう。

 日本のカレーには、インドカレーと書いた物も有るがルーツは日本海軍カレー。そう、日本のカレーのルーツはイギリス。なのでカレーを学ぶ・食べるには、イギリスに行く必要が有る。

 話を戻して、インド人の作るインドカレー?、多分、そんな料理は無い。インド・スリランカの料理には、スパイスが使われるが其れが日本で言うカレー粉の原料と言う事であろう。そう、一日三度三度あのカレー風味味なのである。

 小生のインド近郊の旅行では、インドがパキスタンとの紛争時期だったのでインドに入った事は無いが、本場のインド人が作るインド料理は、シンガポールで何度も食べた。またスリランカでは、本当の家庭料理・ホテルの料理を何日も食べて来た。

 その感からすれば、日本にある「インド料理」店の味は日本人向けに作って有る。インドネシア料理も同様で、全て現地の味では無い。因みに、現地では一般的に入れる香辛料は4〜5種類。日本のカレー粉の様に多くのスパイスが入った物では無い。

 そして現地では、毎回美味しく頂いて来た。しかし、日本で食べて美味しくないと言うのは、嗜好品の範疇では有るが、本当に美味しくないのだろう。

 因みに、インド・スリランカでは牛は食べないので、羊か鶏。日本で作るなら、鶏と野菜を塩・胡椒・唐辛子・S&Bのカレー粉を入れて煮込んだような味。そう、一時流行ったスープカレーみたいな物。豆を入れて同様に煮込んだ物も有るが、小生豆の煮込みは好きでは無い。その点からすればメキシコ料理も同様。

 そうそう、先日TVでインド人が日本のカレーを食べて美味しいと言っていた。インドでは牛は神の使いで、食べれば地獄行きと聞いたのだが・・・。ま、宗教が違うのだろう(爆)。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2010年04月25日
 先日、お好み焼きチェーン店「千房」の”隣”の店で呑んだ(爆)。その際、昔懐かしい物の話になり、お好み焼き「千房」に昔、「ぬかるみ焼き」と言う裏メニュが有ったと言う話に成った。小生が出した話で有るが、誰も知らなかった。

 小生は現実にその時代の人間で、実際に「鶴瓶・新野のぬかるみの世界」の深夜番組を聴いて千房に行った人間である。同年代と少し若い人は知らなかった。

 是は、昔のラジオ深夜放送「鶴瓶・新野のぬかるみの世界」のリスナーは、この番組のスポンサー・お好み焼き「千房」で「ぬかるみ焼き」と注文すれば、特別価格で特製お好み焼きが食べられたと言うもの。

 ネットに寄れば、今でも裏メニュとして存在すると有るが、小生が10年以上前にこの店の横の千房開店時に試したところ、注文は受け付けてくれたが、実際には普通のミックス焼きが出て来て、価格はミックス焼きに同じで有った(爆)。

 なので、場所により違いが有るのか、既に無いのか定かでは無いが、面白ネタとして「千房」で「ぬかるみ焼き」を言って見るのも面白いかも・・・。

 そうそう、その後の深夜放送は、日曜日の深夜、寝られない時に「真空地帯」と言う番組を聴いていたような・・・。そう、深夜の当日番組終了のコールサイン後、暫く時間を置いてから始まる番組。そう、渋い声のアナウンサーに特徴。、

※ 鶴瓶・新野のぬかるみの世界:出典: Wikipediaは此処←:

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2010年04月24日
 ライブ、聴くと言う事にプラスして聴視の見ると言う事が加わる。そして、ライブを多く聴いて居ると、初期には聴こえなかった物が聴こえ、見えない物が見えてくる。是が良し悪し・・・。最悪、ライブが楽しめ無く成る事もある。

 ライブ、多くの場合、一人(ソロ)と言う事は少ない。ヂュオ・トリオ・カルテット・クインテットと言う事が常である。此処に現れるのがアンサンブル。要はバランス。ソロライブで無い限り、一人の演奏が云々と言う事は無くなる。

 二人・三人・四人・五人の演奏がバランス良く聴こえなければ、曰く雑音に近く成って来る。此処で小生が聴こえないと不安に成って来るのがベース(コントラバス)。小生の中では、このリズムセクションのベースは、ドラムと共にメトロノームの役割をしている。

 先日、そんなお若いベーシストの演奏を聴いて居ると、1セット目が終わって、そのベーシストが小生の前に飛んできて・・・。

「Mさん、前に言われて居た事が今、判りました!!!。この事を言ってるのだと。弾いても、音が聴こえません(出てません)でした・・・。でも、演奏中に手は変えられないのでそのまま演奏しましたが・・・。一つ目標が出来ました。有難うございます!。」

 いや、小生の素人意見を覚えて居て頂いて、光栄です。何を言ってたかと言えば・・・。

「○○さん、弾いてる音が出てない。若いので、手数増やして演奏したいのは判るけど、練習以上の事はライブで出来ない。多分、練習でこんな演奏をしたら、師匠は・・・(爆)。なので、練習の時は出来ているのでしょうね。貴方の師匠からして。でも、演奏で出来てない・・・。」

 こんな事を言った方は結構居られる。そんなお一人。でも、気が附かない。素人の戯言と一蹴する方も居られる。お若い演奏家の皆さん、ご自分の演奏を聴いて居ますか?。本当に聴けていますか?。

 最低限、ご自分の演奏を録音し、当日に聴く事は必要の様に思うのですが・・・。演奏終了後、雑談するのが反省会では有りません。

 ドラマーの松本慎吾さん、最近、録音に画像も附いている。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2010年04月23日
 最近、ニコンの初心者用デジタル一眼レフカメラD5000を買った人間が居る。何故この一眼レフカメラかと言うと、液晶画面がひっくり返せる。そう、何時も表面に出てない。なので、電池の消耗が少なく、余計な画像を見なくてもいい。

 フィルム一眼レフを使い成れた人間にはこの確認画面と言うのは不要なのです。その場で詳細を見る時間も無いし、其れはPCに転送してから確認で充分。格子も出るし、一応の視度補正も附いている。消音機能もある。

 そんな一眼レフ、最初はボデーだけと思ったが、ボデーだけが53000円程度、標準ズーム附きが58000円程度、其れに望遠が附けば、63800円。何とも消費者の気をくすぐる価格。是はカメラのキタムラでの話し(価格コム)。結果の購入は、暗いズームレンズと判っても、D5000Wズームキットを買ってしまった(爆)。ま、遊びカメラ、暗ければISO設定をUP。

 カメラのキタムラのお友達の居る店舗から購入。ひと箱に入ったD5000Wズームキットを受け取り帰る。早速、家で箱から出して、しげしげと。他のデジタル一眼レフ同様にスイッチが一杯附いている。必要な設定をする。

@ 中央部重点測光
A 測距ポイント中央固定(是は出来ない。)
B 格子表示
C 消音
D 測距補助ライト消去(赤い補助光)
E 

 本当に安価な程、余計なスイッチ操作が要る。そう、余計な機能が一杯附いています。シンプルなデジタル一眼が一番と思うのに・・・。使うのはマニュアルと絞り優先オート・シャッター優先オートのみ。

 ISOをセット、家の中を写す(爆)。やっぱ暗いレンズ、予想どうりです。ま、その助けが手ぶれ補正レンズ。が、ズームレンズでもF値固定と言うレンズを使って来た人間には、ちとF値が変化するのは不便。

 お!、光が・・・。天井の蛍光灯照明の光がレンズに・・・。早速フードを探したが、標準ズームレンズにフードは附いて無い。望遠レンズにはフードが附いて居るのに・・・。マニュアルを読んでも、附いてない。手持ちの小型じゃばらフードを附けたら、何と、レンズ先が回転する(爆)し、重い・・・。

 早速、お友達にメール。

「標準ズーム用のフード手配して下さい!」
「序でに、レンズ保護フィルター2枚とレンズ蓋1個・ボデーキャップ1個」

 カメラのキタムラのお友達も、メーカーに再確認したと言う。そう、我々は、レンズにレンズフードが附いて居ないなんて考えられない。何故、望遠ズームだけに附いてるの?。判らん。

 写真撮影時に、カメラレンズの内側に太陽や照明の光が入れば、写真は白くなり締まりの無い写真に成ります。フードは殆どの場合、ハレ切に必要です。

 屋外での撮影には、黒い布の傘を使うとか、日陰から撮影するのが綺麗な写真を撮るコツの様な物です。ただ、純正レンズフードを附けたから大丈夫と言う物では有りません。ハレ切が出来ているか、撮影時には充分確認しましょう。フードはレンズ保護機材では有りません。

 因みに、この記事を書くまでに、レンズキャップ1個を失い、再手配(爆)。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2010年04月22日
 先日、名古屋の味噌煮込みうどんは生の小麦粉か、生ではないのかと言う議論になった(爆)。調査の結果、大阪人からすれば、あれは生だ!と言う結論に成りました。以下のHPに作り方が有ります。
----------
★ 味噌煮込みうどんの山本屋大久手:
 http://www.a-yamamotoya.co.jp/

 味噌煮込みうどん  塩なしの真水で打った生うどんを、八丁味噌をベースにみりん、醤油等で味噌に味付けし、だし汁の中に入れ、土鍋で煮込みます。生うどんをそのまま入れるため汁に独特のトロミがつくのが特色。 煮込み時間が3〜4分程度と短かめで沸騰しているうちに供される。生煮えの様な堅い食感と八丁味噌の風味が独特なので、名古屋名物と言われる由縁の味となっています。 
 土鍋のふたには穴が開いておらず、そのふたを取り皿にして味噌煮込みを楽しむのが正しい食し方です。そのためか、「煮込む」と言うより、「炊く」と調理場では通常言っています。
 又、鶏肉、油揚げ、ねぎ、かまぼこ、干しいたけ、玉子等の具を入れて煮込むため栄養バランスもよく、名古屋の人は味噌煮込みうどんをおかずに御飯を食べる人も多いです。

  ところで煮込麺はどうして真水で練るのかと云うと、生麺を八丁味噌で煮込むと、味噌の塩分が小麦粉の蛋白質を変化させ、さらに煮込むことにより、独特の歯ざわりが生まれるからです。
----------
普通、あの太さのうどんを湯でゆがいても10分。それが、味噌の中で4分とある。味噌煮込みうどんは、大阪人のうどんで無いと言うのが結論。そう、別物。

 ところで、名古屋の人は、皆さんあのうどんは好きなのかな??。普通にスーパーでも生麺売ってるのですか?。乾麺で作るのですか?。其の時の煮込みはどうしてつくるのかなー?。と質問してみた。
ーーーーーーーーーー
★ 茹で時間、4分だと聞いてびっくり。そりゃ生っぽいわけです(爆)。あの煮込みうどん、本当にどうなんでしょうねえ。好きな方がいるのか。。有名店は○本屋。でも、あそこ、私は苦手。。味が濃いんですよね。

 で、普通の茹で方か、やわらかめか選べます。やわらかめを選んでも、やっぱり半生ぽかったです(苦笑)。○本屋味噌煮込みうどんは、ああいうものだと思っているから皆さん食べるのであって。。おいしかといったら別ではないですかね。。

 愛知県のスーパーでは、味噌煮込みうどん用の生めんは見たこと無いです。。もし家で作るとしたら。。多分、寿がきやが、乾麺タイプのインスタント以外にも、半生タイプのものを売ってると思うので、それで食べるか。。

 お中元で味噌煮込みうどんセットを頂いたことがあります。たしかそのときは麺は半生で。。でも普通に茹でて普通のうどんの麺のやわらかさでいただきました。。我が家は、白米は固めが好きですが、麺は芯が残ってるのはねー・・・。ちょっと違うとおもうので。
ーーーーーーーーーー
 とのお返事。そう、相当な味噌煮込みうどん愛好家ならいざ知らず、普通の方の味噌煮込みうどんは、普通にうどんを茹るまで茹でて食べると言うのが普通の様です。名古屋味噌煮込みうどん、そう、鍋に生麺を入れる打ち込みうどん・ほうとうとは全然違うものです。

 ま、始めて食べれば、誰もが驚く「名古屋の、味噌煮込みうどん」。

※ うどん:wikipediaは此処をクリック

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2010年04月21日
 2010年04月19日(月):三浦敦子(P)・田代泰之(B)さん:JKcafe:PM7〜9時を聴いて来ました。そう、土曜日もお聴きしたベース・田代泰之さんなのですが、本日もDUO、最近と言うか小生の注視対象のベース満喫です。そう、他の音が少ない・・・。でも、殆ど1セット目が終わっていました。ちと残念。そう、ライブは最初からが面白い。

 三浦敦子さんのピアノ、始めてお聴きしますが、土曜日の小堀康子さんのピアノとはまた違った音。なので田代泰之さんのベースもまた異なる。この辺りが面白い。本日も再び雨の様相、又も暫く雨が続くようです。そして、来月再び寒波予想とか、五月に入ると言うのに・・・。

 本日もベース職人・田代泰之さんのベースを目の前で充分に視聴して来ました。見て聴いて本当に面白い。そう、小生には一つのベースショーです。押さえ・弾き・タイミング、指の動き全てが音と成って現れます。演奏終了後に聞いてみました。

「あの微細な指の動きが音と成って現れるのは凄いのですが、他の方ではああは行きません。出ない原因は何故なのですか?。」
「其れは気合と心。」
「心は判りますが、気合では音は出ないでしょう(爆)。」

 ま、充分な基礎練習と言うことなのでしょうが・・・。お若いベーシストの皆さん、是非一度ご覧下さい。ベース職人・田代泰之さんのライブ。必ず貴方のベースが変わります。

※ ピアニスト三浦敦子さんHP:
 http://www2.odn.ne.jp/atsukey/
※ ベーシスト田代泰之さんブログ:
 http://yasuyukita.exblog.jp/

★ この記事をUP擦るのにPC立ち上げ5回目、何時投稿できなくなるかも知れません。この老体PCもいよいよ最終段階の様に思います。投稿が途切れても人間は元気です。宜しくです・・・。

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事