掲載:2009年02月10日
090210-01.jpg 2009年02月09日(月):ミリオンベル:青木美江(Fl)・宮川真由美(P):JKcafe:PM7時〜9時を聴いて来ました。本日は何故か道路も空いており、家から45分で高槻に到着。今回は久しくライブが最初から聴けました!。




090210-02.jpg 090210-03.jpg 090210-04.jpg

 ライブは2枚目のCDを出して躍進目覚しいフルート青木美江さんと、踊るパワーピアニストの宮川真由美さん、何時ものフルート好きのジャズ友も居て楽しく聴いて来ました。そして、見せます、このDUO。

 最近、ピアノがどうすれば音・音色が出るのか注視している小生、目が疲れるほど宮川さんの手元を見ていましたが、判らん・・・(爆)。ピアニストの星山さんもこの宮川さんも本当に体も小さく手も小さい・・・。なのにあの音、本当に判りません。力では無いとは言うのは判るのだが・・・。ま、皆さんの演奏を見てじっくりと。

 本日の青木美江さん、コンサートフルートとアルトフルートの持ち変え。最近アルトフルートばかり吹いて居るとか。何故かとお聞きすれば、この2月20日(金)にフルートアンサンブルのコンサートが有るとか、其処でアルトフルートの演奏。時間有ればフルート好きはお聴きください。但し、ジャズでは有りません。クラシック。アルトを吹くのはドビッシーとか、寝てしまうかも知れません(爆)。

090210-05.jpg● フルート・アンサンブル「ガネーシャ」第8回コンサート

○ 日時: 2009年02月20日(金)pm7:00開演(pm6:30開場)
○ 場所: 豊中市立アクア文化ホール(阪急宝塚線曽根駅下車徒歩3分?) 豊中市曽根東町3-7-1 пF06-6864-3901
○ 入場料: ¥2500(全自由席)
○ 詳細: http://www.fuenokai.net/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2009年02月09日
090209-01.jpg 昨年、飛騨に行った時に買った「すがきや」のご当地麺、2食ずつ買って来て、食べて美味しいと思った。今回の旅で以前、一番美味しいと思った「名古屋名物・みそ煮込うどん」を5個買って来た。

 本当に美味しい物は小生、1週間毎日でも食べられると挑戦してみた(爆)。結果は、3日。やはり即席麺。でも、すがきやの即席麺の中では、是がやはり美味いと思う。流石の定番商品。

 ま、小生は大阪人、「みそ煮込うどん」の味の濃さに成れて無いと言うのも有るのだか・・・。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2009年02月08日
まなべイメージ(青) 7日朝、たまたまTVを見ていると卵を使わない米粉マヨネーズの作り方(レシピ)を紹介していた。卵アレルギーの子供を持つ友人に教え様とメモ!。おはよう朝日ですのHPに記載が有ります。


★ フェイクマヨネーズ:

<材料>
豆腐60g 
かぼちゃ(ペースト状)30g
米粉90g 
片栗粉小さじ1/2
こしょう少々
塩・砂糖 各小さじ1
油大さじ1 
だし汁100ml
ねりからし小さじ1 
酢大さじ2

<作り方>
・フライパンに 豆腐 かぼちゃ(ペースト状)米粉 片栗粉 こしょう 塩 砂糖 油 だし汁を入れて炒める
・固まってきたら ねりからし 酢 と一緒にミキサーにいれなめらかになるまでミキサーにかける
・炒めた具材・コショウ・ねりがらし酢をミキサーにかける

※ おはよう朝日です: http://www.asahi.co.jp/ohaasa/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2009年02月07日

090207-01.jpg 飛騨小坂の手打ち蕎麦処「平氏ヶ原」のほおば味噌定食ではやはり一杯呑ま無いと・・・と今まで注文をしなかったのだが、今回のにごりご(濁河)温泉への旅で初めて注文してみた。結果はやはり余った・・・。

 そう、やはり車では呑めないので全部食するのは無理。其処で、濁河温泉でと持ち帰った。が、しかし旅館でも一杯の物が出る。で、仕方なく家まで持ち帰ってこのほおば味噌で一杯やった。やはり、味噌には日本酒が良く合う(爆)。

 やはり、日本人です。

 平氏ヶ原のほお葉味噌、手作り味噌の味で美味、素直に美味しかったです。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2009年02月06日
090206-01.jpg 最初、美味しい魚が食べたいと考えた旅だったのだが、相談の結果はやはり山に成った(爆)。山と言えば奥飛騨・木曽・信州と一杯の候補地が有るのだが、一泊二日の旅、やはり何時もの場所と成った。そう、御嶽(御岳)山・にごりご(濁河)温泉への旅。そう、冬は空が暗く星が綺麗。此処に行くなら美味しい蕎麦の「平氏ヶ原」にも寄れる(爆)。

 濁河温泉ならやはり宿は昨年6月に行った旅館・御岳。あの30糎の反射望遠鏡が有る。だがしかし、高度1800mの雪道走行、寒い・・・。インターネットで調べれば最低気温は零下7℃とか。しかも週間天気の予報では、雪・雨・・・。予定日だけが晴れ予報、山の天気は変わりやすい。

 そんな岐阜県・御嶽(御岳)山・濁河温泉を目指しガソリンを満タンにして早朝出発。心配は途中道路の凍結のみ。名神・東海北陸自動車道・東海環状自動車道路を乗り継いで富加関インターで高速を降りる。其処から平成こぶし街道の走り成れた道を通り、平成道の駅で飛騨「明宝ハム」を何時ものとうり購入、飛騨金山から国道41号線、飛騨小坂分岐で何時もの写真をパチリ、12時過ぎに手打ち蕎麦処「平氏ヶ原」に到着。此処までは天気も良く道路の凍結・雪も無し順調。

 手打ち蕎麦・郷土料理「平氏ヶ原」、何時も好んで来ている所なのでどうこう言って食べる物でも無い。何時も「美味しいね」「うん」程度しか言葉無くもくもくと食べる。

 今回の注文は道すがら決めて来た。未だ此処で一度も注文した事の無い「平氏そば」と「ほうは味噌定食」。そう、明日の帰りも寄る(爆)。本当の好みの物は明日に・・・。ただ、当然の事で酒は無し・・・。是が此処の難点で有る。

 12時過ぎから3時過ぎまで、食べて無言で休憩してまた何か食べて・・・(爆)。そんな事をしていると、お客さんが飛騨小坂方面から来店、そばを食べて濁河温泉方向に道を登って行かれた。うむ?、是は・・・、濁河温泉の旅館・御岳で会うのでは・・・(爆)。

 会計を済ませ、一路濁河温泉・旅館御岳を目指す。情報では鈴蘭峠口から雪道の情報、流石に合って居りました。が、この時間、対向する車が無い。登り道なのでノーマルタイヤでも行けるとそのまま進む。天気快晴、前回と違い御岳(御嶽)山も綺麗に見える。

 大平展望台付近では完全な雪道、圧雪状態なので止まらなければこのまま旅館・御岳までノーマルタイヤで行ける・・・。喜んでいた。が、旅館手前3Km地点で道路真ん中を走る対向車、仕方なく停止。走り出そうとしたがタイヤは空転・・・。仕方なくタイヤチェーンを装着して旅館御岳まで走行。

 本当にゆっくり来たので5時過ぎに旅館に到着。やはり有りました。平氏ヶ原のお客さんの車(爆)。今回予約の旅館のプランでは女性にデザイン浴衣と足袋が附いて居りました。早速ビールで乾杯。のーんびり〜。

 5時に到着、7時に夕食にしたが、到着後もビールと肴で乾杯していたために此処での定評の料理も余り進まず(爆)。そう、「平氏ヶ原」の薄味を食べて来た小生達には少し味が濃かった。そう、本日は食べすぎ・・・。

 食事後、休憩して風呂に・・・。野趣溢れる混浴露天風呂は今回はパス。そう、この寒さとあの階段、考えるだけで寒い・・・。気温は当然零下。源泉掛け流しの内風呂、やはり気分がいい。今回も他のお客さんが居なかったので泳ぎました(爆)。

 食事後、午後9時から旅館の天文台に・・・。夜空は雲も無く綺麗・・・。が、今回、一つだけ旅の計画でミスをしました。そう、当日は新月では無い・・・。月が白熱電球の様に夜空に輝き、星が少ない・・・。本当に残念。

 部屋は暖房で暖か、加湿器も有って快適に就寝。

 朝の食事は8時、其れまでに風呂に・・・。休憩して食事、薄味の温泉粥が小生達には一番美味しい(爆)。食事してゆっくりして会計、珈琲を飲んでゆったりまったり・・・。後の心配はエンジンが掛かるかのみ。そう、バッテリーは3年物、しかも此処は零下。バッテリーコードの準備だけはしてきたが・・・。

 外に出て旅館の寒暖計を見る。気温は零下2℃。しかしエンジンは一発で始動。再び飛騨小坂の「平氏ヶ原」に寄りそばを食べて帰宅。今回は、綺麗な景色と夜空、満腹の旅で満足。

● 今回の旅の道程

○ 日時: 2009年02月04日(水)〜02月05日(木)
○ 道程: 名神豊中 ⇒ 東海北陸自動車道路 ⇒ 東海環状自動車道路 ⇒ 富加関インター ⇒ 平成こぶし街道 ⇒ 飛騨金山 ⇒ 国道41号線・飛騨小坂 ⇒ そば・平氏ヶ原 ⇒ 太平展望台 ⇒ 濁河温泉・旅館御岳(2日目はこの逆)
○ 走行距離: 凡そ700Km

★ 旅の詳細:

※ そうだ!旅に出よう!!!星降る里・にごりご温泉への旅(手打ち蕎麦「平氏ヶ原」@)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115354008.html
※ そうだ!旅に出よう!!!星降る里・にごりご温泉への旅(濁河温泉への道程)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115354069.html
※ そうだ!旅に出よう!!!星降る里・にごりご温泉への旅(旅館・御岳)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115354107.html
※ そうだ!旅に出よう!!!星降る里・にごりご温泉への旅(手打ち蕎麦「平氏ヶ原」A)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115354154.html

★ 以前の訪問:

※ そうだ!旅に出よう!!!星降る里・にごりご温泉への旅(2008年06月・梅雨)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115817134.html

★ 手打ち蕎麦・郷土料理「平氏ヶ原」:岐阜県下呂市小坂町落合2563:(0576)62-3948:国道41号線・飛騨小坂から10分(濁河温泉方向)・下呂温泉から凡そ30Km:定休日に附いては要問い合わせ(一応・金曜日)

 (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2009年02月06日
090206-01.jpg 今回の旅の目的は濁河温泉・旅館御岳の温泉と星空、そして手打ち蕎麦「平氏ヶ原」の蕎麦を食べる事。当日、飛騨小坂までの凍結を心配したが凍結無く何時もの国道41号線の飛騨小坂の分岐まで到着、何時もの様に分岐地点の写真をメモ。




090206-02.jpg 飛騨小坂分岐から9Kmの手打ち蕎麦・郷土料理「平氏ヶ原」には12時過ぎに到着。今回のお土産は、山の産物では無く大阪・豊中で有名な「銭形うどん」の讃岐うどんの生麺と出汁。そう、これしか時間的に入手出来なかったと言う訳(爆)。

 蕎麦と言えど麺類、その蕎麦屋さんの「平氏ヶ原」に小生が美味しいと考える「銭形うどん」の手打ち讃岐うどんを持参するのもまたおつな嗜好です(爆)。出汁もつけ汁とかけ汁の2種を氷を入れた発泡スチロール箱に入れ是を持参した。ま、結果は明日聞ける。

 今回は行き帰りの「平氏ヶ原」での昼食、其処で一日目の注文は今まで食べて居ない同行者は「平氏そば」と小生は「ほうば味噌定食」の2品。

090206-03.jpg 090206-04.jpg

 「平氏そば」とは、ざるそばに蕎麦がきの鍋が附いたもの。「ほうば味噌定食」とは、飛騨で有名なほうば味噌・てんぷら盛り合わせ・山菜盛り合わせ・そば椀・小鉢・ご飯のついた定食である。ま、何れの品も満腹に成ります。そして素直に美味。本当に小生達に「平氏ヶ原」の味には何も言う事が無い。感想は以前に書いたとうり。

 そんな蕎麦を食べ満足。が、ほうば味噌だけは多く有り残った。酒が有れば残らないだろうが・・・。勿体無いので持ち帰る事に。

090206-05.jpg 明日も有るので、追加をどうしようか?と考えて結局「ざるそば」の大盛りに。その後、試作品ですが一度と「そばパスタ」と「ますの燻製」を頂いた。是は是でまたも美味。でも食べすぎ・・・(爆)。本日は此処で終了。

 以前12月にお土産に持参した「カヤの実」が好評で皆で食べたとの言葉を頂いた。残念な事にこの「カヤの実」正月前にしか入手出来ない。しかも小生宅にももう無い・・・。ま、一度また探してみよう・・・。

 午後3時過ぎに「平氏ヶ原」を出て一路御岳の濁河温泉・旅館御岳に向かう。「平氏ヶ原」での滞在時間は3時間余り(爆)。街では考えられないまったりのんびりの時間の過ごし方です。

※ 銭形うどん: http://www.zenigataudon.com/

★ 旅の概要:

※ そうだ!旅に出よう!!!星降る里・にごりご温泉への旅(2009年02月・冬)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115353818.html

★ 旅の詳細:

※ そうだ!旅に出よう!!!星降る里・にごりご温泉への旅(濁河温泉への道程)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115354069.html
※ そうだ!旅に出よう!!!星降る里・にごりご温泉への旅(旅館・御岳)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115354107.html
※ そうだ!旅に出よう!!!星降る里・にごりご温泉への旅(手打ち蕎麦「平氏ヶ原」A)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115354154.html

★ 手打ち蕎麦・郷土料理「平氏ヶ原」:岐阜県下呂市小坂町落合2563:(0576)62-3948:国道41号線・飛騨小坂から10分(濁河温泉方向)・下呂温泉から凡そ30Km:定休日に附いては要問い合わせ(一応・金曜日)★下は「平氏ヶ原」位置地図↓



   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2009年02月06日
090206-06.jpg 冬の濁河温泉への道は雪道、誰もが一番躊躇する道である。インターネットや旅館への問い合わせで得られる情報は圧雪。どの様な状態か本当に判らない。飛騨小坂「平氏ヶ原」までは雪も凍結も無く順調に着たが・・・。

 蕎麦屋さんの平氏ヶ原で聞いたところに寄れば、鈴蘭峠分岐から先には雪が有るだろうと言う事だった。小生の車のタイヤはノーマルタイヤのチェーン持参。ノーマルタイヤで道を進むが流石にお話のとうり、鈴蘭峠分岐から日陰には凍結の場所が現れる。

 午後3時も過ぎているので対向車も無く、タイヤはノーマルのままアップダウンの坂もそのまま進む。一度雪や凍結の上で一度止まれば動かないだろうなーと話しながら大平展望台までもノーマルタイヤで・・・。

090206-07.jpg 大平展望台で暫く休憩。御岳も前回の昨年6月と違い綺麗に見える。此処から凍結も全面凍結で酷くなるが、やはりノーマルタイヤでそのまま・・・(爆)。対向車に出会わない事を願うが・・・、やはり出会いましたが1台は難なくスルー。二台目は道の真ん中を走って来たのでやもなく停車。濁河温泉手前3キロ、対向後車を動かそうとしたが、タイヤは空転、ノーマル走行は此処で断念。あと3Kmだったのに・・・、残念。

 飛騨小坂から35Kmをノーマルタイヤで走行した事に成る。殆どブレーキを踏まなかったと言う事にも成る。そう、凍結道路でノーマルタイヤでブレーキを踏もうものなら、多分、車は一回転で何処かに激突するだろう。雪は柔らかい様に見えるが・・・(爆)。

090206-08.jpg090206-09.jpg090206-10.jpg

 後3キロをタイヤチェーンを着け走行。是は流石にブレーキも踏めます(爆)。が油断大敵。慎重に雪道を走行。難なく旅館・御岳に到着。駐車場に車を止め、ワイパーを起こして停車。午後5時。

★ 旅の概要:

※ そうだ!旅に出よう!!!星降る里・にごりご温泉への旅(2009年02月・冬)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115353818.html

★ 旅の詳細:

※ そうだ!旅に出よう!!!星降る里・にごりご温泉への旅(手打ち蕎麦「平氏ヶ原」@)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115354008.html
※ そうだ!旅に出よう!!!星降る里・にごりご温泉への旅(旅館・御岳)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115354107.html
※ そうだ!旅に出よう!!!星降る里・にごりご温泉への旅(手打ち蕎麦「平氏ヶ原」A)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115354154.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2009年02月06日
090206-11.jpg 濁河温泉の人気旅館・御岳、昨年の6月にも来ているので勝手知る場所だが今回は気温が低い。情報に寄れば最低気温はー7℃。部屋は暖房が効いていて温かい。部屋に入り早速加湿器のスイッチを入れる。設定は55%。

 加湿して早速ビールと肴で乾杯。ちと、雪道運転で疲れた・・・。初めからチェーンを着けていればもっと走り易いのだが、何でも挑戦(爆)。ビール4缶と肴でまったり時間を過ごす。3時まで平氏ヶ原で何かを食べて居て、2時間してまた肴を・・・(爆)。

 温泉に来て、温泉に浸かる時間も無く7時の食事時間。平氏ヶ原の食事に比べて小生達には味が濃い・・・。飲み物はビール1本。

 午後9時から旅館・御岳の天文台での天体観測、食事後にも温泉に入れず。9時から天文台に・・・。でも、今回の旅で一つミス。そう、奈良県上北山の大台ヶ原に行く時には必ず確認する月齢を今回は確認しなかった・・・。そう、当日は雲ひとつ無い夜空だったのだが、白熱電球の様な月が出て居る。そう、月が出て居るので星が少ない・・・あわわ。

 今回小生が一番感動したのは、北斗七星が非常に大きく見えた事。そう、低い位置に見えれば大きく見える。是にはびっくりした!。

 天体観測を終了して、ゆっくり2時間、天然温泉掛け流しの風呂に入る。何時も行く太陽温泉とはちと違う(爆)。体もほぐれ、気持ちよく就寝。

 温泉の朝は早い。気持ち良く6時頃の起床。早速朝風呂に。風呂には流石に先客、次々に他のお客さんも現れる。内風呂・露天風呂にてゆっくり。やはり明るい時間の風呂は気分爽快、ゆったり1時間。

 朝風呂後に再び部屋で休憩、8時からの朝食。此処の温泉粥が小生には好み。白いご飯も有ったが、帰りの昼食は再び「平氏ヶ原」の蕎麦を食べて帰宅するので本当に小食(爆)。

090206-12.jpg 朝食後、再び部屋で休息。そう、小生達の出発は何処でも何時でも最後(爆)。お風呂で出会った大阪からの方の当日の予定は、飛騨高山に寄って白川郷を廻り大阪に帰阪との事で有ったが、小生達の予定は同じ道を帰るのみ。何時もそんな旅。




090206-14.jpg 090206-13.jpg

 チェックアウトの10時、他のお客さんは既に誰も居ない(爆)。小生達は水が美味しい御岳、此処で珈琲で暫く休憩。外に出る。旅館備え付けの寒暖計を見れば、何と氷点下2℃、でも日差しが有り無風なので温かく感じる。

090206-15.jpg 車のエンジンを掛けるが一発始動。お土産に買った物は、旅館でお茶受けに出ていた「にごりごの湯」と「黒胡麻ごぼう」。タイヤチェーンも昨日装着済みなのでそのまま出発。出発は午前11時前。天気は快晴。

★ 旅の概要:

※ そうだ!旅に出よう!!!星降る里・にごりご温泉への旅(2009年02月・冬)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115353818.html

★ 旅の詳細:

※ そうだ!旅に出よう!!!星降る里・にごりご温泉への旅(手打ち蕎麦「平氏ヶ原」@)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115354008.html
※ そうだ!旅に出よう!!!星降る里・にごりご温泉への旅(濁河温泉への道程)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115354069.html
※ そうだ!旅に出よう!!!星降る里・にごりご温泉への旅(手打ち蕎麦「平氏ヶ原」A)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115354154.html

※ 濁河温泉 「旅館御岳」HP:
 http://www.okuhi.jp/ryokan-ontake/index.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2009年02月06日
090206-16.jpg 旅館・御岳を出て雪道を進む。そこかしこに「すべるぞ」の文字。昨日と同様に大平展望台にて休憩し、鈴蘭峠手前でタイヤチェーンを外して難なく飛騨小坂「平氏ヶ原」に到着する。

 この濁河温泉への道、他の雪道より充分に整備され本当に走り易い。そう、高度が高く気温が低い分、雪が硬い。心配した程では無かった。車の汚れも少ない。

 平氏ヶ原に到着すれば、昨日持参した「銭形うどん」、全て釜揚げで食したとのこと。美味しかったとの事、良かった。

090206-17.jpg 090206-18.jpg 090206-19.jpg

 本日の小生達の注文は「鴨鍋そば」と「ざるそば」、追加で「ざるそば」と温かい蕎麦の「山菜かけ」の4品を美味しく頂いて、お土産に「さるの腰掛」「金柑ジャム」も頂いて、3階に有る農機具に新しく追加された機織機も見学してゆっくり帰阪。本当に此処の蕎麦、小生達には美味しく飽きる事が無い。

090206-20.jpg 090206-21.jpg 090206-22.jpg

 あー、「平氏ヶ原」で酒が飲みたい・・・(爆)。一度方法を考えねば・・・。

★ 旅の概要:

※ そうだ!旅に出よう!!!星降る里・にごりご温泉への旅(2009年02月・冬)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115353818.html

★ 旅の詳細:

※ そうだ!旅に出よう!!!星降る里・にごりご温泉への旅(手打ち蕎麦「平氏ヶ原」@)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115354008.html
※ そうだ!旅に出よう!!!星降る里・にごりご温泉への旅(濁河温泉への道程)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115354069.html
※ そうだ!旅に出よう!!!星降る里・にごりご温泉への旅(旅館・御岳)
 http://m-jun.seesaa.net/article/115354107.html

★ 手打ち蕎麦・郷土料理「平氏ヶ原」:岐阜県下呂市小坂町落合2563:(0576)62-3948:国道41号線・飛騨小坂から10分(濁河温泉方向)・下呂温泉から凡そ30Km:定休日に附いては要問い合わせ(一応・金曜日)

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2009年02月03日
090202-01.jpg 2009年02月02日(月):市川強(G)・井野アキヲ(G)さん:JKcafe:PM7〜9時を聴いて来ました。

 何時もギターの戸田秀行さんのグループで心地よい演奏されて居るジァズギターリストの市川強さん。何時もベースの香山正人さんや新井洋平さんと共に心地よい演奏をされる若手ギターリストの井野アキヲさん、このお二人のDUOを是非聴きたいと思って居た小生、本日聞いて来ました。

 本日のお二人、全くの初対面。勿論、練習なしのぶっつけ本番の曰くセッション!。年齢差19歳。如何なる物か本当に楽しみでした。井野アキヲさんは少し緊張のご様子、でも流石に2曲目からお二人のらしさが出た心地良い演奏を聴かせて頂きました。

 2セット目、お二人のギターを交換して演奏、でも流石のお二人でした。最終曲にはお二人の演奏も慣れ、やり取りも見え、本当に楽しい一日を過ごさせて頂きました。 次回の演奏は6月に・・・、皆さんも是非一度お聴き下さい。何故か、6月の演奏に対しては、井野アキヲさんがリハを申し込まれて居りました。リハすれば、小生は面白くない・・・(爆)。

 お二人の演奏、役者変われば舞台も変わる。楽器変えれてもらしさ変わらず。そんな本日の演奏でした。次回も期待!。

090202-02.jpg ※ 本日のお二人の演奏風景(手前:市川強さん・奥:井野アキヲさん)

090202-03.jpg ※ 本日のお二人の記念写真

090202-04.jpg ※ 本日のお二人の演奏終了後の雑談?風景

090202-05.jpg ※ 市川強さんのソロCDと井野アキヲ・新井洋平さんのサポートCD

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事