掲載:2010年01月31日
 友人から季節限定の蕎麦屋さんの情報を得た。その蕎麦屋さんは、滋賀県高島市今津町に有ると言う。中々のお店とか・・・。

 情報に寄れば、地元産蕎麦粉を使い、栽培農家の方が組合を作っての12月〜3月の季節限定の開店らしい。この地産地消の蕎麦屋さん、昨今多く見られるが・・・。と言うことで、ネットで評価を調べて見た。

 その中に小生の探す汁の味が有りました。ある方の評価は、「辛汁が自分には少し甘すぎるかな・・・」と有った。と言うことで、甘めの汁の嫌いな小生には没。でも、是は好み。甘めの汁の好きな方には、素朴な蕎麦で美味しいかも・・・。

店名:箱館そば・「鴫野(しぎの)」
住所:滋賀県高島市今津町日置前2731 Tel:0740-22-3592
営業時間:午前11時〜午後6時
お店HP:http://sigino.web.fc2.com/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2010年01月30日
 今まで、小生のお会いしたミュージシャンは一杯居られるが、昨年の2009年に特に印象に残った演奏者・グループの皆さん。

@ この方は凄い!と思ったミュージシャン: 

 ドラム奏者・岡本太郎さん。

A やっぱ”何気に凄い”と再確認したミュージシャン:

 ギター奏者:市川強さん。
 ベース奏者:田代泰之さん。
 ベース奏者:中山良一さん。
 ピアノ奏者:田村文利さん。

B 力が抜け肩こりが直る・眠く成る気持ちよい演奏グループ:

● 「暗い楽団」:
 ギター:井野アキヲさん。
 ベース:新井洋平さん。

● 「6cc」:

 ピアノ:名倉学さん。
 ギター:井野アキヲさん。
 ベース:新井洋平さん。

● 「アコ・タイラーさんと鈴木泰徳トリオ」:

 ボーカル:アコ・タイラーさん。
 ピアノ:加納新梧さん。
 ベース:渡部春雄さん。
 ドラム:鈴木泰徳さん。

● 「アコ・タイラーさんと6CC」:

 ボーカル:アコ・タイラーさん。
 ピアノ:名倉学さん。
 ギター:井野アキヲさん。
 ベース:新井洋平さん。

● 「岡本太郎カルテット」:

 ドラム:岡本太郎さん。
 ボーカル:アコ・タイラーさん。
 ベース:中山良一さん。
 ギター:井野アキヲさん。

C 2009年の1年で非常に変わられたと思うミュージシャン:

● ベース奏者:渡部春雄さん。(ご当人曰く、時間が無いと・・・爆)
● ギター奏者:井野アキヲさん。
● フルート奏者:高坂朝子さん。
● ボーカリスト:井垣志穂さん。
● ピアノ奏者:加納新梧さん。
● ベース奏者:廣田昌世さん。

D 何時も予定しないでお会いした縁の有るミュージシャン:

● ドラム奏者:高橋延吉さん。

E この方の作るインスルメンタルバンドは間違いが無いと言うミュージシャン:

● ギター奏者:戸田秀行さん。

F 2010年のスペインはどうなるのかと期待するミュージシャン:

● ピアノ奏者:奥村斉さん。
● フルート奏者:池田清美さん

G この方のオリジナル曲は面白いと思うミュジシャン:

● フルート奏者:青木美江さん。
● ピアノ奏者:山口郁さん。
● ピアノ奏者:澤田茜さん。
● ベース奏者:新井洋平さん。

H この方のウッドベースはいい音がすると思うベースをお持ちのミュージシャン:
 (当然、実力無いと鳴りません。)

● ベース奏者:芝田奨さん。

I 無心に演奏する姿が何気に凄いミュージシャン:

● ベース奏者:山本久生さん。

J あのピアノであの音と思わせるミュージシァン:

● ピアノ奏者:星山啓一さん。

K 2010年聴いてみたい演奏:

● ボーカル・ダブルウッドベースのクインテット
● ジャズピアノ連弾トリオ

 ※ 何時も心地よい演奏を有難うございます。 

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2010年01月29日
 ベース奏者の刀祢直和さんの演奏を久しく聴かせて頂いた。小生の知る何時もの刀祢直和さんの演奏では無く、非常に的確でボリュームを触る・立ち位置を変える・ギターリストと話す。演奏中の話で有る。1曲目・2曲目、3曲目前半まで続いた。

 演奏が聴いて居る人間、小生にも段々に心地よく成って行く。音のバランスを取って居られるのは明らかなのだが、あえて1ステージが終了した時に聞いて見た。

「どの様な考えで調整されていたのですか?。」

「自分の立ち位置で心地よく聴こえないと、奥まで気持ちよく音が飛びません。」

 流石の長年のJKカフェでの演奏です。そう、最初の方は、あのチムニー構想の店内、音が上手く飛ばないと考えられるのだが・・・。実は、正面で上手く聴こえれば、演奏者同士が気持ちよく聴こえれば、正直、奥まで・2階奥まで音は飛んでます。是を誤解して居られる方が多いが、現実はそうなのです。

 でも、技術無く、ボリュームだけ上げても音は煩いだけで飛びません。その点は、何れのお店でも同じです。

 流石の刀祢直和さんの調整でした。

※ 刀祢直和さんブログ:
 http://toneblog.exblog.jp/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2010年01月28日
 先日、「店と客・小生は新しいお店は此処をチェック!」と言う記事を書いたが、日曜日、こんな店に行った。大失敗でした。

 友人と行ったお店と言うのは、長崎チャンポン。小生、長崎チャンポンは長崎の老舗しか今まで美味しいと思った事が無いので、長崎以外中々足が向かない。友人がどうしてもと言うので、美味しくないよ!其れを了解ならとR店に行った。

 店は一般的なフランチャイズ・チェーン店、外に駐車場が10台程度、結構店は新しく見える。中に入るとテーブル席が満杯で、カウンターにした。小生の席は、店員のキッチンから出るスペースの前に成った。其処で直ぐ目に入ったのが、冷蔵庫室?か材料搬出口かの扉、扉の下方に黒カビが・・・。ゴミ箱の外部も汚れたまま・・・。其処を見なければ、カウンターの向こうとキッチンを遮る壁から見える上部の機材・換気扇のフードは綺麗に拭かれている。

 そう、見える場所のみ綺麗にして有る。もう先が見えて来た。店長?・店員は4名。声は小さく元気が無い。誰も美味しいと言って食べる人は居ない。調理は店長と思しき人間が1人、手際が悪い。待ち人は小生らの前に2人、待ちくたびれて居る雰囲気。

 野菜好きの小生、野菜一杯のチャンポンを注文。出て来るまでに凡そ15分。さ、ここからです。

@ スープ、長崎の老舗と比べるのも何だが、蓮華で少し味見。スープが冷たい。そう、一般的な野菜を炒め、スープを入れ、沸騰して・・・では無いのである。もう幻滅。

A 野菜は炒めたという物では無いが温かい。麺は短い。

B 入っている材料・・・。

 キャベツ、切ったと言う様な物では無い。1.5Cm角なら切ったとも思えるが、この小さな野菜、キャベツの乱切りに近い。其れも先は切れて無く長い、数倍の大きさも有り、大きな長い軸も入っている。

 人参、厚みは1mm・幅3mm程度、しかし、長くて2Cm,短い物は5mm、そして、厚み5mm、長さ2Cmの様な物まで入っている。野菜屑の様相。

 烏賊は、長さ、2Cmとか1Cm程度、厚みは2〜3mm。良く見ないと烏賊と判らない。皮が有るので烏賊と判る。

 豚肉、長くて1Cm程度の微細肉。

 ニラは長さ4Cm程度で是だけはまともに見える。もやしはそのままなので・・・。

C 麺は、短く、延びている。茹ですぎ。半分は透明化。其れも斑が有る。固まって居たのだろう。

 友人は言った、「豚の餌の様相。。。やはりあかんな。」味の問題では無い。こんなの素人でも作るのが難しいです。と言うことで、店と店員、是を見ればその内容まで判ると言うお話し。

 当然、この日の昼食は友人のおごり、支払いの言葉は当然「お愛想!!!」。

 写真有りますが、ま其処までは止めましょう。「お愛想!!!」ですから。有る飲食店経営者、そんなの実名書いても問題は無いとの事だが・・・。

 「お愛想!!!」の意味が判らない方は、以下の記事を・・・。

※ 店と客・小生は新しいお店は此処をチェック!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/138017624.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2010年01月27日
 何が、温泉露天風呂の入り方が問題と言うと。内風呂・露天風呂が繋がった風呂で有れば、内湯で温まってから露天風呂に出て行くと何の問題も無く入れる。

 入れないのは、露天風呂(家族風呂等)のみの風呂が入れない。当然、外気温とか、気温の低い場所で服を脱ぐ度胸と言うのも有るだろうが、老体には心臓に良くない。

 そんな時、どの様にこの冬の露天風呂に入るか、方法は以下の方法の2つである。部屋で幾ら温まっても、雪のある場所等の気温の低い場所では、外に出ただけで一瞬にして体は冷える。

@ 一般の内風呂で温まり、服を着て、露天に向かい、直ぐに風呂に入る。この時は家からジャージなど着易い服を持参、直ぐに着て直ぐに露天風呂に直行。でも、露天が遠い場所は体が冷えて不可能(爆)。

A 脱衣場から近い場合は、そのまま、遠い場合は脱衣篭を露天風呂の横まで持参、足湯に10分ほど入る。体に汗が滲んだら、服を脱いで入浴。。。

 是で、寒い場所でも心臓の負担に成らずに露天風呂に入れます(爆)。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2010年01月26日
 以前、何処かにすき焼きの割り下のレシピを書いた事が有る。で、其れを後輩が聞いて来た。大阪のすき焼きに割り下は有りません。其れを知る大阪人、可笑しいと思ったら、東京の奥さんの実家に居るらしい。

 小生は、東京の友人の所で、大阪(京)風すき焼きを作って大好評だった事が有る。同様に作れと返信した。大阪のすき焼きは肉を焼くからすき焼き、東京は出汁というか、割り下を使うので、其れをすき焼きとは言わないと思うのだが・・・。

 大阪のすき焼きは、肉を買った時に附いて来る牛脂を引き、肉を炒め、砂糖・醤油を入れ、水の出る野菜(白菜)を入れる。野菜が少なく焦げ付く様なら、湯とか酒を入れたりもする。

 京都・大阪のすき焼き屋さんは、肉を焼き、醤油・砂糖で味を附け、肉を食べてから、その肉の出汁が鍋に附いた所に野菜を入れて炊いて食べると言うのが一般的だが、家庭では、共に野菜を入れる。

 この方法、東京の方も是非!。割り下を作りたければ検索下のURLで。市販品の割り下値段、スーパーで割り下を買う人を見れば、我々の年代の大阪人は勿体無いと思う。そう、色々な出汁類も・・・。

 そう、大阪のすき焼き、最後にうどんを入れたり(焼きうどん)、残ったら、残りをご飯にかけ、翌日は今で言う牛丼だったりもした(爆)。

※ 関西風・昔からの家庭のすき焼きの作り方!(割り下なんて使いません!):
 http://m-jun.seesaa.net/article/445281622.html

【割下を作りたい方は以下・2015年追記】:

※ 京都のすきやきの老舗「モリタ屋」が教えるすき焼きと割下!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/425499809.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2010年01月25日
★ 結論を先に書けば、小生の経験では行けません。ま、実際は気温にもよりますが・・・。

 小生の後追いで旅行・蕎麦屋さん通いをする知人家族が居る。大変に楽しい趣味を見つけたと友人家族は喜んで居る。が、先日の「大阪(街・町)の人間がタイヤチェーン持参で冬に旅行できるのか?」記事を読んで、一度も雪道走行経験の無い人間が、飛騨の濁河温泉に冬の時期に行くのは無謀と思ったらしい。

 当然、スタッドレスタイヤの車を借りての話、賢明です。

 でも、冬の時期の経験は何処かでしないと・・・と次に考えたのが奥飛騨温泉郷だったらしい。其処で、スタッドレスタイヤで行けるか?と聞いてきた。正直、小生の感じでは、奥飛騨温泉の方が、登り下りが急な、且つヘヤピンカーブが有るので難しい。行くなら、スタッドレスでもチェーン持参が好ましいと伝えた。そう、平湯への道、凍結すればスタッドレスでは場合により登れない場所が3箇所ほど有ります。下りは平湯トンネルから平湯への最後の下り坂が一番危険。で、最後はカーブです。

 本当に初心者で、急坂の無い凍結道路を一度走りたいなら、大阪近辺での一番はやはり琵琶湖周辺。琵琶湖を北上すれば必ず雪が有る。木之元辺りは完全に凍結が有る。福井に抜ける道(鯖街道)は冬季通行止めと言う道も有る。車が入っていくので・・・と着いて行けばスキー場。道路情報を良く確認下さい。

 是を連絡したら、この冬の旅行は普通タイヤで走れる南紀にしよう・・・との返答が帰って来た。あわわ、南紀は温かい?、この時期、普通タイヤで走れると思って居るらしい。結論は多分走れません。

 南紀の南端まで普通のタイヤで走れると言うのは先ず有りません。殆どが普通タイヤで走れたのに、那智の滝に入る道路だけが凍結、チェーンを附けたと言う時も有ります。山が有る峠が有る場所をこの季節、普通タイヤで走れる場所は大阪を外れれば有りません。

 明るい時間、凍結の溶けた時間に走行・・・。ま、道路情報での凍結予想時間をご覧下さい。凍結・気温が低い時間は完全な深夜と思う事が間違いです。そして、昼でも日陰・トンネル内は溶けません。

 因みに、先週の土曜日、大阪2℃、是でも何処かに凍結の危険性が有ります。0℃以下が凍結の気温では有りません。この気温で、猪名川道の駅の気温はー3℃、其処から三田・篠山への峠はー7℃。付近が綺麗だったので付近を散歩したら、お腹の調子が悪く成りました(爆)。そう、ー5℃が凍傷温度、ちと軽装(上は登山用パーカー・下は登山用インナー・下着は山用、山での対応温度0℃程度の服装)での散歩でした。是も、言えば寒くないと思った侮り。

 南紀、最初の関門は大阪・奈良・和歌山の境の葛城山、此処から凍結が始まります。高速道路、凍結は有るし、霧は出るし・・・。この冬の季節、大阪の平野部を外れれば、気温も格段に低いし、凍結の危険性の無い道路と言うのは殆ど有りません。

 何れの場合も侮れば本当に危険、自分だけは・・・は本当に危険です。また、貰い事故が一番多いのもこの季節です。飛騨・奥飛騨方面、比較的坂が少なく初心者がスタッドレスタイヤのみで行けると考える場所は、大阪からは下呂温泉が限界。

 この友人から、小生にもう一つ質問が有った。

Q: 雪道(凍結道路)チェーン附けて滑った事は無いのか?。
A: 有ります。3度ほど・・・。チェーンを附けた初期。其処で前記の記事が書ける様に成りました(爆)。ま、原因は過信。

Q: 事故に会った事は無かったのか?。
A: 小生の運転では有りませんが、友人の新車の車軸が折れました。状況は、前で事故が起ったので、友人が急ブレーキを踏んで車が一回転、歩道に乗り上げ、外側の歩行者用ガードレールに激突。タイヤはバースト、アルミホイール破損。この車に同乗。

Q: 貰い事故は無いのか?。
A: 貰いそう成りましたが、有りません。篠山から舞鶴への国道、大原へのトンネルを抜けた所、前に、逆方向から、チェーンを巻いたトレーラーが登り切れずに、滑り、道路を塞いで居りました。一瞬のこと、エンジンブレーキ・ブレーキを踏んで何とか数メーター手前で停車。停車しない場合、横に溝が有れば、落としてハンドルを一杯切れば、溝が無ければ、山や雪の壁に車を当てれば止る。但し、ガードレールは止りません。

 このトラックに当たれば、対物事故。自損事故より問題は大きく成ります。多くの場合、車を助けようと事故に成る様に思います。滑り出せば、溝に車を落とせば車は止まります。が、今のファミリーカーなら結構大破。でも、怪我はしません。

 ただし、シートベルト必須です。

Q: 雪国の人は本当に雪道に成れて居ると思うか。
A: 思いません。小生、富山から五箇山に入る峠の上で、下に下ろうか、峠の上に車を置いて宿に行こうか考えました。其れほどの急坂で最後は直角カーブ。結果的には、下りましたが・・・。でも、五箇山の宿で聞いて見ました。この近辺の方は、あの坂、平気ですか?。答えは、何方も一度や二度、事故に遭ってます・・・。

 この坂、今も有ります。坂に一台の車が入れば、何方もこの坂の上下で待機します。相当に長い坂ですが、無謀をするのは街の人間だけです。ご注意あれ。

 スタッドレスタイヤで、雪道を結構な速度で走行しているのは、滑った事が無い人間、無謀な人間だけです。一度滑った経験が有れば、あの様なスピードでの走行は出来ないと思います。滑るのは本当に突然で、後で考えれば何故こんな所で・・・。

※ 大阪(街・町)の人間がタイヤチェーン持参で冬に旅行できるのか?:
 http://m-jun.seesaa.net/article/138017088.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2010年01月24日
 先日、豊中の讃岐うどんの有名店・手打ちうどん「銭形」に行った。昨年の11月のお店の連休に小生が嵌っている手打ち蕎麦屋さん、飛騨小坂・手打ち蕎麦「平氏ヶ原」に行って来たとの事であった。小生の様に日帰りでは無く下呂温泉泊。

 下呂温泉には他にも数件の手打ち蕎麦屋さんが有る。高速を使って東海北陸自動車道路・飛騨清見から飛騨高山の蕎麦屋さんを回って来ると言うのも有る。帰り、時間が有れば、下呂温泉を早く出て、岐阜の「ふれあいバザール」の手打ち蕎麦も紹介したのだが・・・。

 結果を聞いて見ると、「平氏ヶ原」のみ。満足だったらしい(爆)。平氏ヶ原の二階・三階も見学して来たとのこと。そして、今年も春になれば再度一家で訪れると言う。小生と同様、嵌った。。。

 実は、この「銭形」、開店当初は手打ちうどん・手打ち蕎麦が有るお店だったのです。なので、当然亭主は蕎麦打ちが出来る。そんな亭主と小生は雑談で美味しいもの話を良くする。そんな中で小生が嵌った飛騨小坂「平氏ヶ原」、一度行きたいと思っていたらしい。

 今年10月頃から「銭形」が月に一回連休にしたのを期に行って来たとのこと。そんな「銭形」のご亭主の判定は・・・。

 蕎麦・料理は一流、ロケーションは最高、人柄も・・・。それで春には再訪。次回は、雪の無い時の濁河温泉「旅館・御岳」泊を勧めた。多分、この計画で行かれるだろう。

 「平氏ヶ原」⇒「旅館・御岳」⇒「開田高原」⇒「木曽」のコース。この通り道にも多くの蕎麦屋さんや観光地が有る。蕎麦好きには最高のコースです。皆さんも時間有れば一度。

※ 飛騨小坂・手打ち蕎麦「平氏ヶ原」:
 http://cococore.seesaa.net/category/6245593-1.html
※ 大阪豊中・手打ちうどん「銭形」:
 http://www.zenigataudon.com/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2010年01月23日
 1週間ほど前、日本航空の株価が再暴落した。テレビではマネーゲームの様相と報道された。この破綻して法的手続きが始まろうとしている日本航空、この時にこの株で儲けたと言う人間が小生の近辺でも見られた。当然、株に対して素人では無い。この時期の株の売り買いは博打に近いのだ。素人や遊び金の無い人間には出来ない業なのだ。

 小生も株には素人なので詳細は判らないが、株は・・・。

@ 絶対に上がる株
A 絶対に下がる株

 と言うのが儲かる株と言うのだ。ただ、絶対に上がる株と言うのは誰にも判らず、多くはインサイダー取引として問題に成る。素人には@の絶対上がる株が判れば絶対に儲かると言うのは判らぬでも無い。でも、Aの絶対に下がる株と言うのが儲かるというのは判らないだろう。

 是は、株を持っていなくてもお金が有れば出来る。既に、何時整理されるか判らない株である。何時、裁判所の手続きにより取引停止に成る株。その合間を縫っての株取引である。法的整理が入れば株価は0円、紙くずである。今は株券と言う紙は存在しないから、パソコン上の取引。。。

 マネーゲームとは、詳細はインターネットを検索して貰えば多くの情報を得る事が出来ると思うが、曰く空売り。最終的には誰かが貧乏くじを引くと言う物である。仕組みはこうである。

○ 下がると判った株を証券会社から借りる。
○ この株を売りに出す。例えば、一株30円としよう。1000株で30万円が手に入る。
○ この株が10円に下がった。是を買い戻し、証券会社に返す。1000株で10万円。

 手数料は要るが、30万円を手にして10万円返せば良い事になり、20万円が儲けと成る。。。価値の無い株券がこの様に取引されるのである。是が、裁判所の取引停止命令まで続く。素人には判ったようで判らない話(爆)。

 ま、素人はこの様な事は手を出さないが賢明。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2010年01月22日
 先日、高槻JKカフエで珈琲を飲んでいると、一人の高槻ジャズストリート・ボランティアに久しく会った。彼は大学生。もう卒業だろうと聞くと、本年卒業だと言う。其処で、卒業論文について聞いてみた。やはり、ジャズストのボランティア関係だった。

 彼のボランティア経験は長く、内容の詳細は聞かなかったが多分、内容の有る卒業論文を書いて居るだろう。このインターネット検索をしても幾らかのボランティア関係・イベント関係の論文を散見する事が出来る。教授と言われる方の論文も散見される。

 が、しかし、本当の内容有る論文を小生は見た事が無い。ボランティアに参加してと書かれているが、本当に内部に入って考察したとは思えない事が論文に記されていた。

 散見すれば、多くは机上の空論、そう思えてなら無い。他のボランティア参加のレポートもそうだ。小生が昔、ボランティアに参加していた時、お金を出しているから・・・、てな大人が居た。お金で人や他のボランティア団体を動かす。それだけでその人間は満足だったのだろう。そんなボランティア団体、直ぐに人は離れて行った。

 確かに、金も必要な場合がある。いや、必要だろう。でも、一番必要なのは人間、多くの人間が居れば山でも動く。そして、何方かの言葉では無いが、小さな事からこつこつと、出来る範囲でこつこつと、と思わないでも無い小生である。

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事