掲載:2018年07月17日
20180717-01.jpg 最近、TVの料理番組でも「うどん」と成れば殆どが「冷凍うどん」が美味しいと使われる。確かに家庭の冷蔵庫の冷凍室で保管出来、何時でも使えるので便利は便利たが、味も違う。冷凍うどん、殆どがしこしこ感の澱粉入り。

 自分は以前は「冷凍うどん」だったが、最近は「うどん」を買うと成れば、「茹でうどん」を買う。家で「カレーうどん」をする時には絶対に「茹でうどん」の方が美味しいと思うし、普通に「きつねうどん」等も最近は「茹でうどん」の方が美味しいと感じる。

 何れも嗜好の問題だが、「茹でうどん」・「ヒガシマルうどんスープ」・「うどんあげ」・「刻みネギ」で下手な「うどん屋」や「立ち食いうどん屋」さんのうどんより勝る物が出来る。

 しかし、夏は暑い!。食事をするだけで体温が上がる。其処で自分の夏の「うどん」の定番は、「冷やしうどん」。

@ うどんと薄揚げを切り、同じ鍋で茹でる。
A 其れを水で洗う(曰く〆る)。
B 其処に、ネギ・生玉子・麺つゆ・おろし生姜を入れ、混ぜて食べる。
C 好みに寄り、此処に大根おろし・鰹節を入れても美味しい。

※ この時の麺つゆ、自分は市販品なら「ヤマモリ」が一番と思う。蕎麦用も素麺用も麺つゆは昔から「ヤマモリ」が一番よく出来ていると思う。ただ、大阪では「ヤマモリ」製品が中々見つからないのが難点。

※ ヤマモリ株式会社; しょうゆ・つゆ・たれ・レトルト食品の総合食品メーカー:
 https://www.yamamori.co.jp/
※ 流石のヤマモリ「釜めしの素」も良く出来ている!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/460423809.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2018年07月16日
20180716-01_s.jpg20180716-02_s.jpg20180716-03_s.jpg

 お友達から無料電話のスカイフォンで電話、

「瑞々しくて美味しいニンニクを見つけた、今日おゆば(万博)行く?」
「行ってもいいなー」
「なら持って行ってあげるわ!」
「ほな」

 で、写真の袋のニンニクを貰って来た。見ればニンニク1個分6片の袋入り、価格は700円を超えると言う。多分、国産ニンニクの六片種、国産のニンニクの多くはこの手間と生育時間のかかる六片種(大小取り交ぜても1個/6片しか無い)。

 食べれば、価格の通り一般的な中国産ニンニクよりおだやかな美味しさだが、小市民に何時もは高くてちと買えない。この国産六片種の価格は、小さな物でも安売り店で1Kg/3000円程度、スーパーでは小さな物で1個350円程度が普通である。

 確かニンニクの植え付けは6月?、早く食べないとと、色々3日で無くなった(爆)。何時も書く様に、自分が疲労に効くとする物は、ニンニクとアリナミン。

 そうそう、このお友達から以前貰ったニンニクは、「大人の修学旅行・伊勢」の土産の「松阪牛にんにく肉味噌」、外から見れば肉味噌、中を見れば殆どがニンニクと言う代物。

 ----------

★【新パッケージ】松阪牛にんにく肉味噌 200g (国内土産 三重県お土産  伊勢 志摩 鳥羽 おみやげ お土産 手土産 ブランド牛 名物)

■内容量 200g
■賞味期限 340日
■原材料 にんにく、味噌、牛肉(松阪牛)、葱、粒状大豆蛋白、アミノ酸液、
     もろみ、胡麻、砂糖、食塩、唐辛子、寒天、鰹エキス、
     調味料(アミノ酸等)、ソルビット、酸味料、酒精、
     甘味料(ステビア)、着色料(カラメル色素、パプリカ色素)、増粘多糖類、
     酸化防止剤(V.C)、乳酸Ca、ビタミンB1、保存料(ポリリジン)
               *原料の一部に小麦、大豆を含む

当店でリピート率上位のおかず味噌、「松阪牛にんにく肉味噌」。
にんにくがごろごろ入ったにんにく味噌で、ご飯にかけて食べるだけでなく、
おにぎりの具にも、野菜炒めや焼きそばなどの味付けの調味料として使うのもオススメです!
ぴりっとした辛さとにんにくの旨みはお酒のおつまみにもぴったりです!!

【ネット・コメントに同じ意見の以下の物が有りました。】

少しがっかり
正直、あまり美味しくありませんでした。
ニンニクばかりが大きく、沢山入っていて、
肉味噌が少なすぎです・・・

 https://item.rakuten.co.jp/miyage-chaya/1039270/?s-id=review_PC_il_item_03

 ----------

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2018年07月15日
20180715-01.jpg 先日の大阪北部地震、発生の日には何も喉を通らずお茶を飲んで過ごした。数日して初めて食べた食べ物が是、懐かしい子供の時の食べ物、「片栗粉」と「砂糖」を水で溶き、其処に熱湯を入れかき混ぜた物(爆)。

 子供が風邪を引いた時、何か病気に成った時には必ず母が作って食べさせてくれた物、大人は是に生姜汁等も混ぜて食べていたと思う懐かしい食べ物。

 ネットで検索すれば、多くの方の同様記載が有るが、殆どの方の記載が大阪の方の物で有った。

 そうそう、この片栗粉、自分の小学校時代に理科の実験で、じやがいもから澱粉を取り出す実験が有りこの「片栗粉」を作って、其れ同じようにして食べた覚えが・・・。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2018年07月14日
 自分が昔から不思議に思い、何方かが何れ解明してくれる筈と思いやまない物が有る。其れは、「塩おにぎりは何故美味しいの」である。

 日本人なら皆が美味しいと言う塩おにぎり、其れが現代では聞けば違う答えが帰って来てびっくりする事が有る。塩おにぎりは塩の味しかしないとか、味がしないから嫌いとの答えである。多分、その様なお答えの方はパン派か美味しいご飯を食べた事のない方と思う。

 普通には「塩おにぎりは美味しい」と答えられると思う。食べれば美味しいし、冷御飯より確かに美味しい。材料的には「ご飯」と「塩」だけなので、「冷ご飯」に「塩」を掛けても同じ筈で有るが、比べれば確かに「塩おにぎり」の方が格段に美味しい。

 検索で「塩おにぎりは何故美味しい?」と入れれば数件のページが掛かるが、自分の納得できる化学的解明された答えは未だ見えない。

 確かに、大学の家政科で是を解明しても何の得にも成らないのかも知れないが、人が取り組まない解明をすれば何かに役立つとは思うのだが。

 この「おむすび」の美味しい握り方は「硬く握らないこと」と出て来るのだが、昔からのお袋・おばーちゃんの握ったお米の隙間が見えない様な「塩むすび」でも本当に美味しい。是は何故?、何故誰も解明しないのか、日本の衣食住の根本の解明と思うのだが・・・。

 何方か解明して!、「塩むすびは何故美味しいのかの科学的解明」、是非解明された論文が読みたい!。

※ おにぎりは「ラップ」で包むべきか、「アルミホイル」で包むべきか:
 https://otonanswer.jp/post/8578/?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=13851_1

※ 女性セブン2017年9月7日号:白米:
「白米にはたんぱく質、ビタミンB1、B2、E、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、食物繊維と炭水化物だけではない栄養素があります。何より腹持ちがいい。食物繊維が多いので腸の中にとどまってくれます。腸管内に水分を引っ張ってくるので、便秘解消も期待できる非常に優れた食品です」

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2018年07月13日
20180713-01.jpg20180713-02.jpg 自分がヤマモリ製品を知ったのは相当に昔、缶入り・そばつゆを見つけて試しに買った時から、本当に良く出来ていると思った。下手な蕎麦屋の汁よりも美味しい。

 その様なヤマモリ製品だが、大阪には殆どこの缶入りしかスーパーで見かける事が皆無、是は是で使い切りタイプで便利は便利だが・・・。色々なスーパーで探すが、時々ペットボトルの麺つゆを見かける事があるが、未開封なら日持ちもするので有れば必ず1個買う。

 そんなヤマモリ製品、先日友人が「是」と言ってくれた物が「釜めしの素」、友人もヤマモリ派。

 汁が美味しければ「釜めし」も美味しいだろうと思えばその通り、期待を裏切らない製品だった。友人に何処で買ったの?と聞けば「桑名」、グルメ・温泉と買い出しに行ったらしい。

 自分も、レトルト製品を探す楽しみがまた1つ増えた!(爆)。見つかれば、是非皆さんも。具も、他社製品と違い充分に入っています。納得の製品です。

※ ヤマモリ株式会社:
 https://www.yamamori.co.jp/
※ 釜めしの素:
 https://www.yamamori.co.jp/product/kamamesi/

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事