掲載:2017年11月25日
 ライブ写真、考えは色々だが自分は専門は専門家に任せた方がいい写真が撮れると思っている。つまり、ライブ写真は音楽の出来る方、曰くミュージシャンが写真を撮ればいい写真が撮れると思っている。

 このことから言えば、自分はJAZZを何十年と聴いてはいるが専門家では無い。其処で、写真を撮るにあたり、楽器其々の演奏方法のよしあしを知るに務めた。

 其処で判った事もあり、このブログのJAZZシリーズに言いたい放題書いて有る(爆)。

 花の写真を撮るには、花と自然を知らねば成らない。生け花を撮るには生け花を知らねば成らない。自然を撮るには自然の事を良く知らねば成らない。鳥を撮るには鳥の事を知らねば何処に居るのかも探せない(爆)。

 自分はこのブログにも書いて有るが、奈良県上北山大台ケ原が好きである。其処で何十回と無く通った。通えばどのように自然を知れるかと言えば、ブロッケン現象を意図して出せる。自分の上だけが晴れた状態で山の中を歩く事が出来る。

 昔、と有る上人が人心を惑わし自分を神がかり的人間と思わすために用いた手法が知れ、条件が揃えば同じことが出来る。何も是は不思議な事でも何でも無く、その場所に何度も通い、地形と季節と天候を読めば誰にもでも出来る事である。

 自分は是を皆と大台ケ原をハイキングして実践して見せた。曰く大台ケ原の自然観察結果である。

 お花の先生が花の写真を写したいが上手く写せない、何故かと問われたが答えが無い。其処で自分は少しお花を習った。其処で判った。生け花と自然の花は違うのである。従って、花に向き合う姿勢の違いで生きた花が上手く撮れない。

 人が感動する写真、突き詰めれば本当に難しい。芸術家が自分の作品に悩むに同じである。誰も悩む、答えは一つで無く、人其々で有る事も難しい。ただ、全て同じであれば全て同じ作品と成り其れも面白くない。

 芸術家が芸術論議をすれば、最後は喧嘩別れ(爆)。良くある話である。

 ただ、色々これ等の追及の旅すれば判る事が有る。凄い人は隠れた所に居る。

 写真に話を戻せば、写真も本当に難しい。報道写真・風景写真・芸術写真・記念写真、其々考え方が全く異なっている。

 知りたければ、その一端を映画「村の写真集」が見せてくれる。本当に良い映画、写真を趣味にしようとする方は一度見られるといい。

 其処で、ライブ写真、目的は2つ有ると思う。記念写真と演奏家写真の2つである。

 記念写真は有るライブの状況写真、演奏家の写真とはその演奏家が如何なる人かを示す写真の事である。自分の基準では、この方の演奏なら聞く価値はあるかもと思える嘘では無い写真である。技量は写真に写る。

 女性なら美人に写った写真?、是で自分がライブに赴く事は100%無い。誰もがカッコいい写真をご自分のブログやHPに載せたいと思われようが、自分が言うカッコいい写真と言うのは、技量が無ければ生まれない。

 女性の方が良く載せられいる写真はライブ写真といえど、可笑しな写真が一杯である。何が可笑しいかと言えば、殆どがアナウンサー写真である。ボーカリストかアナウンサーが判別の付かない写真の事である。曰く技量が無いのか、口を開けているのに歌って居られない写真である。

 其れならイメージ写真と何ら変わる事が無い。

 その点から言えば、イメージ写真では全くその方の技量が判らないし、演奏の真剣みも判らない。その演奏家の写真とは、それらが写り、且綺麗に写った写真を言うと自分は思っている。その点で、スタジオ等で撮るイメージ写真など等とは一線を画す。

 先日、有るお若いJAZZミュージシャングループに今回のライブ写真は先ず、

「まつ毛が分解していること」
「汗が写っていること」

 と言った。簡単な一例である。まつ毛の分解は距離や条件にも寄るが、曰く演奏者の目、目は口ほどに物をいいと言う風に、其れで演奏者の状況を知れる。ただ、厄介なのは、カメラのブレも示す。そう、夜のライブ会場の殆どは暗く、レンズのミリ数分の1秒以下のシャッタースピードでしかシャッターが切れない。

 カメラがブレた写真は一部の写真を除きNG写真、カメラ固定で演奏者がブレた写真は演奏者の躍動感と出来る写真も有る。でも、数打てば当たると言う物でも無いので厄介である。

 静かで心地よい演奏に躍動感、言われても其れも可笑しい。

 撮影した写真のどれをいい写真とするか、其れも撮影者と演奏家の考えも違う事も有る。演奏家がご自分の意図で使われるなら、演奏者が選択が一番だろう。

 撮影者と演奏者、自分は撮った原版の演奏写真のブレ写真を除く全ての写真を其々の演奏家に送り、演奏家の選ぶ写真とは如何なる物かを現在お教え頂いている。

 選ばれる写真は演奏家により色々だが、演奏される楽器によりある共通点がある事は確かな様である。是を知る事が自分の今の目標と財産である。

 其れが知れれば、演奏家の素晴らしい写真が自分にも撮れるかも知れない・・・。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2017年11月22日
 今迄、androidのスマホに入れているアプリは全て広告の出るアプリだった。其れも、androidを数台使うと使うアプリも固定化して来た。

 使用中に広告の出るアプリなど殆ど使用していないが、その為にでは無いが、どうしても欲しいアプリに無料の物が無く、有料アプリだったのでこのカードを買った。どうもこのカードはギフトカードらしいが、当然自分でも使える。

 其処で買ったGoogle Play カード、1500円の物を買ったが、自分は幾らの物が有るかは知らない。たまたま手に取った物が1500円〜5万円と記載の物で、清算後にその清算金額がグーグルで使えるカードだった。

 其処で店員さんに聞いた。5万円のカードを買う人は居るんですか?、その問いに店員さんは「時々いらっしゃいます。」のお答えだった。

 5万円のカード、一体何に使うんだろう?、其れが気に成ったGoogle Play のカードだった(爆)。

 因みに、このカードで買ったアプリは、色温度測定アプリ、色温度を計測出来、写真を写す場合の光源温度を測定できる。但し、本当の測定器では無いので、あくまでも目安。それと、今迄ずっと使っているカメラアプリ、Camera FV-5(高機能カメラアプリ)を購入した。

 Camera FV-5、購入すれば無料版と何が違うかと言えば、androidスマホのカメラ画素数に限定は無く、全て使える。単にそれだけである。で、どうなったかと言えば、画像解像度が5248×3936画素に成っただけ。

 自分の一眼レフカメラの画素数、4928×3928(FX)、4288×2848(DX)よりでかくなった(爆)。

 ただ、自分は画素数信仰者で無いのは以前と同じカメラボデーを購入した事で明らか。今欲しいニコンのカメラは、中古のD40かD40X、センサーがCCDのひと昔前の初期デジタル一眼カメラである。

 でも、気に成るなー、5万円カードの使い道。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2017年11月21日
 貴方のカメラとレンズ、合っていますか?。此処から書く事は、昔技術屋の自分の考えと実際にしか過ぎません。自分の考えや記載に誤りが有れば、ご指導願えれば幸いです。

 自分の昔からの結論は、カメラとレンズの相性と特性を知らねば上手く撮影できません。

 今は知らないが、昔、カメラとレンズの相性と言う物が有った。同じ規格のレンズでも合う物と合わない物が有る。レンズ交換と言う手も有ったが、多くのプロはカメラメーカーに持ち込んだ。

 其れで、一応は相性は合わせて貰えたが、其れでも合った筈に過ぎなかった。其れも手持ちの全てのレンズである。でも、合わせてもそのカメラに手持ちのレンズが合っただけ、そのレンズもボデーも他の同じ機種の物との交換すれば同じである。

 しかも、合ったのは普通は無限だけ(爆)。途中の近距離はヘリコイドの中間点、その距離を固定しなければボデーとレンズを完全に合わす事が出来ません。

(レンズ公差・ボデー公差・焦点一致公差と言うかどうかは知らないが・・・

なら、カメラの無限距離設定は幾らか、昔エアロテクニカと言う大判カメラが有ったが、このカメラの設定が250mと聞いた事が有る。エアロテクニカとは、航空写真用距離固定カメラ。)

 それでも普通の偏差内のカメラ、レンズでもボデーを変えても、普通のカメラの様には写ります。そんなカメラとレンズを合わせた写真、綺麗かと言えば、その方の得意分野では一応綺麗には写っていました。

 カメラとレンズ、そしてフィルム、最後はフィルムを平坦にするためにフィルムをバキュームで吸って平坦にするコンタックスのカメラと言うものまで登場し、それでフィルムの時代は終焉を迎えました。

 でも、フィルムカメラを馬鹿にしてはいけません。今でもネガフィルムの階調度合いにはポジフィルムも、増してデジタルなど決して及ぶ物では有りません。

 写真、何も解像度だけの問題でも有りません。一部を除き、写真(データー)を物差しで測る物でも有りません。

 今の時代は殆どAFを信用、マニュアルレンズでも●印が点けば焦点は合致してると判断、シャッターを押す。それで一応は写真が撮れる。本当にそうですか?貴方のカメラは?。

 今のカメラはフィルムに変わり受光素子が半導体のCCDかC−MOS、半導体なので一応受光面は平坦で動く事も有りません。ボデーが変わるとすれば、AFを決める受光素子の差、レンズの出来の差と言う事でしょう。

 全ての工業製品には誤差・偏差と言う物が有ります。全ての物に設計値に対し設定値が有り、この決めた±の範囲に入れば誤差範囲内の良品として出荷されます。

 しかも、現代のデジタルカメラは受光素子を用いてAFを判定しているために、大きくその範囲を外れない限り、一応はフィルム時代以上にカメラとレンズは合っていると言わざるを得ません。

 なら、フィルム時代と違うそのAFの合致度合いの問題点とは、其れにはAFの問題点を語らねば成りません。

 AFが焦点合致、焦点が合った事を検出し、AFの作動を止めるには、有る既定の範囲に入ったと言う事を検出しています。そう、有る範囲、0つまり焦点が完全合致では有りません。有る範囲に入ったと言う事です。写真には、この範囲が問題に成る事も有ります。

 この範囲が幾らかと言う事は聞いても開示されないでしょうし、聞いても意味の無い事です。しかし、フィルム時代のマニュアル以上にピントの合わない場面に遭遇するのも事実です。

 AFが有る範囲に入った、有る範囲から外れたと言う事は、有る基準の範囲が有ります。この範囲の幅を技術屋用語で言えば、ヒステリシスと言います。でも、話が難しく成るので話を戻します。

 つまり、焦点が一致してAFが自動で止まり、シャッターが切れると言う事には、有る範囲に入ったと言う事に成ります。其れは、自分が思う中心に焦点が合っている場所も有れば、合っていない場所も存在すると言う事に他なりません。

 その焦点が対象物から手前に有れば、前ピン、後に有れば後ピンといいます。

 最近の中・高級カメラには一応是を補正する装置が付いています。でも、是で全てをカバーして焦点を思った位置に完璧に合わす事が可能なのでしょうか?。

 書いた様に焦点合致には有る範囲が有ります。何時も設定に一致するとは限りません。調整は誤差範囲を一応は自分の思い(中心)に近づけたに過ぎません。範囲は変わらないのです。

 是で発生する前ピン・後ピン、レンズ焦点は、対象物に焦点を合わせれば、手前に1/3、後に2/3の焦点深度が有ると言われ、是を知ってピントを合わすと昔自分は習いました。

 昔のカメラレンズにはこの焦点深度の印(範囲)が有りました。しかし、F値を小さくすればこの焦点深度(焦点の合う範囲)は1本の線に成り、狙った一点にしか焦点が合わない事を示していました。

 其れで困るのは、誰もが目で見て判るのが、ポートレート写真、ポートレートレンズと言われる物での撮影である。85mm・180mm・300mm、一般的には85mmの中望遠をいい、開放F値が2.8以上に明るいレンズを言うと思う。

 ポートレート、曰く人間の上半身写真、立体で言えばトルソーを撮った写真の事であり、曰く大写し写真、でもお化け写真(実物以上の大きさ)では無い写真の事である。つまり、最大でも等身大写真。

 等身大写真、昔から当然の事で今のデジタルでも、まつ毛が綺麗に写って当然、毛穴が写り当然の写真を言う。毛穴が写り綺麗かどうかは別として、まつ毛が写れば当然、毛穴は写る。

 人を正面から撮れば、カメラから目の距離は左右一緒、凹凸も含んで焦点深度が10cmも有れば、鼻先から耳の後ろ当たりまで綺麗に写る事に成る。しかし、横顔の焦点深度10cmと言えば、手前の耳から鼻先迄、向こう側の目には焦点が無いと言う事に成る。

 では、85mm/F2.8(開放F値1.8)に設定したレンズの焦点深度はどの程度かと言えば、この10cmも有りません。撮影距離にも寄りますが、撮影距離2m程度なら数センチしか有りません。

 なら、絞りを絞って(値を大きくして)焦点深度を深くして撮影すれば良いのでは?、との考えに成ります。絞ればどうなるかと言えば、焦点深度は深く成り、写ります。

 しかし、焦点深度を深くしていけば状況により周辺に有る物にも焦点が合い、人物の立体感もこのレンズを使う意味も成さなくなってきます。

 つまり、この様な場面では、前ピン・後ピンは大きく問題と成り調整と言うか写すための何れかの修正は必要と成ります。つまり、カメラボデーとレンズの特性を知り使う事が必要です。

 自分は、つい数ヶ月前にカメラを某所のヘドロの中に水没させました。其処で、カメラは同一の機種、レンズは仕方なく1つ安価なレンズに成りました(爆)。其れの特性を知ろうと、普段遊びのカメラでしか撮らないJAZZのライブをこのカメラとレンズで写し特性を知ろうとしています。

 レンズを一定の場所で固定で使うなら設定は簡単、1mの1級金属ものさしを角度を付けて置いて其れを離れた距離から撮影、調整、特性を知れば良いだけの話。

 固定で使うもの(スタジオ撮影等)なら、其れで調整は可能だろうが・・・。実は、そうでは無い。やって見られれば判るが・・・、色々な場面ではこの焦点が変わるのです。

 と言う事は、色々な場面で色々な設定でこの焦点特性を知らねば、レンズ特性を生かせないと言う事に成る。一度設定したので大丈夫、では無いのである。

 因みに、自分のカメラボデーのAFは、レンズを変えても(F値の違うレンズを使っても)、明るい場面では前ピン、暗い場面では後ピン傾向に有る(人の目にピントを取り)。以前もそうなのでこのカメラ一般的特性なのかも知れない。また、このボデーに最新レンズコーテイング(ナノクリスタルコート)のレンズを付け撮影しても同じ傾向を示す。

@ カメラのAFは2種類、コントラストAFと位相差AF。何れが良いかは写す物・状況により異なる。。
A レンズはコーテイングの違いで、色収差補正波長域が違う。また、写す物や状態、照明、自然光なら時間(波長が違う)でも焦点は移動する。
B 色々な場面での焦点は異なる。
C カメラボデーもレンズも色々な場面での特性を知らないと本来は使いこなせない。

 今のデジタルカメラボデー、焦点深度の浅いレンズ(F値の明るいレンズ・曰く高級レンズ)を付けるとこんな時に困るんです。AFカメラ、マニュアルにしてもピントがつかみにくいし・・・。

 そうそう、今の時代でも普通に絞り変えてもピントの移動するレンズ、ズーム変えてもピントの移動するレンズも有るんですよ!。

 カメラを三脚に据えズームレンズでピントを確認する場合、昔から望遠側でピントを取り、広角側にするのが普通だったんですが・・・(爆)。この操作でピントがずれるズームレンズは、昔からカス・レンズです。

※ ヒステリシス - Wikipedia
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%82%B9

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2017年11月20日
 引き伸ばしレンズやニコンベローズ(PB-4)の購入をお考えの皆さんへのご忠告!

 ネットには色々な情報が溢れています。其処に、引き伸ばしレンズやニコンベローズ(PB-4)を使う情報が有り、欲しいと思えばヤフオク等での入手をお考えに成る方が居られます。

 其処で、NIKON ベローズ PB-4が現在でも結構高価に取引され、其れに取付けて無限が出るとされるEL-NIKKOR 105mm が高値で取引されています。

 自分の友人にもその様な人間が居ますが、いざ入手してもマクロ撮影以外思う様には使えない!と言う事が入手後に判明します。何故そうなるのかを以下に説明します(爆)。

 ----------

 PB-4と引き伸ばしレンズ105mmを手に入れても実際はNIKON一眼レフでは殆ど自由にはあおれない!

@ EL-NIKKOR 105mm = フランジバック:100.5mm
A FUJINON-EX 105mm = フランジバック:95.2mm

B PB-4 伸縮量=43mm〜185mm
C NIKON一眼レフ フランジバック:46.5mm

 46.5+43=89.5(mm)

 100.5-89.5=11(L⇒Fマウント含まず)
 95.2-89.5=5.7(L⇒Fマウント含まず)

 L⇒Fマウント: 市販最低品厚み:1mm程度
 (39mm⇒42mm変換リング + 42mm⇒NikonF変換アダプター)

★ 従って、NIKON PB-4の蛇腹可動量: 4.7mm〜10mm しか確保できません!。
(無限遠以外(近接撮影)ではもう少し蛇腹が繰り出されます。マクロ撮影では蛇腹をこれ以上繰り出すため、あおり操作が可能に成ります。)

・是では、蛇腹とPB-4のフランジが邪魔して通常撮影のあおり機構(シフトおよびスイング)の使用が余り自由には成りません。
・この、少しのあおり量でも利用価値の有る方が居られるのも事実なのですが・・・。
・従って、PB-4で引き伸ばしレンズを使いあおり操作を行う為には、135mm以上の引き伸ばしレンズが必要です。

・つまり、NIKONの一眼レフ用にPB-4を入手しても、マクロ撮影以外は改造しないと使えないと考えた方が良い。
・直進マクロ撮影・通常撮影なら、市販ヘリコイドの入手利用の方が一般的には使い易いかも知れない。

・PB-4使用のメリットは、マクロ撮影でベローズの伸長を一定にしたまま(倍率を変えないで)前後に移動させてピント合わせができるスライディングサポート機構を備えている事に有る。

・通常撮影に引き伸ばしレンズをどうしても一度使ってみたいとお考えなら、75・80・90mmの方が安価で市販ヘリコイドで無限も出て狙い目です。ヤフオク価格でも美品が1000円〜2000円(+送料・が馬鹿にならない。1000円ほど掛かる)で入手可能。

★ くれぐれも先走りせず、よくお考えの上、引き伸ばしレンズやニコンベローズの入手を考慮下さい。
★ ベローズの改造記事、ネットに2件ほど見た事が有ります。改造に向かえば、土壺、是も良く考え改造しないとご自分の使用には使えない代物、結局は高い買い物になります(爆)。

★ 蛇腹を使ったあおり撮影法は、大判カメラの撮影に同じです。興味ある方は大判カメラの撮影法やあおり撮影を検索してお読み下さい。先ずは品物の入手より是を読まれるのが先と思います。

 絶対にあおりが必要な撮影、PCレンズを買った方が簡単で安かったとの人間もいるのが実状(爆)。

 先日も書いた様にPCレンズやあおり機構、普通の方には不要!。

 因みに、改造には凹みボードと袋蛇腹への変更・取り付けが最低限必要に成ります。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2017年11月18日
 先日、腐っても「・・」・を書いた。今の結論は軽いのが一番と書いた。そんな場所に出て来たメーカーに三脚のジッツオが有る。

 その後、ヤフオクを見ていると、ジッツオの三脚が売りに出ていた。ジッツオ カーボン三脚・トラベラー、幾らで落札されるかを見ていると、25000円程度の落札価格だったが、妥当な値段だろうと思った。

 しかし、自分が思ったのは、このGitzo 軽量カーボン三脚を買った方の使用用途は何?、と考えてしまった。

 このカーボン三脚、とにかく小さく軽いと言うのが売りで有る。カーボン三脚が無い時代、同様な仕様のアルミ製の三脚が有った。自分は是を持つが、是と重さが変わるだけで有る。

 この三脚、名前が示す様に、旅行用の軽量三脚、日本で言えばカメラ買えばおまけに付いて来る様な大きさの三脚の一応使える高級版である。

 仕事に使えるかと言えば、用途に寄りますが、殆ど使えません。何かと言えば、先ず高さが足りません。開いて置けば、ご自分の腰程度の高さの1mしか有りません。引きの取れる旅行写真には使えます。

 そう、カメラ高さ1mと少し、ご自分の背丈1.7m、記念撮影の後ろは建物や山とか・・・、なら分かるんですが・・・・。山に上がり山頂から風景を写す、背丈を低くして野草を撮影、なら分かるんですが・・・・。

 以前書いた様に、三脚は基本センターポールを一杯のばして使う物では有りません。

 このトラベラーに載せられるカメラはミラーレス一眼の標準ズーム程度、伸高1mと少し以下、さて、何用に買われたのかが不思議。ただ、腐ってもジッツオの名に恥じず、自分が使えなくても子供さんの代にも使えます(爆)。

※ ジッツオ(日本代理店):
 https://www.manfrotto.jp/gitzo

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事