掲載:2018年10月19日
20181011-10_s.jpg ま、想定の付いて居た方も中には居られるかも知れませんが・・・。

 大阪・高槻一発屋から「カレーラーメン」が新発売されます!。発売日は、2018年10月18日(木)、一発屋はお昼12時からの開店です。

 18日と言えば一発屋の日、その日に合わせ新発売!。

 今迄のカレーラーメンの常識を取り払い、体に優しく仕上げました。

 大阪・高槻一発屋の「カレーラーメン」、是非ご賞味下さい。

 貴方の「カレーラーメン」の常識が変わります。

 高槻一発屋の基本の「カレーラーメン」にはチャーシューは入っておりません。チャーシューを所望される方には、トッピング(別料金)にて是をお受けします。

 チャーシューが無くても、満足の行く仕上がりに成っております。

 価格は一発屋の博多長浜ラーメンと同じ680円(税込)。一発屋の「カレーラーメン」、今後にご期待下さい。

★ 写真は、店主がスマホで撮影した大阪・高槻一発屋の「カレーラーメン」(基本)試作品。

※ 今迄何杯ものカレーラーメンを試作したが遂に完成!?:
 http://m-jun.seesaa.net/article/461930098.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2018年10月16日
 以前にも書いた「生ハンバーグ」、

 中身は殆ど生のハンバーグ、先ずは店が法規を手前勝手に理解した結果であり、しかも焼くのは自分なので店側からの焼き方の注意が有れば、焼いて当たれば自己責任である。この危険性は焼肉の何倍も高い。

 今回、TVでは生肉ミンチを直箸で触り、しかも中が生の状態で美味しいと食べるレポーター。この状態を賛美するTV局のグルメ紹介も度を越している。

 自分は結構前にこの関係記事を書いたと思うが、未だ是を放送すると言う事はあのユッケで死んだ何人もの方のことは既に忘れられていると言う事だろう。

 一枚肉なら一応表面を焼けば内部までは及ばないと思われる(焼肉が是)が、ハンバーグは元来ミンチ肉、表面も無く菌が何処にいるのかも不明な混ぜられた肉の事である。

 其れを直箸、表面を焼き中は生焼けを美味しいと食べる「生ハンバーグ」。全くユッケ問題が忘れられている。肉の大当たり、魚のヒスタミンの当たり、蕁麻疹では済まされない。

 自己責任で食べるなら、今でもユッケもレバーも普通に食べられるのに、店で食べるミンチ生肉なら危険が有っても食べる他力本願。ただ、当たれば自己責任、其れを分かりお食べ下さい。

 菌が有れば、弱い物から死んでゆく。他人に「生ハンバーグ」を勧める物では有りません。

   (*ー‥ー*)」 イヨッ
掲載:2018年10月16日
20161016-100_s.jpg☆ 今年の新米、そうですね。やっぱり美味しいですね。温度管理されてるとは言え、新米はみずみずしさが違うような気がします。水の吸収力が高いというか。食べ過ぎてしまう何かがありますね。

★ やんわりふんわり、美味しくて余計に食べてしまうほどなんですが、最近は文章に成らないんです。今日は海苔の佃煮に具たくさん味噌汁、其れに鮭でした。

 明日は、豆ご飯です。冷たくしたご飯(おにぎり)をつくりテストしようと思いますが、その分も食べてしまうので、未だ冷たいご飯は食べていません。

 今迄のテスト結果は、ご飯美味しければ冷たくても余計に美味しい、是が結論なんですがね。

★ 二日目のご飯の炊き上がり、水加減・漬け置き時間と炊き方は初日と同じ。

※ 2018年(平成30年)今年の新米食べ初め!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/462182553.html
※ 2018年10月13日に買って来ました三田市小野の単一農家米(新米)!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/462165334.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2018年10月16日
20181016-10_s.jpg 自分の昔からの友人の殆どは購入先の地域や農家さんは違うが、書いた様に一年を通じ同じ田んぼのお米、単一農家米を食べている。

 従って、毎年1回必ず新米を初めて食べる日が来る。新米の食べ始め、自分達は今まで年末の飲み会で街の人間が新米の話、其れが結構話題だったが毎年のことなので余り話題にも上らなく成った。

 新米を食べる時はおかず要らず、手間要らず。新米のご飯に味噌汁かすまし汁、其れに漬物、塩辛、梅干し、焼きたらこ・干し魚等の一品、曰く一汁一菜で充分、残り野菜を入れた豚汁ならおかずも要らない一家も有る。是が夕飯、朝食では無い。

 ご飯美味しければおかず要らず、是で家族の誰もが文句を言わない。子供も大きく成り、

「明日の夜は新米」と言うと自分で好きなおかずを1品を買って来る子供もいるらしい。買って来ると言っても単品の単純系、ある子供は中学生の頃、自分の好みの麺つゆとポン酢を小遣いで買って来たらしい。

 その子供は既に成人、今年買った物はやはり麺つゆ(爆)。どうして新米を食べるのかと聞けば、ご飯に土生姜に鰹節、其処に少量の麺つゆ、時には一品で「ちりめんじゃこに大根おろし」が附くらしいが、是で味噌汁もすまし汁も不要らしく、後はお茶。

 考えて見れば、今流行りの「悪魔のおにぎり」も単純さは同じ。

 新米に土生姜に鰹節と麺つゆ(醤油)、自分はもっと単純に醤油に成ったが、確かに嵌れば美味しく、自分の生山葵丼を食べたいのに同じ。

 でも、この材料一式、此処に味付け海苔刻みとネギを付ければぶっかけうどんか醤油うどん(爆)!。

 子供の時から自分で刷り込んだ味、面白い。ただ、年月を経れば、この様な人間は絶対にこの出汁を一回は贅沢自分で作ろうと思うだろう。本枯節、今は多分一本2000円以上する。

 何処の家庭も年内は殆どおかず要らず手間要らず、日曜の昼は塩むすびと味噌汁か澄まし汁、夜も殆ど一汁一菜、今はさんまの美味しい季節、しかも安い。

 ご飯美味しければ一汁一菜、其れをネット検索を掛ければ、土井先生の「一汁一菜」の提案が出て来た。

 新米はおかず要らず手間要らず!、ただ決して粗食がいいと言う訳では無い。栄養の偏り、不足には充分に注意が必要である。

★ 写真は讃岐製麺の「ぶっかけうどん冷大・(税込390円)」

※ 「一汁一菜でよいという提案」 土井善晴さんがたどりついた、毎日の料理をラクにする方法:
 http://kokocara.pal-system.co.jp/2016/12/19/ichiju-issai-yoshiharu-doi/
 2016年12月19日
※ 一汁一菜 - Wikipedia:
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E6%B1%81%E4%B8%80%E8%8F%9C

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2018年10月16日
20181016-01_s.jpg 自分の結論は幾ら上手くカレースープを作っても勝てません。「カレーうどん」と「カレーラーメン」の美味しいお店のカレー汁にご飯を入れて食べれば、是また美味しい(爆)。

 現に、現状の「カレーうどん」と「カレーラーメン」のお店、麺を上げ残ったカレーやカレースープにご飯を入れて食べれば美味しいと言うお店、ご飯がセットで提供されるお店まで有る。

 是は、麺がご飯に負けていると言う事に他ならない(爆)。

 本当に勝った「カレーうどん」と「カレーラーメン」の「カレー・カレースープ」は「ライス」と食べても麺より美味しくない物が本当に勝った「カレーうどん」と「カレーラーメン」と言える。

 先ずは、上手く作ったと思った「カレーラーメン」、麺を”うどん”に入れ替えた場合にラーメンの麺より”うどん”の方が美味しいと言う物は考えられた美味しい「カレーラーメン」とは言えない。

 自分達が多くの「カレーラーメン」試作品を作り食べて思うのは、多くのお店のカレーラーメンの殆どがそうである。是は、単にカレー味のラーメンに過ぎない。

 少なくとも、「カレーラーメン」は"うどん”を入れても”うどん”よりラーメンの方が美味しいと成らなければ、先ずは「カレーラーメン」では無い。

 ただ、日本人は「カレー”ライス”」好き、殆どの方が子供の時から刷り込まれた「カレー」と「ライス」の歴史が有る。この歴史に対向するには、「カレー」と「麺」は未だ歴史が足りない。

 この「カレー」と「ライス」に勝る「カレーうどん」と「カレーラーメン」が出来れば、本当にそれが完成した食べ物と成るが、今の時点で是は自分達に出来ない。

 従って、自分達の試作した「カレーラーメン」の残り汁にご飯を入れて食べれば、残念ながら大変に美味しい(爆)。そう、「カレーラーメン」の「麺」は「ライス」に勝てない。

 其処で、「カレーラーメン」用のカレーなので最低限「麺」と「ライス」が同等と思える物を作った。

 ただ、今回試作の「カレーラーメン」の麺を”うどん”に入れ替えても、ラーメンの方が美味しいと言う結果だけは忘れず試作したつもりである。うどんを入れれば、試作品では実際不味い。

 この「カレーラーメン」、本物が皆さんの前に登場する日も近い。

★ 写真は、幾ら失敗したか分からないカレーラーメンの失敗作のひとつ。

※ 10月18日発売決定!大阪・高槻一発屋「カレーラーメン」!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/462122800.html
※ カレーうどんはどこが発祥なのでしょうか?:
 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1210880767?__ysp=44Kr44Os44O844GG44Gp44KT44Gu55m656Wl
※ カレーうどんの発祥の店 朝松庵:
 https://allabout.co.jp/gm/gc/217233/
※ 今迄何杯ものカレーラーメンを試作したが遂に完成!?:
 http://m-jun.seesaa.net/article/461930098.html

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事